犬の肝臓疾患とは?

肝臓とは栄養素の分解・合成・貯蓄や体内の毒素を分解して無毒化するなど重要な働きをする臓器で、生きていく上で欠かせない臓器です。 肝臓は機能的に、予備能力や再生能力が高い臓器ですので、肝臓疾患があっても、症状が表れにくく、症状が出た時にはかなり進行している事も多いので「沈黙の臓器」とも言われています。犬の肝臓疾患とは、肝臓に炎症が起きたり、細胞が壊れたり、細胞に脂肪がたまり過ぎるなどして、本来の働きができなくなる事を言います。 先ほどもご紹介しましたが、肝臓は予備能力が高いので、症状が現れてからでは手遅れという事もありますので、早期発見が大切になってくるのですが、逆に早期発見が難しい病気と言えるでしょう。 肝臓疾患になると、栄養障害や解毒機能の低下などにより体の至るところに障害が起こります。症状が進むと毒素が脳に影響し、肝性脳症などの病気にもなってしまう危険性があります。 肝臓疾患は初期であればほとんど症状がなく、進行してくると、食欲低下・体重減少・元気がなくなる・白目や歯茎が黄色くなるなどの症状が現れますが、中々そんな症状も気が付きません。 そこで、一番有効なのは血液検査になります。潜んでいる病気を早期で発見するには定期的な健康診断が重要と言えるでしょう。

肝臓疾患の種類と原因

先ほどもご紹介したように、肝臓は沈黙の臓器と言われていますので、早期発見が重要となってきます。愛犬がいつもと違う様子だなと少しでも感じる事があればすぐに病院で診察と検査を受けるようにしましょう。 肝臓疾患と一言で言っても種類が沢山ありますので、ここでは、肝臓疾患の種類と原因をご紹介していきます。

①急性肝炎

犬の急性肝炎とは肝臓に急激な炎症が起きる疾患です。主に感染や中毒により起こり、これによりかなりの幹細胞が障害を受けてしまった場合、急性肝炎を乗り越えた後に慢性肝炎に移行する事もあります。 急性肝炎の症状は、食欲低下や元気がない、嘔吐や下痢(真っ黒な下痢をすることも)をするなど。 そして、急激な肝炎が起こっていると、白目や耳、お腹に黄疸が見られたり、お腹が腫れたりします。主な原因は、ウイルスや細菌・寄生虫などによる感染性のものや肝毒性のある薬剤や化学物質などの中毒性によるもので、身近にあるもので犬に肝毒性を起こすものとしては、市販の鎮痛剤などに使用されるアセトアミノフェンが代表的で、他にキシリトールやマッシュルームなどがあります。

②慢性肝炎

犬の慢性肝炎は肝実質細胞が様々な原因で炎症が長時間持続している状態の事をいいます。 慢性肝炎の症状は、初期の場合は症状が見られませんが、ある程度まで肝臓の炎症が広がってしまった場合は、食欲低下・元気がなくなる・下痢や嘔吐・体重減少・腹水がたまる・黄疸が出るなどの症状が出てきます。 そしてさらに症状が進行した場合は、血液凝固や肝性脳症・肝硬変などを引き起こす可能性も指摘されている怖い病気です。 慢性肝炎が引き起こされる原因として考えられているのが、若い犬の発症であれば、遺伝的な要因が疑われますが、その他には、有害物質が体内へ入り、肝臓へダメージを与えたケースや、ウイルス・細菌によって急性肝炎を発症し、急性肝炎が長期化して慢性肝炎に発展するケースなどがありますが、ほとんどの場合は、原因不明と言われています。

③門脈体循環シャント

門脈体循環シャントは、門脈と全身の静脈の間をつなぐ余分な血管(シャント)が存在する事により、肝臓で無毒化されるべき有害物質が処理されないまま直接全身を回ってしまい、さまざまな症状が引き起こされる病気です。 症状は、軽症であれば、食欲不振・下痢・嘔吐などですが、重症になってしまうと、アンモニアなどの毒素により、中枢神経症状を特徴とした「肝性脳症」を起こし、よだれやふらつき、元気消失などの軽度症状から徘徊行動・旋回行動・痙攣発作・昏睡といった重篤な症状を起こす事もあります。 シャントの形成には先天性と後天性の要因があり、犬の場合の多くは、先天性が要因となっていますが、後天性の場合は、持続的な門脈高血圧症や、重篤な肝炎・肝硬変などが要因となっています。

④胆泥症、胆石症

胆嚢は、胆汁を生産し貯蓄する器官で、胆汁には脂肪を分解し水に溶けやすい状態にする役割を持っているのですが、成分が変化するとドロドロの胆泥(胆泥症)や石のように硬い胆石(胆石症)を形成します。 軽症の場合は、無症状の事がほとんどですが、形成された胆泥や胆石が胆管に詰まったり、胆嚢の重度炎症が起きたりすると重症化し、命に関わる状態に陥ってしまいます。 原因としては、生活環境(食事量・質・運動量・老化)や体質・遺伝的要因・甲状腺機能低下症・糖尿病・膵炎などがあげられます。

⑤胆嚢粘液嚢腫

胆嚢粘液嚢腫とは、胆嚢内にゼリー状の粘液が過剰に貯まってしまい、胆嚢がパンパンに拡張した状態になり、胆汁の分泌障害や破裂を起こす病気です。 初期であればほとんど無症状ですが、胆嚢内の粘液が限界量になってしまった場合は、胆汁の分泌障害や胆嚢炎・膵炎・肝炎によって嘔吐・下痢・食欲不振・発熱・黄疸などが確認されます。 胆嚢が破裂してしまうと、胆汁による腹膜炎によって命に関わってしまう状態になります。 原因は今のところはっきりわかっていませんが、濃縮胆汁や胆泥・胆石などの刺激が引き金となって、胆嚢壁での粘液の生産が過剰に起こる事ではないかと言われています。

⑥肝リピドーシス

肝リピドーシスは脂肪肝とも言われており、肝臓に過剰な脂肪が貯まるために肝臓が正常に機能しなくなる病気です。 症状としては、元気がなくなったり、食欲不振・嘔吐などが見られ、また寝ている時間が多くなります。症状が進むと、黄疸が見られ、よだれや意識障害を起こす事も。 原因は、栄養障害や脂質の代謝異常・ホルモン異常・ストレスなどが引き金となって起こるとされていますが、現時点でははっきりした原因は不明なケースがほとんどです。

肝臓疾患を少しでも悪化させないためには?

愛犬が肝臓疾患を患ってしまった場合、これ以上悪化させないようにするためには、日常生活でどのような事に注意すればいいのか悩んでいる方が多いと思います。そこで、ここでは、肝臓疾患を少しでも悪化させないために注意する事を詳しくご紹介していきます。

①生活について

人が肝臓疾患を患ってしまった場合は、昔かた安静が第一と言われてきました。食後は吸収された栄養素を処理するために肝臓はフルに働きますので、特に食後については安静が重要だとされています。 しかし、過度な安静は体力や筋力・免疫力の低下を招いてしまい、高アンモニア血症の原因となったり、運動不足による肥満から脂肪肝の原因となったりしますので、肝臓の状態にもよりますが、むしろ適度な運動が肝機能の回復に役立つと言われています。 重症の場合は、安静は絶対になりますが、症状が落ち着いてくると適度な運動を心掛けるようにしましょう。ただし、愛犬の状態で、どれくらいの運動が適しているのかは先生と相談し決めるようにして下さい。

②食事について

肝臓は他の臓器に比べ優れた再生能力を持っているので、適切な栄養管理で回復する場合もあります。 肝臓疾患は、他の病気と比べても食事療法の重要性が高い病気になっているのですが、食欲不振になってしまうと、必要な栄養が摂取できなくなり痩せてしまいます。痩せてしまうと体力・筋力・免疫力が低下してしまいまうので、十分なカロリーや栄養素が摂取できるように、できるだけ消化が良く、嗜好性の高い良質な食事を与えるようにしましょう。 また、食後の肝臓の負担を減らすために食事は1回量を少量で、回数を多く与えるようにして下さい。愛犬の病態によってどのような栄養管理が必要なのかは違ってきますので、先生と相談しながら、食事を選ぶようにするといいかと思います。

・たんぱく質と量に注意する

たんぱく質は肝臓の再生に必要な栄養素であるため、良質なたんぱく質を適量摂取する事が必要ですが、重度の肝臓疾患の場合は、たんぱく質を代謝した時にできるアンモニアが解毒できなくなり、肝性脳症など高アンモニア血症のリスクがたたくなってしまうので、タンパク質の摂取を制限する必要があります。

・糖質(炭水化物)は十分に与える

肝臓の再生のため、たんぱく質をエネルギーの転化する事を防ぐため、炭水化物などの糖質を制限せず適量与えるようにしましょう。糖質の吸収は消化管から速やかに行われるため、少量ずつ、何回かに分けて与えると良いと言われています。

・脂質、銅、ナトリウムの制限

脂肪分の過剰摂取は、肝臓に負担をかけますので、おやつなどで与える事は多いジャーキーなど動物性脂肪を多く含む食品は、酸化した脂肪分が肝臓に負担をかけてしまうため、与えるのは控えましょう。 また、肝機能が低下すると、食事から吸収された銅が肝細胞に蓄積し、活性酸素やフリーラジカルなど細胞に障害を与える物質を生産します。これを防ぐため、銅の摂取を制限する必要があるのですが、消化管から血中への銅の吸収を抑え、亜鉛や活性酸素から体を守る働きを持つ抗酸化物質を多く摂取する事が望ましいと言われています。 そして、進行した慢性肝炎や肝硬変などに伴って腹水や浮腫の症状が出ている場合には、塩分などのナトリウムの制限が必要となってきます。

③健康状態の観察と病院の関わり方

肝臓疾患は症状として表れにくいため、気づかないうちに進行してしまう可能性がある病気です。状態が落ち着いているように見えても、病院を定期的に受診し、検診を受け経過を診てもらう事が大切になってきます。
POINT
以下のような症状がある場合は、肝臓疾患悪化の可能性もありますので、すぐに受診するようにして下さい。 ・食欲が落ちてきた ・元気がない ・下痢や嘔吐がある ・皮膚や白目・歯茎などの粘膜に黄疸が出ている ・お腹が膨らんできた ・食後ふらつきがあったり、痙攣発作を起こすようになった など。 肝臓疾患は悪化してしまうと治療するのが大変な病気ですので、早期発見が大切ですので、血液検査を1年に1回、もしくは半年に1回受けるようにした下さいね。

肝臓疾患療法食について

肝臓疾患の治療において、食事管理はとても重要です。肝臓疾患に使われている療法食は以下のような点に配慮して作られていますのでご紹介しましょう。 ・肝臓に負担をかけないように、消化性の良い良質なたんぱく質を適正な量使用 ・肝臓疾患に対応するために、栄養素を調整 では、最後におススメの肝臓療法食をご紹介します。

犬の腎臓疾患におすすめ療法食3選

肝臓サポート

肝臓疾患の愛犬のために、人気が高い肝臓療法食です!

ロイヤルカナンの肝臓サポートは、肝臓疾患に伴う高アンモニア血症や肝性脳症を呈する愛犬に給与する事を目的として、特別に調整された食事療法食です。 このフードは、消化性の高い植物性たんぱく質を使用するとともに、銅の含有量を制限し、必須脂肪酸及び亜鉛の含有量を調整しています。 特長としては ・高消化性 高アンモニア血症と肝性脳症に配慮し、大豆分離たんぱくなどに消化性たんぱくを使用 ・銅制限 肝細胞内の銅蓄積に配慮し、銅含有量を4mg/kgに制限しています ・高活性酸素物質カクテル 健康を維持するために、複数の高活性酸素物質(ビタミンE・ビタミンC・タウリン・ルテイン)を配合

l/d 肝臓ケア

愛犬の健康的な肝臓機能をサポートする事が科学的に証明された特別療法食です!

l/d肝臓ケアはの主な特長は ・高品質なたんぱく質を使用し、適切な量の分岐鎖アミノ酸(BCCA)を配合 ・低レベルの銅 ・高レベルのL‐カルチニン配合 ・科学的に証明された抗酸化成分

愛犬にとってのメリットは ・肝臓の負担に配慮し、肝臓組織の再生が必要な愛犬の健康に役立ちます。 ・肝臓での健康的な脂質代謝に役立ちます。 ・肝臓病で不足しがちな栄養素の補給に役立ちます。 ・健康をサポートし、免疫力を維持します。 原材料を徹底的に吟味し、高品質なたんぱく質を使用していますので、肝臓疾患の愛犬に是非お試し下さいね。

VetSolution 肝臓サポート

美味しくて肝機能もサポートしてくれる肝臓専用療法食です!

肝臓サポートは、肝臓疾患に伴う窒素性老廃物に配慮し朝護された食事療法食です。 消化性に優れた植物性たんぱく質を豊富に含み、腸内でのアンモニア生成抑制をサポート。 また、銅含有量も制限しています。 主な特長は ・グルテンフリー 食物アレルギー・食物不耐性といったリスク低減のために、グルテンフリー・グレインフリーとなっており、消化にかかる胃腸への負荷を軽減し、食事療法による効果を最大限発揮する事ができます。 ・SOD(スーパーオキシドジスムターゼ) 凍結乾燥メロン抽出物からなるSODを配合しています。 SODは抗酸化酵素で、活性酸素による細胞や組織の損傷を防ぐ働きがあります。 ・XOS 消化されずに結腸まで届くキシロ・オリゴ糖類を配合しています。 XOSは腸内フローラを改善し、免疫細胞の生産と調整という役割を果たします。 ・低銅 銅の低含有量設計は、銅蓄積症に配慮しています。 ・植物性たんぱく質 たんぱくレベルを低めに設定し、消化性の高い植物性たんぱく質を使用する事で尿素生産を抑制し、肝臓代謝サポートに配慮しています。

そもそも療法食とは?

よく飼い主同士の話に出てくる「療法食」というフード。何となく聞いているけれど、療法食とはどのようなものなのでしょうか。 療法食とは、「特定の病気や体質などの健康状態に対応するために、特別に配合されたフード」のことを指します。 一般的に与える総合栄養食とは内容が異なるため、療法食を与えるときは獣医師の指示の下で行うことが必要です。また、犬の好みなどもあり、スムーズに切り替えることが難しいこともあります。療法食の種類や切り替え方など、様々な療法食についてご紹介します。

<一般的>食事療法の4種類

食事療法が必要になった場合の療法食には、4種類の与え方があります。それぞれのメリット、デメリットを参考に、良い方法を選択しましょう。

①動物病院でのみ購入できる療法食

最先端の獣医栄養学が適用されており、臨床結果のデータなどがメーカーから提供されているフードです。 【メリット】 ・獣医師が内容を理解した上で薦めるため、信頼できる ・ドライフード、ウエットフード、レトルトパウチなど種類が選べる 【デメリット】 ・一般的なフードよりも匂いなどが弱く、好まない犬も多い ・合成酸化防止剤が使用されていることもある

②店舗やインターネットで購入できる療法食

動物病院だけでなく、店頭やインターネットで購入できる療法食も数多くあります。 【メリット】 ・獣医栄養学に基づいて作られている ・原材料にこだわって作られているものが多い ・嗜好性も高く作られており、動物病院の療法食よりも切り替えやすい 【デメリット】 ・動物病院での療法食に比べ、臨床データなどが少ないため、獣医師から十分なアドバイスなどを受けることが難しい

③状態によって成分を調整した一般フード

療養中などのケアを目的に作られたフードです。店舗やインターネットで購入できます。 【メリット】 ・自然な素材が使われたフードが多いため、療法食と併用して栄養をサポートすることができる 【デメリット】 ・栄養の調整がある一部に特化しているため、目的としてる効果が得られにくい部分がある

④手作り食

獣医師の指示を受けながら、家庭で作る療法食です。 【メリット】 ・愛犬の好みに合わせた材料を使うことができるので、切り替えやすい ・ヒューマングレードの食材を使用できるため、安全、安心 【デメリット】 ・必要栄養素を網羅することが難しい ・時間と労力が必要 ・フードを与えるよりもコストがかかる

<疾患別>療法食の種類

POINT
一口に「療法食」と言っても、犬の抱える悩みは様々。体の状態によって、療法食は異なります。療法食には、以下のような種類があります。 ・消化器疾患サポート ・腎臓・肝臓サポート ・心臓サポート ・アレルギーサポート ・尿路結石症サポート

①「消化器疾患」の治療に用いる療法食

消化器疾患の場合、以下のようなところに特化して配合された療法食が基本です。 ・消化率向上(低脂肪など) ・食物アレルギーを考慮した材料の選出 ・食物繊維の適正な配合 ただし、消化器疾患の症状は多岐にわたり、個体差があります。愛犬の状態によってどのような療法食が良いかを的確に判断する必要がありますので、療法食に切り替える際は注意が必要となります。
おすすめの記事はこちら! 犬の消化器疾患とは?その原因と対処法、おすすめ療法食3選を紹介

②「腎臓、肝臓疾患」の治療に用いる療法食

腎臓の働きとして、血液中の老廃物を排出するという機能があります。 腎疾患を患った場合、腎臓への負担を減らすため、血液中の老廃物を増やさないようにすることが大切です。 そのため、腎臓の療法食は、リンやたんぱく質などを制限する配慮がなされています。一方、肝臓の療法食としても、たんぱく質を制限する配合を中心とします。たんぱく質から産生される毒素(アンモニア)を増やさないようにするためです。
おすすめの記事はこちら! 犬の腎臓疾患とは?その原因と対処法、おすすめ療法食3選を紹介犬の肝臓疾患とは?その原因と対処法、おすすめ療法食3選を紹介

③「心臓疾患」の治療に用いる療法食

心臓疾患のある犬のための療法食は、人間が塩分の制限をするのと同様に、ナトリウムの制限を主としたものや、血液循環を司る機能をサポートし、心臓への負担を軽くすることに配慮した療法食が中心となります。 ただし、心臓疾患は愛犬の状態によって緻密な調整が必要です。飼い主の判断ではなく、獣医師に相談の上で療法食を選択しましょう。必要以上にナトリウムの制限をしてしまうことは危険です。
おすすめの記事はこちら! 犬の心臓疾患とは?その種類と対処法、おすすめ療法食3選を紹介

④「アレルギー」の治療に用いる療法食

食物アレルギーの療法食は、たんぱく質に配慮がされています。犬の体がアレルゲンと認識しないレベルまで加水分解されているものや、犬が食べたことのないたんぱく質を使用するなどの工夫がなされています。 食物アレルギーの療法食を与える場合は、獣医師との連携が必要不可欠です。指示があるまで療法食以外のものを与えないように十分注意しましょう。

⑤「尿路結石症」の治療に用いる療法食

ストルバイト結石症や、シュウ酸カルシウム結石症などの、尿路結石症の療法食では、結石の原因となるマグネシウムやカルシウム、ナトリウムなどのミネラル成分が調整されたものが中心となります。これらミネラル成分はどの食材にも含まれており、その含有量も食材によって大きく異なるため、こちらの療法食を与えている際には、他の食べ物を与えないように注意しましょう。
おすすめの記事はこちら! 犬の尿路結石症とは?その原因と対処法、おすすめ療法食3選を紹介

食事療法を行う場合の注意点と対処法

POINT
愛犬の調子が悪い、どうにかしなければと考えて食事療法を考えた時には、以下のことに注意しましょう。 ・自己判断で療法食を与えない 店舗やインターネットで簡単に療法食は入手できますが、療法食の中には、短期間で治療効果を得ることを目的としたものもあります。そのような療法食では、極端な栄養調整が施されている場合があり、愛犬に必要な栄養素を与えられない結果、別の問題が発生する恐れがあります。療法食を与える際は、獣医師の指示を必ず仰ぎましょう。 ・療法食を与えている間は、他の食べ物を与えない 療法食は、栄養成分で体調を管理するフードです。不要な成分を制限することを基本としています。その効果を最大限に得るためには、他の食べ物を与えないことが大切です。他の食べ物の中には制限したい成分が多量に含まれていることがあります。 ・自己判断で療法食を中止、変更したり、与え方を変えたりしない 療法食は、獣医師の指示の下で、愛犬の体調管理を行いながら慎重に進めていく食事療法です。必ず獣医師の指示を守り、個人の判断で変更しないようにしましょう。勝手に判断することで、獣医師からのサポートが得られにくくなる可能性もあります。 ・機能性ドッグフードとの切り分けを認識する 機能性ドッグフードは、療法食とは異なることを理解しておきましょう。機能性ドッグフードは健康維持を目的として作られており、病気の治療を目的としたものではありません。療法食が必要な犬には逆効果となることもありますので、注意しましょう。

①切り替え方を工夫する

必要だからと突然フードを療法食に切り替えることで、愛犬が食べなくなったり消化不良を起こしたりすることがあります。 愛犬にストレスを与えることは、病気の治療にも影響をおよぼします。療法食に切り替えるときは、1週間くらいを目安に、少しずつ既存のフードと療法食の比率を変えて様子を見ましょう。

②4つのテクニックを試してみる

POINT
療法食への切り替えは1週間ほどで完了することが理想的ですが、獣医師に相談の上で1ヶ月ほどかけてみるのも一つの方法です。それでもうまくいかない場合は、次の4つの方法を試してみましょう。 1.温める ドライフードでも、レンジで温めて与えることで匂いが立ち、食欲をそそります。 ドライフードの場合、数十秒で熱くなることもあるので、必ず手で熱さを確認してから与えましょう。火傷に注意です。 2.お湯でふやかしフードを作る ドライフードをぬるま湯でふやかすことで、食べやすく、また温めて匂いが出るため嗜好性が増します。 こちらも熱湯では火傷の原因になりますので、適度なぬるま湯でふやかすことをおすすめします。 3.食欲をそそる匂いを添える 100円均一で売っている「お茶パック」などを購入し、その中に鰹節など愛犬の好むものを入れて、フードの袋に入れておきます。匂い移りすることで、成分は変えずに匂いだけを好みのものに変えることができます。 4.焦らずゆっくりと 療養中は思うように食べられない犬も多くなります。一度に必要量を無理矢理食べさせるようなことはせず、愛犬のペースで数回に分けて食べさせるようにしましょう。

③ドックフードが酸化していないか確認する

ドッグフードには酸化防止剤が入っていますが、基本的に封を開けたら賞味期限に関わらず早めに食べきることが必要です。 また、開封した際には、必ずしっかりと密封し、冷暗所で保存しましょう。少し間の空いたフードを与える際は、フードが変色していないかに注意が必要です。酸化することで風味も栄養も損なわれてしまっている可能性があります。もったいないから食べきらせてしまおうと考えがちですが、酸化したフードは犬の健康にも障ります。おかしいと感じたら、捨てる勇気も必要です。

④食環境を変えてみる

人間が赤い食器では食欲が増進し、青い食器では減退するという心理と同様に、犬もフードを与える環境を変えることで、療法食への切り替えが成功することもあります。いつも使っているフードボウルを変えてみることも良いでしょう。また、飼い主さんが笑顔で療法食を与えたり、療法食を食べた後に喜んでいる姿を見せることも、犬に良い影響を与えるきっかけになるかもしれません。

<疾患別>療法食におすすめドックフード一覧

ロイヤルカナン ブリード ヘルス ニュートリション

各犬種の体質や体調に特化した専用フード!

犬は種類によってトラブルを起こしやすいところや体質などが異なります。 こちらのフードは最新の獣医学や動物栄養学を基に、犬種ごとに最適な材料を研究し、専用フードとして展開しています。 表示しているものはプードル専用フードとなりますが、この他に17種類(全18種類)の犬種専用フードがあります。 犬種ごとの体の大きさに合わせて粒の大きさも異なるため、犬の食べやすさにも配慮されています。 また、同じ犬種でも、パピー、アダルト、シニアといったライフステージに合わせたものや、プードル、チワワ、ダックスフンドには、専用ウエットフードも販売されているので、愛犬に合わせた与え方ができ、生涯与え続けることができるのも魅力です。 (価格は参考:プードル成犬用1.5kg)

ニュートロ™ シュプレモ™ 小型犬用 成犬用

自然素材が魅力!愛犬に合ったブレンドを選択できる

穀物不使用で、ポテトやヒヨコ豆などの消化吸収に優れた素材を使用しています。 また、ひまわり油や亜麻仁油など自然由来のオメガ3、6脂肪酸を配合しており、愛犬の皮膚や被毛の健康維持も期待できるフードです。 好みや体質に合わせて、チキン、ダック、ラムなどを選択することもでき、その中にサーモンを組み合わせることで高たんぱく低脂肪、栄養バランスにも優れています。 トマト、クランベリー、ブルーベリー、ザクロといった野菜や果実もふんだんに使用されており、最適な組み合わせによる相互作用が得られるフードです。 子犬用、成犬用などのほか、肥満対策用のフードなども展開しています。 (参考価格:小型犬、成犬用 草原のレシピ チキンのロースト2kg)

サイエンス・ダイエット™ アダルト 小型犬用 成犬用

嗜好性の高い栄養満点のドッグフード!

小型犬用に特化したドッグフードです。小粒で食べやすく、嗜好性にも優れているため、ロイヤルカナンやシュプレモが苦手な犬でも食い付きが良いことで定評があります。 また、取り扱い店舗が多く、スーパーのペット用品売り場でも購入できることが多いため、万が一のフード切れにも対応しやすいところが便利です。 小型犬に必要な、皮膚、被毛、関節、骨、歯などの健康維持を一番に考慮し、オメガ3、6脂肪酸やビタミンC・D、カルシウム、グルコサミンなどをバランス良く配合しています。 自然派成分での酸化防止、着色料不使用なことも嬉しいフードです。 ダイエット中の愛犬のための「ライト」も販売されています。 (参考価格:アダルト小型犬用1.5kg)

ロイヤルカナン 犬用 消化器サポート(低脂肪) ドライ

消化吸収不良を改善!

療法食のメーカーとして名高い、ロイヤルカナンのドッグフードです。 消化吸収がうまくできない犬の下痢対策や、高脂血症のときにも効果を発揮してくれる、特別な配合となっています。 低脂肪タイプとなりますが、成犬の必要とする栄養素は満たしていますので、安心して与えられます。 また、必須脂肪酸も摂取できるようになっています。 獣医さんとの相談の上で与えることが必要ですが、ホームセンターやインターネットで購入できるという点が、飼い主さんには助かるのではないでしょうか。 ただし、妊娠、授乳期の犬の場合は低脂肪食は推奨されないため、この時期の犬については別途獣医さんの指示を仰ぐ必要があります。 ※参考価格は、1kgの金額になります。

ヒルズ 犬用 i/dコンフォート小粒 消化ケア(1kg)【ヒルズ プリスクリプション・ダイエット】

優れた消化性が魅力のドッグフード!

加水分解ミルクプロテインを含み、混合食物繊維を調整することで、14kg以下の小型犬、中型犬のストレス性消化器症状に配慮した配合をしています。 ショウガを配合していることも特長の一つです。 優れた消化性と低脂肪を備えながら、プレバイオテックファイバーやオメガ3脂肪酸など、健康的な消化を維持する内容となっています。 抗酸化成分も、科学的に証明された製品を使用しており、免疫力のアップも期待できます。 また、腸内細菌の活動を活発にするため、便の様子を落ち着かせる効果があります。 こちらもお店やインターネットで購入できる点が魅力ですが、獣医さんにご相談の上で与えるようにしてください。

フォルツァ10 インテスティナルアクティブ (消化器ケア療法食)

AFS(アクティブフレッシュシステム)採用の新しい療法食!

AFSとは、植物の抗酸化作用を利用して、アレルギー疾患のペットに適した原理を取り入れた世界特許技術です。 メディカルハーブ、漢方、ビタミンを配合するため、熱でそれらの成分が損なわれないよう、常温で特殊な圧縮を掛けて製造し、一粒に約7%の割合で配合されています。 食べ物のアレルギーや消化不良に対して、抗炎症作用と免疫力向上をもたらし、急性の消化不良などの胃腸のトラブルを改善する効果があります。 ニシン科の魚が主成分なので、肉にアレルギーのある犬にも最適です。 粒は1cm前後の中粒です。製造過程で粒の色にばらつきがありますが、品質には問題なく、安心して与えられます。 ※参考価格は800gの金額になります。

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 犬用 1kg

食欲の落ちた腎臓病の犬が美味しく食べられる!

慢性腎臓病の犬のために作られた療法食です。オメガ3不飽和脂肪酸(EPA、DHA)や複数の抗酸化物質を含んでいます。 通常のロイヤルカナンのドッグフードと比較して、リンの含有率を78%減らしており、0.2%にとどめていることも特長です。 また、腎臓病に伴う尿毒症やたんぱく尿にも配慮し、高消化性のたんぱく質もバランス良く配合されています。 さらに、健康的な代謝恒常性を維持するためのクエン酸カリウムを配合。獣医さんと相談の上、必要が生じた場合にも、安心して与えることができます。 食欲が落ちていたり、フードが変わることで抵抗を示す犬のために、嗜好性が向上する香りを付けているところも、飼い主にとっては嬉しいところです。

ヒルズ 犬用 k/d 腎臓ケア ドライ 1kg

ヒルズの栄養学者と獣医師が開発した特別療法食!

腎臓病を患っている犬に最も必要な、リンとナトリウムの調整を徹底したドッグフードです。 高レベルのオメガ3脂肪酸や、Lーカルチニンも配合しています。 たんぱく質のレベルも腎臓病に配慮した良質のものを厳選し、必要にして十分な量を配合しています。 また、腎臓病の犬の場合は、同時に心臓への負担も気がかりになりますが、こちらは心臓のケアにも配慮されているため、腎臓とともに心臓が気になる犬にもおすすめです。 ただし、個人の判断では使用せず、必ず獣医さんの指示を仰いで与えるようにしましょう。腎臓、心臓はとてもデリケートな臓器であり、その犬の症状によって、適不適があります。

アニモンダ 療法食 インテグラプロテクト 腎臓ケア ドライフード 700g

穀物アレルギーでも安心のグレインフリーの療法食!

主原料にポテトを使用し、穀物フリーであるため、腎臓病であるとともに、穀物アレルギーのある犬に適したドライフードです。 慢性腎臓病の犬のために、リンおよびたんぱく質の含有量を下げて造られています。 高カロリーを実現していますので、食欲の落ちた犬でも、少量で十分な栄養補給が可能です。 獣医さんに相談の上で、初めは半年を目安に与えることをおすすめします。その後は犬の症状などを考慮して、やはり獣医さんの指導の下で、継続するか、他のフードに切り替えるかを判断しましょう。 なかなか店頭に並ぶことが少ないドッグフードですが、インターネットではいつでも購入可能です。

ロイヤルカナン 犬 心臓サポート2

心臓病と腎臓病の犬のために作られたドッグフード

関節が気になる犬には心臓サポート1がおすすめですが、心臓病を患った犬は腎臓病の不安を抱えることが多いため、腎臓病のケアも重視した心臓サポート2のご紹介をします。 心臓病の犬のために特別に調整された療法食であることから、ナトリウムを制限し、タウリンやカルニチンを配合しています。 ナトリウムは、高血圧症を配慮し、ロイヤルカナンの標準的なフードと比較して、約25%減の0.13%とし、リンも同様に25%減の0.6%に調整されています。 タウリンとカルニチンは、心筋の維持に必要な栄養素であり、心臓をサポートすることに効果的です。 また、抗活性酸素物質として緑茶ポリフェノールを配合しています。 特別に調整されたフードでありながら、成犬の必要栄養素を網羅しているところが嬉しいドライフードです。 ※参考価格は1kgの金額となります。

Daily Style 犬用食事療法食 心臓サポート(ドッグフード)

獣医師開発の最高品質療法食!

鮮度の高い、鹿肉と牛肉を贅沢に使用したドライフードです。 犬の進化生物学の観点から適正と判断された肉と穀物の比率で配合されています。 全ての原材料が遺伝子組み換え不使用で、ヒューマングレードを実現。 もちろん、心臓病の犬に必要なナトリウムの低減なども配慮されています。また、心臓の重要な役割である血液循環を正常に保つポンプ機能をサポートするための栄養成分、コロイドをしっかりと含有して、心臓の負担を減らします。 徹底した品質管理と製造工程を踏んだ技術は、配合される原材料の栄養素を損なうことなく全て犬の栄養として摂り込むことができるようになっています。 他の療法食に比べて高価なフードになっているため、528円(300g)で試してから始めることもできます。 ※参考価格は1kgになります。

ヒルズのプリスクリプション・ダイエット(特別療法食) 〈犬用〉 メタボリックス 小粒 ドライ1kg

ヒルズの栄養学者と獣医師が開発した特別療法食!

低カロリーでありながら栄養素性に気を配った独自の原材料を使用し、食物繊維は野菜由来のものを厳選しています。 健康的な代謝をサポートし、避妊・去勢後の体重管理や、減量後のリバウンド防止にも配慮されたドッグフードです。 また、科学的に証明された抗酸化成分が配合されているのも特長です。 適切な獣医師の指示の下でこのフードを与えた結果、60日間で11%の減量に役立つことが証明されています。 減量に特化したドッグフードのため、袋に目安の量は記載されていますが、犬の健康状態や目標体重に応じた量の調節が必要です。 個人では判断せず、必ず獣医さんの指導を受けるようにしましょう。

ナチュラルハーベスト セラピューティックフォーミュラ レジームスモール 1.1kg

健康的にダイエットしたい犬用の自然派ドッグフード!ト

高度な臨床栄養学に基づいて開発された療法食です。 原材料がシンプルなものに限定して製造された犬用のおやつにも定評がある、ナチュラルハーベストのドッグフードは、減量だけでなく、普段から利用したいブランドの一つです。 こちらのフードは炭水化物を通常の総合栄養食よりも18%減らした低炭水化物となっています。 逆にたんぱく質は1.4倍に増量。良質なたんぱく質をしっかりと摂り、適度な運動をすることで筋肉量を増やします。 筋肉は脂肪よりも消費カロリーが増えるため、筋肉量を増やすことで代謝も増加する効果があります。 また、繊維質は2.5倍に増量しています。繊維質は満腹感を犬に与えることができる、カロリーゼロの食材です。 さらに繊維質を増やすことで体内の老廃物や摂り過ぎた栄養素の排出も促進するため、健康効果も期待できます。 体重が増加した犬には、関節にも負担がかかります。こちらのフードには関節サポートとして、グルコサミン・コンドロイチンも配合されているのが嬉しいところです。

Vets Plan™ セレクトスキンケア

嗜好性が高く続けやすい療法食!胃腸の弱い犬にも最適

食物アレルギーからくる皮膚疾患の犬にはもちろん、消化器疾患を持つ犬にも最適なドッグフードです。 アレルギーを起こしにくく、消化性も良いたんぱく質(七面鳥)や炭水化物(米)を使用しています。 被毛の健康維持のため、リノール酸や亜鉛の含有量を調整し、特許を持つ複数の抗活性酸素物質(ビタミンC、ビタミンE、タウリン)も配合されています。 腸内環境のバランスも考慮されており、可溶性/不溶性食物繊維(ビートパルプ)を配合しているのも特長です。 獣医さんの指示の下で切り替えることが必要なフードの中で、とても嗜好性が高い療法食となっています。切り替えも比較的スムーズにできる犬が多いようです。 ※参考価格は1kgの金額となります。

【療法食】 プリスクリプション・ダイエット ドッグフード z/d 植物アレルギー&皮膚ケア ウルトラ 1kg

免疫力を向上させることで被毛の健康を促進!

高消化性の加水分解たんぱく質と精製された単一の炭水化物源(コーンスターチ)を使用しているほか、オメガ3&6脂肪酸配合しているため、犬の食物アレルギーと被毛の健康をサポートしてくれます。 科学的に証明された抗酸化成分を使用していることも特長です。 ミネラルが豊富で、皮膚のバリアを強くし、免疫力も向上するため、犬の持つ本来の力を引き出すことで、皮膚疾患の解決を後押ししてくれるフードと言えるでしょう。 動物性原料は、加水分解したチキンと動物性油脂のみとなっています。皮膚疾患や食物アレルギーに特化した特別な療法食であるため、必ず獣医さんの指導の下で与えるようにしましょう。

(FORZA10) 療法食 デルモアクティブ 800g

植物の力を利用した療法食!

植物の抗酸化力を利用した非加熱圧縮粒(AFS:アクティブフレッシュシステム)で、有効成分が損なわれないように加工製造されたドッグフードです。 AFSとは、植物の抗酸化力を使用して疾患に働きかける植物療法のことです。疾患ごとに成分やレシピが異なるため、同じAFSを利用した商品でも、使っているハーブ、植物、フルーツなどに違いがあります。 皮膚に特化した配合は以下のようになっています。 アロエベラ:コラーゲン生成、たんぱく質分解、抗炎症、保湿、止血など ゼニアオイ:皮膚軟化、柔軟、抗炎症など クロフサスグリ:抗炎症、アレルギー、免疫力向上など ごぼう:浄化排水、抗真菌、アレルギー、アトピー性皮膚炎など オメガ3:細胞膜保護、関節軟骨の健康、美肌、免疫バランス、抗炎症など ただし、妊娠、授乳期の摂取は避けてください。

フォルツァ10 犬 オトアクティブ 小粒 800g

様々な耳のトラブルをサポート!

外耳炎、耳の皮膚炎感染症や合併症、耳の異臭などのケアに効果が期待できる療法食です。 ※効果には個体差があります。 このフードに配合されたフィトケミカル成分(植物栄養素)は、免疫機能を向上させ、耳の疾患に対して効果を発揮する目的で、次のようなものが含まれています。 ティーツリー:抗菌、抗真菌、抗炎症作用など ムラサキバレンギク:免疫刺激、抗炎症作用、酸化防止、抗菌、消臭など リンデン:抗炎症作用、酸化防止、低血圧など ニンニク:寄生虫病、抗血小板、酸化防止、抗菌、抗真菌、低血圧など キレート亜鉛:免疫調節、酸化防止、組織の修復など ローズヒップ:免疫力アップ、コレステロールの安定、腸管の鉄吸収を向上、抗炎症作用など ビタミンC:酸化防止、利尿作用など

フォルツァディエチオトアクティブ 中粒10kg 耳ケア

オトアクティブお徳用!中粒で大型犬に最適

原材料は小粒タイプと同様ですが、10kgと大容量であることと、中粒サイズとなりますので、食べる量の多い大型犬向きの療法食となります。 外耳炎、耳の皮膚炎感染症や合併症、耳の異臭などのケアに効果が期待できる療法食です。 ※効果には個体差があります。 このフードに配合されたフィトケミカル成分(植物栄養素)は、免疫機能を向上させ、耳の疾患に対して効果を発揮する目的で、次のようなものが含まれています。 ティーツリー:抗菌、抗真菌、抗炎症作用など ムラサキバレンギク:免疫刺激、抗炎症作用、酸化防止、抗菌、消臭など リンデン:抗炎症作用、酸化防止、低血圧など ニンニク:寄生虫病、抗血小板、酸化防止、抗菌、抗真菌、低血圧など キレート亜鉛:免疫調節、酸化防止、組織の修復など ローズヒップ:免疫力アップ、コレステロールの安定、腸管の鉄吸収を向上、抗炎症作用など ビタミンC:酸化防止、利尿作用など

犬用ケーキの選び方

クリスマスや誕生日などのイベント日には愛犬と一緒にケーキを食べたい方も多いのではないでしょうか。しかし、私たちが普段食べているケーキにはワンちゃんの体に良くないものも沢山含まれているので与えるのはNGですよね。 ここではワンちゃんでも安心して食べられるお手頃価格で可愛らしいケーキを紹介しながら、ケーキ選びの際のポイントや注意点についても触れていきます。 どれも簡単にお取り寄せができ、種類も様々なものがあるのでワンちゃんの好みに合わせて選んでみてください。

・ケーキのサイズと保存期間をチェックする

お店や通販で売られているケーキも最近はほとんどが冷凍された状態で手元に届き、一見長期保存に長けていると思いがちですが、解凍してしまうと期間は一気に短くなり1~2日程度しか持たなくなってしまいます。 「豪華に大きいものを!」「小分けにして与えれば大丈夫」と購入したものの、結局ダメにしてしまったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか? ケーキを選びの際には好み・デザインのほかにも「どのくらいの量を食べられるか」「解凍後の期間内に食べきれるのか」を考慮したうえで選んでみるのもいいですね。

・レビューで「食い付きっぷり」声を参考に

せっかく選んだケーキであれば、ぜひ喜んで食べてもらえるものを!と思うものの、美味しいかどうかは手元に来て食べて見ないとわかりませんが、サイト等のレビューを見ればある程度のリサーチはできるかと思います。 ネット通販で売られている商品はもちろんのこと、ペットショップ等で店頭販売されている商品も商品名等から調べて評価を見ることも出来るのでわんちゃんの「食いつきぶり」が気になる方は直接サイト等で確認してみるのもいいでしょう。

・主食代わりになるケーキを選ぶ

わんちゃんの中にもダイエット中などでカロリーを制限している子や与えすぎを心配し、ケーキを食べさせようか迷ってる方もいるのではないのでしょうか? 実はワンちゃん用のケーキには肉や魚などを使った栄養バランスばっちりの主食にもなるケーキや、豆乳やおからを使用したカロリー低めのケーキなども存在しています。 「アレルギーが心配」というワンちゃんには小麦不使用等のアレルゲンを排除したケーキも販売されているので、アレルギー持ちのワンちゃんも安心して食べることができます。

犬用ケーキを手作りする際の3つの注意点

中には「せっかくなら手作りしてあげたい」と思う方もここで注意する点が3つあります。
POINT
1「食べやすく作る」 大きすぎるとのどに詰まらせる原因になります。2「しっかりと火を通す」 生焼けはお腹を壊す原因になることがあります。 3「食べられるものを確認する」 好き嫌い、アレルギーもそうですが、与えてはならない食べ物も存在します。

①犬用ケーキに絶対に使ってはいけない食材

ワンちゃんには「絶対に食べさせてはいけない食材」というものが存在し、間違って与えれば最悪死にいたる場合もあります。ここではワンちゃんに与えてはいけない食材を危険度別に紹介していきます。 危険度大(死に至る恐れがあるレベル) ・チョコレート ・ココア ・ブドウ(レーズン) 危険度中(過剰な摂取をすると危険) ・豚肉 ・イカ、タコ ・人間用の乳製品 ・人間用のソーセージ、ハム ここではケーキに使用しそうなものを抽出して掲載していますが他にもたくさん存在しますので気になる方は細かく調べてみてください。

②注意すれば使える食材もある

ワンちゃんが食べてはいけない食べ物は沢山存在しますが、中には少量のみなら、また過熱等の工程を加えれば与えてもよいものも存在します。 ケーキによく使いそうな果物等であればイチゴ、ばなな、ももやリンゴなら少量であれば与えても問題はありませんし、生食はだめでも過熱をすれば大豆や栗なども与えることができます。 他にもこのような「過熱」「少量」などの条件付きであれば与えても大丈夫な食材がありますので、参考にしてみてください。

③消化不良を起こさないように気をつける

成犬であれば特に問題のない量や成分のケーキでも老犬や子犬などが食べるとまれに消化不良を起こしてしまう可能性があります。 せっかくのケーキでおなかの調子を壊してしまってはいけませんのでケーキを与える際にはおなかに優しいものが含まれているものを選んであげるのがよいでしょう。 例えばリンゴは腸内環境を整える成分が入っていますし、鶏ささみは脂肪分が少ないため、消化が早いです。ケーキ選びの際にはこの点も注意して選んでみるのもいいですね。

犬用ケーキのおすすめ人気ランキング4選

ワンちゃん用 ミニロールケーキフルーツ

獣医監修!ワンちゃんの体のことを考えたケーキ

中野獣医医師が監修したワンちゃんの健康に配慮したミニロールケーキは上新粉を主材料として作られたケーキとなっています。 カロリー数にも配慮したケーキのカロリー数はなんと293キロカロリー。これならカロリーを気にしているダイエット中のワンちゃんでも安心して食べるこができます。しかし、カロリーが低いと食いつきも心配です。しかし口コミには「間食してしまった」「食べ終わったお皿をなめるほど」と書かれているほど、飼い主さんもワンちゃんも大喜びのおいしさになっています。ケーキの価格も他商品と比べてとてもお手頃価格で購入することができ、手に取りやすい商品になっています。

やさしいスイーツ リンゴとムース&米粉豆乳クリームセット ペットケーキ

アレルギー持ちのワンちゃんにも安心のアレルゲン不使用ケーキセット

アレルギー持ちのワンちゃんにも安心のアレルゲン不使用のケーキは小麦・乳製品・卵を一切使わず米粉を使用した見た目も可愛らしいものになっています。ケーキはコミフ自慢のリンゴとムース・米粉豆乳のケーキの2つ入りのセットになっており、愛犬はもちろん飼い主様もおいしく一緒に食べられる商品になっています。気になる味は人が食べてもとても美味しいもので、サイトの口コミでは「ペロっとたべてしまった」「一緒に食べられてうれしい」との声が上がっています。アレルギー持ちのワンちゃんにも安心して食べてもらえるこのケーキは金額もお手頃価格で手に取りやすく、お手軽に購入できそうですね。

魔法洋菓子店ソルシエ 小型~中型犬用 デコレーションケーキ

愛玩動物飼養管理師が監修したワンちゃんの健康を考えたケーキ

本当にワンちゃん用!?と疑うほどのフルーツが盛りだくさんの豪華なケーキは愛玩動物飼養管理師が監修したワンちゃんの健康と栄養をしっかりと考え作り出されたケーキです。塩や砂糖などの健康に良くないものは一切使用せず、クリームも豆乳クリームを使用、ケーキの上に乗っているフルーツもワンちゃんの栄養を考えてビタミンや植物繊維が豊富なものを厳選して使用している程しっかり考えて制作されている商品です。雑誌で紹介されるほど、豪華で見た目も綺麗、更にワンちゃんの健康を気遣った最高のケーキ。栄養面や健康面で不安に感じている飼い主の方にぜひとも選んでほしい一品です。

【お肉のプチケーキ】ハッピープチミート

腸内環境を整える乳酸菌を使用した生乳100%ヨーグルトのケーキ

牛乳100%を使用したワンちゃんの腸内環境に配慮したこの商品は牛乳のほかにも鶏ささみや鶏レバー・オートミル等沢山の食材をふんだんに使用した豪華なケーキになっています。小ぶりなケーキにはなりますが比にならないくらいの重量感と食べ応えはワンちゃんも満足です。このケーキのチャームポイントはケーキの上に乗っているワンちゃんのマスコットと大きめの骨の形をしたクッキー。クッキーには二段に分けて文字を入れることも出来ますので、誕生日等にもぴったりです。また、ろうそくの代わりに希望をすれば数字の形をしたクッキーをもらえることができます。おなかの調子を整えたいワンちゃんにはおすすめする商品です。

犬用リュックの選び方

こんにちは!最近は愛犬と一緒に遊びに行ける場所も増えてきました。愛犬と今年はどこに行こうかと計画を立てている飼い主さんも多いのではないでしょうか。愛犬との外出は、人混みや犬が歩くのに適さない場所など犬の安全や周りへの配慮も必要になってきます。 女性が持つ場合、一見犬が入っていると気付かないような見た目のもや、犬の体重などによってリュックの大きさも色々とありますので、愛犬はもちろん飼い主さんも喜ぶ犬用リュックをご紹介していきます。

犬用リュックの利用シーン

通院や、旅行やレジャー中の人混みや犬が歩くのに適さない場所での移動や、災害が起きたときの避難時の活用など多岐に渡り需要があります。 またマンションなど集合住宅は、廊下やエレベーターなどの共有部分は、犬の全身が隠れるケースに入れる規定になっているところが多いようです。 リュックならお散歩で外出の時も邪魔にならずに使用出来ますね。片方の肩に愛犬の体重が掛かるスリングやトートタイプ、重くてかさばるキャリーよりも気軽に愛犬との外出に使用できるのが嬉しいところです。

犬用リュックの種類

夏場など熱がこもり難いようにメッシュを使用したタイプや、車でも使用できるベルト付き、前抱っこが出来るタイプ・犬がフセの状態でリラックス出来る横長タイプなど、使用する場面や犬の性格に合わせて様々な選択肢があります。 ちょっとお値段は張りますが、リュックだけでなく手提げやショルダーにも変化が可能なタイプや、拡張してケージにもなるなどの機能を備えたリュックもあるんです。旅行などで犬の場所を確保したいときなどに重宝しますね。

犬用リュックの選び方

様々なタイプの犬用リュックが売られていますが、愛犬の安全を確保出来て快適に過ごせる事を前提に選びましょう。 まず犬用のバッグ類には飛び出し防止のナスカンやフックなどの金具が付いているのが常識ですが、中には付いていない製品もあります。 首輪やハーネスに、リードとは別にリュック本体と繋ぐ事が出来る金具は、交通事故や逃走など最悪の事態を回避する為の命綱ですので忘れずチェックしましょう。 愛犬の体格に合わせた扱い易い大きさを意識して、風通しのよいメッシュにカバーが付いていると一年中使用できますね。

犬用リュック型キャリーバッグの特徴

飼い主さんの両手が空くのが一番の特徴です。体全体で犬の体重を支える為、飼い主さんの負担になりにくく密着感も感じられるので、愛犬との絆も深まります。 頭まですっぽりリュックに入ってしまえば、電車やバスなど交通機関の利用も出来ます。国産の犬用リュックは、規定サイズを考慮したものもありますので交通機関利用の可能性がある場合は、購入の際に確認して下さい。

犬用リュック型キャリーバッグの注意点

犬用リュックは耐荷重が決まっていますので、あまりに愛犬の体重が上回ると使用中の破損や、愛犬や飼い主さんがケガをする恐れがあります。 「うちの子は、超小型犬だから」など大体で判断せず、日頃から愛犬の体重はしっかりと把握しておきたいですね。 またほとんどのリュックは、犬がおすわりの状態で使用します。 長時間の使用は、犬の体勢に負担が掛かりますので1時間から長くても2時間に1回は必ず休憩を取り、歩かせるなど体を動かすようにしましょう。

おすすめ犬用リュック型キャリーバッグ8選

愛犬と一緒にいつもの散歩や通院、ちょっと足を伸ばしてお出かけしたり旅行に行ったりする生活に必ず必要となるのが、犬を入れるためのキャリーですね。ただ手で持つタイプのキャリーだと手が塞がるし、重いし、ちょっと・・と感じる飼い主さんも多いのですが、その分、リュックタイプだと両手が開くのでとっても便利です。

4way ペットキャリー

4wayでどんな場所でも使用できるのが魅力

リュック・キャリー・ショルダー・ハンディと、4wayで使用できるのが魅力的なペットリュックです。耐久性に優れた素材を使用し超軽量に作られているので、長時間の使用でも飼い主さんの負担が少なくすみます。大きく開閉するメッシュと、柄に見立てた通気口が愛犬の体調を第一に考えられていて、飼い主さんの顔もよく見えるので犬も不安感が少ない状態でお出かけが出来るのは嬉しい機能です。他にも飼い主さん目線で便利で助かる構造が備えられています。ひとつは側面がフルオープンするので犬を入れやすい事、二つ目は中面にフワモコクッションが付いている事。そして三つ目の使用しないときは折りたためる構造は、保管も場所を取らずに使い勝手の良いリュックと言えます。

ワイドオープン ハグ&リュック[小型犬]

2way が魅力のコンパクトな抱っこ&リュック

適応体重4kg〜8kgの小型犬にピッタリサイズの、コンパクトな2way犬用リュックです。飼い主さんの負担を軽減する太めの肩ベルトとウエストベルトは、安定感があり愛犬と密着出来るので安心して使用できます。また、上部と全面・下部に備えられた通気性の良いメッシュは、愛犬の体調を第一に考えられている最適な作りとなっています。保冷剤・保温剤を入れて取り付けられる面ファスナーが内側についているので、冬はポカポカ・夏はひんやり快適にお出かけ出来ます。犬を入れる時に開き口が小さいと、犬の足が引っかかったり嫌がったりすることもありますが、こちらのリュックはワイドオープンでストレスなくご利用いただけます。通院からお散歩、お出かけまでどこへでも持ちやすいデザインも魅力です。

ペットキャリー ペットリュック カプセル

丈夫なカプセル型犬用リュック

中の様子がしっかり確認できる透明ドーム型窓と、通気性がUPするハニカムメッシュ窓の取り替えが可能です。犬の全身を入れる事ができるカプセル型は、普段使いはもちろん災害時の避難にも安心して使用できますね。肌触りの良いインナーマットも付属なので居心地も良く、適度な密室感は犬を落ち着かせてくれる傾向があるので飼い主さんも安心です。重量も1.3kgと軽いので、犬を入れてもあまり重さを感じません。電車やバスなどの公共交通機関にも使用する事ができるので、飼い主さんと一緒に気軽にお出かけするのも楽しいですね。その場合別途利用運賃が掛かります。ハンドルも持ちやすいよう太くなっており、飛び出し防止のストラップ付きと細部にまで使いやすさを重視したペットリュックです。

宇宙船カプセル型ペットバッグ

革風な見た目がとってもおしゃれなカプセル型リュック

左右にあるメッシュと小さく丸い通気孔となり、犬の体調に十分と配慮されています。また上部と側面がジッパーで大きく開閉するので、犬の出し入れもラクなのでストレスを感じずお出かけできますね。飛び出し防止ストラップや底面に敷くふわふわクッションが付いていますので、安全面と居心地にもこだわったリュックです。耐荷重6,5kgとなっていますので、超小型犬にはピッタリですね。飼い主さんへの思いやりとして、クッション性の高い太めのショルダーと背中当てが体に掛かる負担を軽減してくれます。レザー風の落ち着いた素材と選べるカラーバリエーションは、男性も女性にも持ちやすいのでお出かけや通院などお洒落に使用して頂けます。

Daisuki 犬・猫用兼用キャリーバッグリュックサックペットキャリーリュックLサイズ

使いやすさにこだわった3way仕様

大きめサイズのこちらのリュックは、多頭飼いをされていたり車でお出かけや通院する機会が多いお家にぜひ使って欲しい機能が満載です。犬の顔が見える抱っこやリュックとして使う時は、飼い主さんの体にピッタリと密着する胸ベルトと丸みのあるフォルムのおかげで、安定感があります。またリュックでは珍しくキャリーバッグとしても使えるので、飼い主さんの都合によって変化させられるのは魅力ですね。犬を出し入れする天面のメッシュを閉めるジッパーは、内側からは触れないようになっているので犬がいじっているうちに開いてしまった、などの事故も防げます。飛び出し防止ストラップが2箇所付きで耐荷重が10kgですので、超小型犬から小型犬までご使用出来ます。

リュックキャリー RADICA

厚めのクッションで居心地良く過ごせるリュック

取り付けが簡単な3cmの厚みのあるウレタンクッションは、愛犬に優しく心地良い状態で過ごしてもらえます。リュックをしっかりと自立させられる3本の支柱が付いているので、旅行先では形をしっかりと保ったペットベッドとして利用する事も出来ます。天面と正面に犬を入れる開閉口があり、天面のメッシュ部分は巾着のようにストリング式なので飼い主さんが楽に使え流のは嬉しいところです。太めの肩ベルトはクッション材とスポンジメッシュで厚みがあり、飼い主さんの負担も軽減してくれます。胸ベルトと腰ベルトを併用する事で、リュックとの一体感があり大切な愛犬をしっかり支えられます。全面に大きなポケット、左右にはペットボトルやウエットティッシュなど犬用品を入れられるのでこのリュックひとつで、気軽なお出かけから旅行まで対応できます。

犬 猫キャリーバッグ

軽くて使いやすいコンパクトリュック

重量1kgの軽さで4wayを可能にしたしっかりとした作りと機能は、女性にはとても嬉しいですね。前抱っこやリュックはもちろん、付属のショルダーで肩掛けやシートベルトを使って車にもしっかりと取り付けられます。天面には2つの開閉できる窓があり、犬を出し入れする大きな窓と飼い主さんの顔が見えるメッシュの窓になっているので、犬もリラックスできますね。ショルダー使用時には、リュックの肩紐が背面ポケットに収納できますので、スッキリと使うことができます。カラーは、落ち着きがあり女性らしさを感じる柔らかなツートンなのでファッションにも合わせやすく、通院からお散歩・旅行にまで気軽に使えるリュックです。飛び出し防止ストラップが付いています。

liomise リュック型ペットキャリー

拡張できるニュータイプで犬もリラックス

バッグの背面部分が広げて拡張できるので、空間が広がり犬も暗視してリラックスできます。クリアな丸い窓がついているので、なかの様子が確認しやすく、宇宙船のような外観はとてもユニークです。丸い窓は、通気のメッシュ用に簡単に取り替えが出来ます。12個もある通気口は、風通しと夏場の熱気がこもりにくく犬の居心地と健康を守ります。見た目の頑丈さとは異なり、1.2kgの軽さを維持し犬が入った場合も飼い主さんの負担も少なく使えます。耐荷重6kgまでとなっていますので、超小型犬やパピーの移動に最適です。ジッパーで大きく開閉できるので犬を入れる時も楽々で、通院や自転車のお出かけなどにも楽しく外出できるリュックです。

犬用キャリーバッグの選び方

ワンちゃんを飼っている人はほとんど【ペット】というくくりではなく、家族の一員として捉えている人が多くいる様に感じます。そのため、ワンちゃんと共にお出かけする人たちも多くいます。ワンちゃんと一緒に出掛けるとき、「キャリーバック」が必要になります。「キャリーバック」といっても出かける場面ごと、用途によって選ぶことが可能です。 下記いくつか紹介しますので愛犬に合った「キャリーバック」を選んでみて下さい。

①用途で選ぶ

まずは「用途で選ぶ」です。キャリーバックの種類には大きく分けて「プラスチック製ハードキャリー」と「布製ソフトキャリー」があります。上記2種類どちらを選ぶかはどういった時に使用するかで選択することができます。

・2~3時間の長時間移動用には「ハードタイプ」がおすすめ

ワンちゃんを連れて長時間のお出かけをする場合、ハードタイプのキャリーバックがおすすめです。 ハードキャリーは安定性が高く、衝撃からワンちゃんを守ることができるため、公共交通機関や自家用車でお出かけするときに適しています。目的地に着いたときはサークル代わりにも使えますし、どこかで宿泊するときには便利です。また最近では災害がいつ来るかもわからない状態です。そんな災害時にワンちゃんを入れておくのにも適しています。

②犬への負担の少なさで選ぶ

キャリーバックを選ぶときに必要なのは用途だけでなく、愛犬のことを考えたキャリーバック選びも大切です。いくら用途に合っていても、ワンちゃんにとって負担が大きければその分ストレスもかかってしまいます。 ワンちゃんの負担が少なくするためには飛び出し防止リードが付いている、内側に危険な金具がない、ワンちゃんの誤飲につながる付属物がない、衝撃を吸収してくれるなどの点に注意して選んでみることが大事です。

③使いやすさで選ぶ

ワンちゃんに負担が少ないのは大前提ですが、その次に飼い主目線でキャリーバックを選ぶことも大切です。 噛みつき癖があったり、興奮しすぎるワンちゃんには扉が上部についているものが適しています。 扉が上部についていることでワンちゃんを持ち上げて出すこともできるし、キャリーバックに入れたまま獣医さんに診てもらうことも可能です。また、上記に加えてキャリーバックの組み立てやすさ、掃除のしやすさなども考慮することが大事です。

④サイズで選ぶ

次に愛犬の大きさに合ったキャリーバックを選ぶことが大事です。 当たり前のことですが、ワンちゃんの大きさよりも小さければワンちゃんに負担が増えますし、大きい場合にも余裕があり過ぎて何か衝撃があった時にワンちゃんが不安定に なりケガや乗り物酔いの原因となります。

・適正サイズの見極め方

上記のことがあるために、適正なサイズのキャリーバックを選ぶことが大切になってきます。 選ぶ基準として、長時間の移動時は、犬が頭をかがめてかろうじて入れる程度の大きさ、短時間の移動時の場合は伏せをした状態でのぴったりサイズを選ぶのが大事です。

・「適正体重」と「耐荷重」の違いに注意!

キャリーバックを選ぶ際に【体重】も重要になります。【体重】といっても選ぶ際のポイントとして「適正体重」と「耐荷重」という2種類があります。「適正体重」とは、犬の体重そのものを基準にした体重のことで、「耐荷重」とは、そのキャリーが耐えられる総重量のことを指します。 犬が動き回ったり、暴れたりすればキャリーバックの持ち手には5kgよりも多くの重量がかかることになります。 例えば5kgの愛犬の場合、「適正体重5kg」のキャリーバックは使用出来ますが、「耐荷重5kg」のキャリーバックでは安心して使用出来るか不安なところではあります。

⑤法令や規則に準拠しているか確認する

愛犬と共に出かける場合、公共交通機関や自家用車を使用することが主になるかと思います。その際必要なのは、使用するキャリーバックが法令や規則に準拠しているか確認することです。下記飛行機に乗せる場合、車に乗せる場合の例を記載します。

・飛行機に乗せる場合

飛行機に乗せるときはIATA基準をクリアしている商品であることが求められます。 公式サイトやパッケージにIATA基準と記載してあれば問題なく使用出来ます。ただ、航空会社によっては細かい基準を決めていることもあるため事前に航空会社へ確認するのがベストです。

・車に乗せる場合

車に犬を乗せる際は、必ずバッグ型のキャリーバッグに入れるか、チャイルドシートのようなシートベルト付きの専用シートに座らせます。運転手の膝に乗せて運転する方も多いですが、それは違法になってしまうので気を付けます。

利用目的別キャリーバッグのメリット・デメリットを紹介

どんなキャリーバックを使用するかも大切ですが、どんなときに使用したいのかを想像してキャリーバックを選ぶことが大切となります。使いたい!と思う場面はいくつかあるとは思いますが、すべての場面で使えるキャリーバックを探そうとすると逆に迷ってしまいます。そのため、一番使用頻度のある場面を想像して選ぶことが大切です。

①カートタイプ

カートタイプを使用する人のおすすめポイント(メリット)・デメリットを下記記載します。 こんな人におすすめ(メリット): 多頭飼いしている、長距離移動が多い、愛犬の体重が重く抱っこひも等では抱っこするのが辛くなってくる、などに当てはまる方におすすめできるタイプです。大型犬ではカートタイプは使えないと思っている方もいるようですが、大型犬用のカートタイプもありますので探してみるのもいいと思います。 デメリット: かさばる、他のキャリーバッグに比べると重い、サイズが大きいため置き場に困る等があります。そのため買う時は普段置いておける場所が家にあるか事前に確認します。

②ドッグスリング

次にドッグスリングを使用するのにおすすめな人(メリット)とデメリットを記載します。 おすすめな人(メリット): コンパクトに持ち運びたい、必要な時にすぐ使いたい、汚れたら洗って使用し続けたい(メーカーによっては洗えないものもあるため確認が必要)、両手を空けておきたい人におすすめです。小型犬を飼っている人に特におすすめです。 デメリット: 片方の肩で犬の体重を支えるため長時間は肩腰が痛くなりやすい(長時間の使用が難しい)、新幹線やJRでは利用不可(使う場所によっては使用できることもあるため、確認が必要になります)

・ショルダータイプ

ショルダータイプを使用する人のメリット: 両手を空けたい、出かけ先でもドッグハウスとして使用したい。ドッグスリングでも自転車に乗ることはできますが、背中でしょって使えるリュックはとても楽です。また、リュックでも前抱っこをできる仕様のものもあれば飼い主さんの荷物を一緒に入れることができるタイプもあるため荷物を少なくすることも可能です。 デメリット: コンパクトにならない、荷物が多いときはかさばる。リュックタイプは小さく収納することが難しく、無理やり折りたたもうとすると形が崩れてしまう可能性があります。

④クレート

クレートにはハードタイプとソフトタイプの2種類があります。用途によってハード、もしくはソフトを選びます。 クレートを使用するのにおすすめな人(メリット): 公共交通機関を使って出かけたい、車で安全に移動したい、家でもお出かけ先でもハウスとして使用したい。ワンちゃんによっては常に同じ場所で眠ることを好む子がいます。そういう子であればクレートを使用し、常に安心して寝られる場所を作ってあげることが大切です。また、災害時などで一時的でも離れ離れになり、保護シェルターなどで過ごす場合はクレートを使用しています。クレートに慣れていない子だとクレートで過ごすことプラス家族と離れ離れになったストレスが大きくなることが考えられます。 デメリット: 細かな動きが多いときに移動しづらい、家でもハウスとして使用する場合場所を確保しなくてはいけない(ソフトタイプであれば小さく収納可)、ハードタイプはクレート自体が重い。移動が多い人にとってはクレートは不向きなようです。

売れ筋の人気犬用キャリーバッグ13選を紹介

①手持ちタイプキャリーバッグ4選

circle chocolate ペット用キャリーバック

折りたたみ可能なキャリーバック

上と左右に出入りできる入り口がついているため、ワンちゃんが左右の入り口から出やすいこと、また、動物病院等苦手な子でなかなかキャリーバックから出ない子は、上の入り口から出しやすくなっています。側面はメッシュ加工となっており、通気性がいいこと、飼い主さんも中にいるワンちゃんの様子を見ることができます。耐荷重:体重5kgのワンちゃんに最適、最大7kgまで可。サイズ:45×25×28カラー:ブラック、グレー、ローズレッドの3色ワンちゃんの名前を書くことができる、骨デザインのロゴ付きのため似たようなキャリーバックを持っていても自分のものが見つけやすいです。

折りたたみ式ソフトキャリー

折りたたみ式ソフトキャリー

サイドはメッシュ仕様で通気性がよく、外から中のワンちゃんの様子を見ることができます。上部は全開させることができ、上部の扉はフックで固定することができるためワンちゃんが頭を出して過ごすことができます。キャリーの中にはフックがついており、そのフックをワンちゃんの首輪に着けることにより、安心してワンちゃんをキャリーバックに入れておくことができます。(サイズにかかわらず仕様は同じ)キャリーバック自体を助手席等のシートベルトで固定することが可能です。上部の扉は開けたまま固定可能なので、中についているフックも利用すればワンちゃんも外を見ながら一緒にドライブを楽しめます。サイドポケットには小物やペットボトルが収納でき、キャリーバックの底には滑り止めがついているため安心です。

カプセル窓付きペットキャリー

見た目が可愛い、カプセル窓付きペットキャリー

丸い窓が可愛いキャリーバックの形に加え、無地のブラック・ダークブラウン・イエロー・ピンク(桃色、桜色)の5色というどれにしようか迷ってしまう豊富さです。キャリーバックは合成革皮でできており、重さも2.1kgと女性でも手軽に持てる重さです。大きな窓がついているため飼い主さんがワンちゃんの様子を確認できます。また、歩くことが難しくなった年を取ったワンちゃんもキャリーバックに入っていながら外の様子を見ることができます。組み立てはファスナーを繋げて組み立てる構造になっているため簡単に組み立てられます。キャリーバックの外側は合皮製のため汚れたら軽く拭く、中側のマットは家で手洗い可能なためお手入れが簡単です。カプセル窓の下には小さな穴が開いており、通気性も確保されています。

2wayペットキャリーバック

キャリーバック?ベッド?どちらにも使えるんです!

見た目がとってもかわいいキャリーバックです。人が使用するカバンのような形となっており、持つ部分はとても持ちやすくなっています。出入口はファスナーとなっているため、開閉しやすいです。持つ部分にはボタンがついているためワンちゃんが上に飛び出すこともありません。生地は丈夫なフェルトのため、持ち続けても疲れません。テント型もしくは箱型に形を変化させてベットとして使用できます。生地はフェルトになっているため触り心地がよく、敷き布も付いています。テント型として使用した場合、入り口のメッシュ部分は開けたまま固定できるため家の中で使うのに便利です。使わないときはコンパクトに折りたためるため場所も取りません。

②ショルダータイプキャリーバッグ3選

オリジナルドッグスリング

特殊構造により10kgまで対応可能バック

抱っこが大好きなワンちゃんにとっておきのバックです。耐久性抜群の生地で作られています。外側は丈夫な綿生地、内側は肌触りの良いメッシュ生地となっていて重さ10kgまで耐えられる構造になっています。ワンちゃんが飛び出さないようバックにはループがついています。ループはあえてバックの底部についていて飛び出しづらく、首からつるされた状態にならないようになっています。肩ひもは調節可能で男女兼用で使用可能、肩紐の幅も厚めにできているため安定性があります。サイズ:44×16×31、重量:387gと軽量に作られています。バックのサイドにはポケットがついていて、携帯やワンちゃん用のおやつなどが入れられます。

ペットキャリーリュック

ペットキャリーバック(リュックタイプ)

リュック両面がロールアップできる仕様になっており、夏場外出の際ロールアップをすれば通気性がとてもよくなっておりワンちゃんが中にいても蒸し暑くならず快適に過ごすことができます。また、肩ベルトが幅広くできており、独自の曲線とこだわりのクッションで長時間使用しても疲れにくく、背面にはスポメッシュ生地仕様で肩や背中への負担を軽減するとともに背中が蒸れにくくなっている。底板はトイレシートを固定できるゴムがついており、お漏らしをして片付けが大変になる心配なし。ベルトには通気クッション付きで胸と腰に固定ベルトありで安定性がいい。スーツケースへ固定できるベルトも付いており、使用しないときには折りたたみも可。食事をする際、椅子への固定もできるため安心。

ペット用スリング

お散歩、お出かけ、どこでもペットと一緒

このバックを使えば甘えたなワンちゃんもお外が苦手なワンちゃんも抱っこで一緒に楽しくお出かけができます。荷物など両手で持ちたいとき、病院に行くときや待合の時間に。肩紐は幅広い作りになっており、飼い主さんの負担も軽くでき斜め掛けするのにも楽ちんです。デザインは立体的にできており、ワンちゃんの体をしっかり包み込んでくれる仕様になっています。また、万が一の時のための飛び出し防止のために飛び出し防止用ストラップも付いています。生地は頑丈にできており、約3~5キロのワンちゃんに適しています。全13色あり、ワンちゃんの性別や毛色などに合わせて選ぶこともできます。

③折りたたみキャリーバッグ1選

FEANDREA ペットキャリー

おしゃれなベージュ色のキャリーケース

キャリーケースの素材は高品質のオックスフォード生地+メタルチューブ+起毛マットから作られています。本体は2.62kgと軽く、持ち運びも楽々です。内部左右に高品質なメタルチューブがデザインされており、キャリーケースの形が崩れにくく、ワンちゃんの可動範囲をしっかり確保してくれます。底部には起毛マットがついており、手洗い可能です。また、そのマットを利用し普段のお家としても利用可能です。汚れた場合は、柔らかいブラシで軽くこするだけでOK!更に内部のメタルチューブを取り外せば全体が水洗いでき、飼い主さんにとってもワンちゃんにとっても常に清潔な状態で使えます。

④カートタイプキャリーバッグ2選

ペットカートMINI

パートナーと一緒の時間を増やそう!

1~2頭用のペットカートになります。耐荷重は約9kgになりますので、ワンちゃんの体重に合わせて乗せる頭数を調整してください、ペットカートの正面には開閉可能な大きなメッシュの窓付き。ファスナー付きのため開閉が楽にできます。(カバーのずれによってファスナーが締まりにくいことがありますが、その際はカバーを引っ張りながら閉めてみて下さい)前後と上にメッシュ窓があり、ワンちゃんにとっては外の景色が確認でき、飼い主さんもカートを押しながら中の様子を確認できます。メッシュの窓は閉じていても通気性抜群!夏場でも暑くなりすぎることがありません。また、メッシュ部分はひっかいても丈夫な生地で作られています。

Folding Pet Cart QUICK

小回りがきく3輪・折りたたみキャリーカート

3輪になっていてタイヤにサスペンションがついていることで方向転換がしやすく、ワンちゃんが地面の振動を感じづらくなっています。 お雨林にはストッパーが2つ付いているため、少しでもカートを手放す場合にはストッパーを下げておくと安心です。出入口が前後についており、どちらからでもワンちゃんを出すことが可能です。出入口のメッシュ扉には止め紐がついており常に開けておくことも可能です。カートの下には収納カゴがついていて、ワンちゃんのおやつや飼い主さんの荷物などまとめて入れられます。カートの手持ち部分にはドリンクホルダーの取り付けも出来、ちょっとした休憩にはドリンクを置いて休むこともできます。耐荷重役20kgで、小型犬2頭、中型犬なら1頭乗ることができます。

⑤ドライブ用キャリーバッグ3選

ペット用ドライブボックス

飛び出し防止ペット用ドライブボックス

600D厚地ポリエステルオックスフォード布を使用しており、丈夫で耐久性や耐摩耗性にとても優れています。支え棒は直径2cmのチューブに改善しており、ボックスの後ろに一つの固定用ストラップを増やし、ボックスを固定します。シート裏面は防水コーティングで加工されていて、撥水機能がアップしています。万が一、ワンちゃんがおしっこをしてしまっても拭くだけでお手入れが完了できます。洗濯することも可能で、常に清潔を保つことができます。ボックスの両側はメッシュ仕様で通気性が良くなっており、ペットの状態も見やすく安心です。前面にはポケット付きで、ワンちゃん用のおもちゃや小物の収納ができます。

ペット用ドライブボックス

通気性抜群ペット用ドライブボックス

サイズ:43㎝×32㎝×23㎝ 色:グレーこのドライブボックスには二つのメッシュ側面があって、通気性抜群な仕様となっています。ワンちゃんはもちろん、猫、ウサギなどの小、中動物に使用することが可能です。このドライブボックスには二つの支え板があって、形が崩れにくくなっています。メッシュ素材を使用し、飼い主さんとワンちゃんはお互いの顔が見れるためとても安心して移動できます。ポケット付きで、ペット用品、おもちゃ、飲み物などを入れることができるため、長距離のドライブに適したドライブボックスになります。コンパクトで折り畳めて、持ち運び便利なため女性でも扱いやすい製品となります。

ペット用ドライブボックス

2020年最新型ドライブボックス

全車種・15kg以下のワンちゃん対応可能なドライブボックスです。固定ベルトは長さ調整可能なためワンちゃんが外を見渡せる高さに合わせたり、座席に置くことが可能です。ベルトは丈夫な作りになっていて、ボックスもしっかり固定でき、飼い主さんは安心して運転できます。ドライブボックスを使用しないときはコンパクトに折り畳め、邪魔にならずに済み、装着も楽にできるためとても便利です。商品が改良され、ドライブボックスに使用されている支える棒は崩れも曲がりもしにくくワンちゃんの安全をしっかり守ってくれます。耐久性・耐摩耗性に優れた高品質素材を使用していることと併せ、防水加工も施されています。そのため、長く使ってもらえることも魅力のひとつです。

【結論】犬は鰹節を食べても大丈夫!

鰹節といえば「犬」よりも「猫」というイメージが強いですが、鰹節は犬に対して与えても大丈夫な食材なんです。 鰹節は他のおやつと比べ、原料が鰹だけなので保存料や化学調味料などが入っていません。人間用も犬用も特に分けて作られているわけではないので人間用で売られている鰹節を愛犬に与えても問題ありません。また、鰹節の成分は脂肪分が少なく、非常にミネラルが多い食材です。ミネラルは鉄分のような成分のため、栄養というより血圧や筋肉、または神経など正常な犬の体の働きを助ける重要な成分となります。ただし、主食で毎日与える程のものではありませんが、餌に混ぜて栄養素を補給することが望ましいと考えられます。

愛犬に鰹節を与えるメリット

犬に対して鰹節を与えても問題がないことは上記記載の通りです。では、鰹節を与えることで何かメリットがあるのでしょうか?鰹節は餌に混ぜて与えたり、おやつとして与えたり、簡単に与えられるものです。もしメリットがあるのであれば、積極的に取り入れてみたいですよね。調べてみると鰹節には犬に対していくつかメリットがあるようです。 それでは下記に愛犬に鰹節を与えることで起こるメリットを記載してみましょう。

①ミネラル

鰹節にはミネラルが豊富に含まれています。ミネラルには血圧の調整や神経を安定させる働きがあります。 またミネラルは栄養というよりも無機質にあたる部分で血圧や筋肉や神経など正常な体の働きを助ける重要な成分となります。そのミネラルの中でもカリウムが特に多く、100g中940mgも含まれています。カリウムは体に含まれている余分な塩分(ナトリウム)を排出する効果があることから、利尿作用や血圧を下げる働きに期待ができます。また、鰹節の成分には脂質が少なく、100gのうちたった2gしか含まれない特徴があります。そして、他にもたくさんのうまみ成分が含まれているため、そのうまみ成分が体内の細胞を活性化させ、新陳代謝を促進させることで免疫力の向上にも効果を発揮します。

②カルシウム

カルシウムは人間だけでなく、犬にとっても重要な栄養素になります。 鰹節にはビタミンDが含まれているため、カルシウムの吸収も促進し、骨粗しょう症の予防にも効果があります。カルシウムは犬の骨や歯を健康にするだけでなく、筋肉や神経を正常に動かす働きもあります。 人同様、カルシウムが不足してしまうと骨から血液にカルシウムが溶け出し、足りなくなったところまで送られます。カルシウムが溶け出すことが続くというということは、骨がもろくなり、骨折しやすくなるということです。そのため、手軽に摂取できる鰹節を与え、カルシウムを積極的に摂るようにし、骨の健康維持を心掛けてあげることが愛犬を守ることにつながります。

③疲労回復

かつおだしにはイノシン酸、グルタミン酸、グアニル酸、アスパラギン酸、ヒスチジンなどのうまみ成分と言われているような成分が含まれています。通常では【うまみ成分】とだけ紹介されるこれらの成分ですが、この中のヒスチジンとアラニンが結合してできた物質には疲労回復効果があることが分かっています。カツオは休まずに泳ぎ続けることができる魚ですが、休まず泳ぎ続けられるのにはこの物質による働きが大きいのではないかと言われています。 また、血流をよくする効果もあるため、目の疲れに効いたり、自律神経のバランスが整ったりすることも分かっています。血流が増えることにより、緊張や疲れもほぐしてくれる効果があるようです。

④低カロリー

鰹節のカロリーは100gあたり約356カロリーほど。これを削り節にするとかなりのボリュームとなるが、実際に与えても大丈夫な量はだいたいひとつまみ程度で、ひとつまみで2~3g程度になります。 また、カロリーに換算しても約7~10.5カロリーくらいなのです。またそれに加え、鰹節自体の脂肪分もわずか3パーセントというヘルシーさです。栄養価が高く、ヘルシーな鰹節は愛犬の健康を維持しながらダイエット効果も期待できそうです。また、ダイエットに関連づけて話をすると塩分も100gあたり0.3g程度と意外にも少ないのです。塩分の摂り過ぎを心配する飼い主さんであればとても適した食材だといえるでしょう。実際に与えても大丈夫な量としてはだいたいひとつまみほどで、ひとつまみで約2~3g程度にしかなりません。カロリーで換算しても約7~10.5カロリーくらいなのです。更には、鰹節自体の脂肪分もわずか3パーセントというヘルシーさとなっています。

愛犬に鰹節を与える時の注意点

鰹節が犬にとって与えてもよい食材、むしろ与えたほうがよい食材であることが上記記載で分かりましたが、ただ与えればよいというものではないのです。これは鰹節に限ったことではありません。愛犬に対して鰹節を与えるときの注意点を①適量②食性が変わる可能性③下痢/アレルギー④病気になる可能性の4点に分けて説明していきたいと思います。

①適量

愛犬に鰹節を与えるときはごく少量ずつ与えます。与える分量に正解はありませんが、与え過ぎはよくありません。 基本的な栄養は市販のドッグフードでまかなえるのです。鰹節は必ず与えなければいけないという食材ではありません。飼い主の方はそれを念頭に置き食べることを楽しんでもらう為のプラスアルファの食材として捉えることを忘れずに。上記のことを踏まえ、1日1回、ひとつまみ2g程度の量を与えると与え過ぎにはなりません。

②食性が変わる可能性

上記の通り鰹節を適量与える分には問題ないのですが、鰹節を与える量が多くなってしまったり、与える頻度が多くなったりすると鰹節の味を覚えてしまい、今まで食べていたご飯を食べなくなることがあります。 鰹節自体はどちらかというと味の濃い食材になります。そして、犬は味覚が鈍い動物です。そのため、鰹節に慣れてしまうと上記のように普段食べているご飯を食べなくなるのです。これはすべての犬に当てはまるというものではありませんが、飼い主は上記のようなデメリットもあることを覚えておかなければいけません。

③下痢/アレルギー

犬に鰹節を与えるときに一番気を付けたいのがアレルギーです。鰹節は魚を乾燥させ作られたものです。魚自体はアレルギーを起こしにくい食べ物ではありますが、100パーセントアレルギーは起こらないとは言い切れません。アレルギー以外にも下痢の症状にも気を付けなくてはいけません。飼い主さんにとっては下痢のほうが愛犬の体調の気付きやすいかもしれません。 鰹節が犬の体質に合わなかったときなどアレルギーも含め、下痢を起こしやすくなります。発心が出て体を痒がったり、下痢の症状が出たときは直ちに与えるのをやめてください。 アレルギーや下痢の症状が出る可能性はゼロではない為、①で記載したように最初は少量ずつ与え、ご飯後の愛犬の様子を見たり、毎日の便の状態を見ておくことが大切です。

④病気になる可能性

鰹節を与えていると病気になってしまう可能性があります。元々は人間の食べるものですし、基本的にはドッグフードだけで栄養が補えるところをプラスアルファとして取り入れているものですから病気の可能性が出てきても不思議ではありません。病気に対してはどういったところに気を付ければいいかというと、まずは【尿路結石】です。 鰹節にはリンとマグネシウムが多く含まれており、鰹節の過剰摂取は尿道結石になる恐れがあるため与える量に注意が必要です。 次に【高カリウム症】です。鰹節にはミネラルが多く含まれており特にカリウムが多いと記載しましたが、カリウムを多く摂取してしまうと、高カリウム血症になる可能性が出てきます。ただ、カリウムが多いのは鰹節に限ったことではありませんので与える量に気を付ければ問題ありません。最後に気を付けなければいけないものは【心臓に負担をかけること】です。 犬は人間と違い、汗をかいて塩分を外に出すことができないため塩分の過剰摂取には注意が必要です。 塩分を過剰に摂取してしまうと心臓に負担がかかります。ただし、塩分が不要というわけではありません。塩分が不足してしまうと、食欲不振・筋肉痛・血液濃縮等の症状が表れます。そのため、普段あげているおやつを鰹節に変え、ドッグフードと合わせて塩分がどのくらいになるか確認しておくことが大切です。

愛犬に鰹節の与え方

鰹節の与え方には気を付ける点がいくつかありましたが、鰹節はどうやって与えたらいいのでしょうか。下記いくつか記載してみます。まず、鰹節には薄く削った「薄削り」や主に出汁を引くのに使われる「厚削り」、香り付けやトッピングに使われる「粉末品」などのタイプに分けられます。 まず、「薄削り」タイプですが、ひとつまみ分をそのまま与えてもいいですし、普段食べているドッグフードに混ぜるのもアリです。ただ、ドッグフードに混ぜるときは注意が必要で、ドッグフードの上に乗せただけでは鰹節のみを食べ、ドッグフード自体を食べてくれないことがあるため、ドッグフードと混ぜ合わせることが必要となります。その時の量はもちろんひとつまみ分です。 次に「粉末品」ですが、こちらのタイプもドッグフードに混ぜて与えることが可能です。この時もドッグフードとしっかり混ぜ合わせることが大切です。また、粉ミルクを飲んでいたり、ウェットフードを食べている時期であれば、粉ミルクに溶かして与えたり、ウェットフードに混ぜて与えることもできます。粉ミルクやウェットフードのほうが固形のドッグフードに混ぜて与えるよりも混ざりやすく、与えるのがラクかもしれません。 最後に厚削りタイプですが、ドッグフード等に混ぜて与えることは難しいので、そのままおやつとして与えるのがいいでしょう。厚削りタイプは与え過ぎてしまうこともあるので、量に注意しましょう。上記とは別に、鰹節のだし汁を活かす方法もあります。だし汁であれば混ぜやすいことももちろんですが、食餌に水分も加わるため、普段水をあまり飲まない子の水分補給として、またフードが柔らかくなるため食欲が低下している子などに適しています。

犬用のおすすめな鰹節おやつ9選

ペッツルート (Petz Route) 無添加 まぐろけずり ふわふわ花 犬猫用 20g×2個

ふわふわで小さめの削りが特徴の鰹節となっています。

小さめの削りが特徴のため、ふりかけとしても代用が可能です。 また削りが小さいため、そのまま与えるとしても小型犬から大型犬まで与えやすい大きさになっています。また、たんぱく質が65.0%以上、脂質1.0%以上、粗繊維0.5%以下、灰分6.0%以下、水分21.0%以下の商品となっています。与える量は記載通りの量で、1日2回に分けて与えるとなっていますが、愛犬の体調やその日の運動量により与える量は調整してあげて下さい。1袋当たりのナトリウムは約170mg(食塩相当量は約0.45g)のため、食塩量を気にされる飼い主さんにも安心して与えられるものになります。

鰹節 くいしんぼ 犬・猫ちゃん大好き 花かつお 30g

鰹節を丁寧に削り、香りが良く旨みが際立つ仕上がりとなっている商品です。

カビ付けをしていない鰹節を丁寧に削っているため、香りが良く旨みが際立つ仕上がりになっている鰹節となっています。香りがよい仕上がりとなっているため、ワンちゃんの食いつきもいい商品となっています。保存方法としては直射日光・高温多湿を避けた保存が必要で、賞味期限にかかわらず早めに与えてあげることが必要です。また、開封後は必ず冷蔵庫での保存をしてください。カロリーは300カロリー/100gとなっています。内容量が30gのため、一袋で100カロリー以下の低カロリーとなっていますが、与える量は必ず適量を守り、与えて下さい。

マルトモ 減塩かつおだいすき 40g

ペットの健康・栄養を考えた低塩分の鰹節の商品となります。

塩分は、約25%カット(100gあたり塩分0.9%以下)となっていますので、塩分が気になるワンちゃんに最適です。また、高タンパクで低脂肪の鰹節となっているため安心して与えることができます。鰹節は薄くスライスしているため、食べやすく、おやつに最適です。また、おやつだけでなくドライフード、ウェットフードのふりかけ用としても与えることが可能です。保存料、着色料は一切使用していませんないため、その点でも安心して与えて頂けます。1日当たり10~15gを1~2回に分け与えて頂けますが、ワンちゃんの健康状態や年齢、運動量等を確認の上与えて下さい。

匠の逸品 かつおふりかけ 60g

無添加・国産のワンちゃん用おやつ

本品は厳選素材を使った無添加・国産の「こだわり」商品となっています。ワンちゃんの健康を第一に考え、素材感を重視し、国内の工場でひとつひとつ丁寧に手作業で作った逸品となっています。たんぱく質は75.7%以上含まれており、高たんぱくとなっています。本品はペット用のため、用途を守っていただきたいです。自然素材で作られているため色形等にばらつきがあります。与える量は健康状態・年齢・健康状態により調節してください。与えるときはワンちゃんがのどに詰まらせないようにするため、飼い主の方の目が届く範囲で与えて下さい。保管の際は直射日光・高温多湿を避け、保管してください。

ペッツバリュー 一緒にたべたくなる本かつお 厚削り 愛犬用 20g

一緒に食べたくなる国産無添加のワンちゃん用おやつ

本品は鹿児島の枕崎で水揚げされた本かつおを人が食べる食品の工場で丁寧に手間をかけ美味しく作った逸品となります。人が食べる食品の工場で作られていますので、安全性は保障されていますね。保存料・添加物・化学調味料不使用のため、愛犬に与える食事に気を使っている飼い主の方にはかなりおすすめの商品です。下記素材が含まれています。*EPA:青魚に多く含まれる体内でほとんど作ることができない「必須脂肪酸」の一種です*DHA:、オメガ3系列の多価不飽和脂肪酸で、青魚の頭部に多く含まれています*アンセリン:動物の筋肉中に含まれているペプチドでカツオなどの長距離を高速で泳ぐ回遊魚などの筋肉中に多く含まれており、うまみ成分に深く関係していると言われる本品は生後3か月未満のワンちゃんには与えないようにしてください。また、3か月以上のワンちゃんに与える際も、普段与えているドッグフードとのバランスを考え1日に数回分けて与えて下さい。与える量はワンちゃんの体調を見ながら少しずつ与えて下さい。

【ウィズ グリーンドッグ】 焼津かつお 厚削り 40g

焼津水揚げかつおを使用した厚削りカツオ

生食ではなく加工品はその加工過程で時間を要するため、獲れたときの“鮮度”がのちのち大切になります。その“まるまる鮮度ごと”保存する技術は、焼津という産地がベストです。そのベストな産地で水揚げされたカツオを使用した厚削りの鰹になります。良質なタンパク質が豊富、しかも低脂肪なため、カロリーを気にする飼い主の方にもお勧めできる逸品です。また、DHAやEPAなどの必須脂肪酸やビタミン、ミネラルも豊富に含まれているため、ドッグフードの補助食として適しています。「燻乾」という製法を使い、じっくり時間をかけて作られています。開封時に広がる芳醇な薫りと噛み心地のよさがワンちゃんの食欲を増進させます。

最後に

上記鰹節をワンちゃんに与えるメリットやデメリットを記載してきました。どちらかというとメリットの方が大きいように見えますが、そのメリットの中にも気を付けるべき点がいくつかあります。どんな食材でもそうですが、ただ与えるだけではなくワンちゃんの体調面、また併せて食材の栄養素すべてを含め、調べてから与えることが大切です。 愛犬がより良い食材を食べ、健康になるためにやみくもに選ぶのではなく、飼い主さん自身が事前の下調べの上愛犬に一番合うものを見つけてあげることが大切です。

犬用耳掃除グッズの選び方

飼い主さんが家庭でできる愛犬の耳掃除は、愛犬のコンディションをチェックし、病気の予防や早期発見につながる大事なケアの一つです。犬種によって耳の形が違い、中には耳のトラブルを起こしやすい犬種もいます。愛犬に合ったお手入れの方法を選択することも重要です。 今回は、愛犬の耳掃除に便利なグッズやお手入れのコツを紹介します。

・手軽なケアならシートタイプで簡単に

愛犬の口、耳、目などに使える便利なウェットシートは、耳掃除に重宝します。 汚れが気になった時、お散歩から帰ってきて足を拭くついでの時など、ササっと取り出して使えるので便利です。気が付いた時に手軽に耳のお手入れできるので、汚れを溜めず、耳のトラブルを防ぐことが出来ます。耳掃除を嫌がる子にも、体や顔を拭くのと同じ感覚でできるので、ストレスが少なくて済みます。消臭成分や被毛ケア成分が配合された商品もあります。

愛犬の耳のチェックポイントは?

耳掃除の際に、愛犬の耳をよく観察してみましょう。健康な耳の内側はピンク色で、余分な耳垢や嫌な臭いもありません。犬の耳垢は黄色っぽい色をしていて粘り気が少なく、自然に外へと出ていく仕組みになっています。通常耳垢が溜まることはなく、雑菌の繁殖も抑えられています。 しかし、細菌感染、寄生虫症、アレルギー、異物の侵入などによって炎症が起こると耳垢の量が増え、色も変わり、痒みや痛み等の症状が出る場合もあります。 愛犬の耳をチェックするときは、耳垢の色、質感、臭いや耳介の腫れなどがないか注意して観察しましょう。

・要チェック!こんな耳垢は耳トラブルのサイン

黒く乾燥した耳垢は、耳ダニ(0.3~0.4㎜程度の小さなダニ、ミミヒゼンダニ)感染症で多く見られます。耳垢の量も多く、強い痒みを伴うことが一般的です。湿った黄色い悪臭と伴う耳垢は、細菌感染のケースでよく見られ、耳道が化膿した状態と言えます。茶色のワックス状の耳垢は、マラセチアと言われる酵母の感染で多く見られます。黄色のワックス状~油状の耳垢は、脂漏症で見られます。 また耳を触られるのを嫌がったり、頻繁に頭を振ったり耳を掻いたりする行動も、耳のトラブルのサインです。 このような症状が見られた場合は、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

定期的なお手入れ用のグッズは、犬種に合わせて選ぶ

定期的にしっかり行う耳掃除のグッズは、犬種に合わせて選ぶのがおすすめです。犬種によって、耳道や耳介の形が違い、耳の中の環境は異なります。また皮脂の多い、少ないといった体質によってもお手入れのコツがあります。ここからは犬種によるおすすめのグッズを紹介していきます。

・耳の垂れた犬種はパウダータイプがおすすめ

ビーグル、ダックスフント、レトリーバー系、スパニエル系など、耳の垂れた犬種は多くいます。このような犬種には、パウダータイプのイヤークリーナーがおすすめです。 耳の垂れた犬種では、耳道内の湿度が高く、雑菌が繁殖しやすく、耳のトラブルが起こりやすいです。そのため定期的な耳掃除は欠かせません。 パウダータイプのイヤークリーナーは、耳の汚れを絡めとり掃除がしやすくなります。乾燥した状態を保つ事が出来るので、耳の不快感も軽減されます。

・オイリーな犬種は低刺激タイプの洗浄液がいい

アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル、ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア、バセットハウンド、シーズーなどは、皮脂が多く、他の犬種よりマラセチア症などの耳のトラブルになりやすいです。 このような犬種には、アルコールフリーなど刺激の少ない洗浄液で、丁寧な耳掃除をすることがポイントです。皮脂の多い犬種は、皮膚が敏感で炎症を起こしやすい肌質でもあるので、アルコールなど刺激の少ないイヤークリーナーで優しくケアしてあげましょう。

性格や体質に合った、負担の少ないものを選ぶのも大切

耳は犬にとっても敏感でデリケートな部分です。犬の性格によっては飼い主さんであっても触られるのを嫌がる子もいます。耳掃除が苦手な子や、皮膚や粘膜が敏感な体質な子など、イヤークリーナーを選ぶポイントを紹介します。

・耳掃除が嫌いな子なら無臭タイプに挑戦

愛犬は飼い主さんの行動をよく観察しています。特に、愛犬にとって嫌いな行動を飼い主さんがとるといち早く察知し、逃げて行ってしまうことも…。耳掃除が嫌いな子は、一度覚えてしまうと、イヤークリーナーの臭いにも敏感に反応してしまいます。そんな時は無臭タイプのクリーナーを使って、逃げられる前に素早く捕まえて済ませてしまいましょう。 愛犬にとって嫌な事は、短時間で手早く終わらせてあげるのがコツです。

・皮膚が弱い子ならアルコールフリーをチョイス

皮膚が弱く炎症を起こしやすい体質の子には、アルコールフリーの商品がおすすめです。 耳の内側は、体の皮膚の中でも特に傷つきやすくデリケートな部分です。イヤークリーナーは、商品によっては有効成分の基材として、または消毒用として、アルコールが含まれているものも多いです。アルコールが含まれていると小さな傷でも浸みて刺激になる事もあります。皮膚の弱い子には特に注意してケア用品を選んであげたいですね。

・いたずらな子なら舐めてもOKな商品を

子犬やいたずら好きな性格の子は、何でも口にしてしまう可能性があります。耳のお手入れの際に、クリーナーのボトルを持って逃げたり、じっとしてくれないので液状のクリーナーが飛び散って舐める、なんてことも起こり得ますね。 舐めてもOKと表示されている商品を選べば、万が一の時にも安心です。 特に子犬の時期は、いたずらが大好きですので、ケア用品の成分もちゃんとチェックしておきましょう。

愛犬の耳掃除方法を紹介

家庭で行う愛犬の耳掃除は、耳のトラブルを未然に防ぎ、健康に保つために大切です。ところが、やり方には注意が必要な事もあります。耳毛の処理、耳の拭き方や耳垢の掃除について、注意点とポイントを紹介していきます。

①耳毛カット

耳の毛を処理しておくと、耳道の通気性が良くなり、雑菌の繁殖を抑え清潔に保てます。また、耳毛に耳垢が絡まり、掃除の邪魔になったり汚れの原因になったりします。 耳毛の処理には、毛を抜くのではなく、トリマーさんにカットしてもらうのが良いです。 毛を抜くのは愛犬に苦痛を与えるだけでなく、炎症を引き起こす原因になる事も。耳毛の処理はプロに頼みましょう。

②耳介を優しく拭く

耳の病気やトラブルが無ければ、家庭での耳掃除は耳介(外耳手前の目に見えているヒダの部分まで)を優しく拭くだけで充分でしょう。 柔らかい布やコットンに、イヤークリーナーを染み込ませて拭きます。擦らないようにするのがポイントです。液体のイヤークリーナーを耳に注いで耳道を洗浄するのは、こびりついた汚れを取るのが難しく、かえって耳のトラブルを悪化させる場合もあります。気になるほどの汚れがある場合は、かかりつけの獣医師に相談し、ケアの方法も教わると良いでしょう。

③綿棒を使った耳垢掃除はしない

愛犬の耳掃除に綿棒を使うと、耳垢を耳道の奥まで押し込んでしまう恐れがあります。耳にトラブルがある場合、悪化させることもあります。そもそも健康な耳は耳垢が少ないので、耳垢が気になる場合は獣医師の診察を受け、治療をする必要があります。耳のケアについても獣医師の指示に従い行うようにしましょう。

犬用耳掃除グッズのおすすめランキング10選

ウェットティッシュ お口・耳・目用 ペット用 270枚入(90枚入×3個パック)

コスパも抜群!いつでも簡単に耳のお手入れが出来るウェットティッシュ

気になった時、いつでも簡単に取り出せてササっと拭けるウェットティッシュは、愛犬の日ごろのケアで重宝します!お散歩やご飯の後など、耳のケア以外にも活躍の場面が多く、持っておきたいグッズです。緑茶の天然消臭成分が配合されているので、汚れと一緒に気になる臭いのケアにもピッタリです。被毛ケアに嬉しいヒアルロン酸も配合されています。体に使って毛艶が良くなったと感じる飼い主さんの声も!もちろん舐めても問題のない成分で、肌に優しい弱酸性。ノンアルコールなので、敏感肌の愛犬も使用できます。90枚入り3個パックでこの値段は、飼い主さんにも優しいですね。

オーガニック コットンシート 80枚

肌の弱い子、小型犬に便利 薄くて丈夫、こだわりのオーガニックコットンシート

口の中やデリケートな耳の内側の皮膚に優しい無農薬栽培の100%オーガニックコットンシートです。水に強く、薄くて丈夫なので、耳のお手入れ以外にも、歯磨きシートや目ヤニとり、涙やけなど、愛犬のお顔周りのケアに活躍します。イヤークリーナーやマウスクリーナーを染み込ませて使うと便利です。 小さく切って飼い主さんの指先に巻き付ければ、小型犬の口や耳の細かなお手入れもできて便利です。この価格、品質で80枚入は嬉しいです。

猫と犬用耳クリーニングシート – ココナッツオイルとアロエエキスを含んだシート100枚

耳ダニ治療、耳の感染症のケアに 天然素材で安心の耳そうじ用シート

耳ダニ症や感染症などの耳のトラブルの際のケアにはこちらの商品がおすすめです。円形のしっかりとしたコットンシートにココナッツオイル、アロエエキス、ヤシ油などの天然由来成分のイヤークリーナーが染み込ませてあり、取り出して拭くだけで簡単にお手入れが出来ます。耳の中の汚れや耳垢を取り除き、清潔に保つことで、細菌の増殖を抑制します。優しい肌触りのシートはデリケートな耳の中を痛める心配がありません。耳掃除のあとはスッキリした香りが漂います。環境にも配慮した原材料とパッケージは愛犬にも地球にも優しいです。たっぷり100枚入りです。

ギムボーン イヤーパウダー M

ジメジメ汚れの耳のケアにはこれ1本 パウダータイプのクリーナー

耳の垂れた愛犬の、ジメジメした耳の汚れにはこちらの商品がおすすめです。きめ細かい超微粒子のパウダーが、耳の中を乾燥状態に保ちます。耳の汚れをクリーナーで取り除いた後、この商品を軽く吹きかけて全体にまぶします。ジメジメ汚れの不快なにおいも抑えられ、赤みや痒みがあった耳も良くなったという飼い主さんの声が多いです。小型犬のお耳には、一度コットンなどに少し出してから使うと良いです。垂れ耳の子の飼い主さん必携の商品です。

飲むお手入れ! 耳掃除ラクヤー

耳掃除がどうしてもできない愛犬に 飲む耳手入れ剤

まさかの飲む耳手入れ剤です!耳のお手入れを楽にするサプリメントです。耳掃除がどうしても嫌いで触らせてくれない愛犬のために試す価値はあります。魚由来のコラーゲンや、オリーブ葉抽出物、プロポリスエキスなど天然成分を主成分としたサプリメントです。効果には個体差がありますが、しばらく飲んでみると耳の症状が和らいだという飼い主さんの声も。今すぐ何とかしたい、という場合には向きませんが、普段の耳掃除を楽にするので、愛犬の耳のお手入れを面倒に感じる飼い主さんにもおすすめです。これ1本で小型犬なら3ヶ月分というコスパもありがたいですね。

フォン・マックス

舐めてもOK 耳に直接入れる洗浄液

耳に直接入れるタイプの洗浄液を使いたい飼い主さんには、愛犬が飛び散った液を舐めてしまっても大丈夫なこちらの商品をおすすめします。人間が飲用可能な発酵アルコールを使用しているので、いたずら好きな愛犬や、若い子にもおすすめです。耳に数滴入れた後、耳の付け根を優しくマッサージしてあげます。洗浄液が泡状になり、耳の中の汚れが浮き出るので、使用後に愛犬がブルブルっと頭を振ったらコットンで拭き取ると、耳の奥まで洗浄できます。耳掃除が嫌いで手早く済ませたい場合にも重宝する商品です。

除菌 洗浄剤 除菌スプレー 《 ペット 用 》 消臭 抗菌 《 ニオイ 汚れ 対策 》 無添加 無香料 300ml 【 多用途抗菌剤 天然素材 100% 】

天然素材でできた超多用途消臭・抗菌スプレー

顔まわりのお手入れから、食器、おもちゃ、トイレまで、これ1本で愛犬のケアを幅広くカバーする多用途消臭・抗菌スプレーです。純粋とホタテの貝殻パウダーで生成されたホタパ水は、天然素材100%、無添加・無香料だから安心して愛犬に使えます。耳のケアにはコットンなどにシュッとひと吹きして使います。耳ダレの悪臭予防、マラセチアなどの外耳炎の予防に役立ちます。高い消臭力を発揮するので、トイレやお散歩から帰ってきた後の足ふきにも便利との飼い主さんの声も。詰め替え用もありますよ。

イヤークリーナー 耳の洗浄液 無香料 無着色 アルコールフリー 100mL

肌の弱い子、耳掃除が嫌いな子に 無香料、無着色、アルコールフリーのイヤークリーナー

肌の弱い子のために、アルコールフリーのイヤークリーナーを検討している飼い主さんにおススメです。また、無香料、無着色なので、耳掃除が嫌いだった子が、嫌がらなくなったという飼い主さんの声も。これから耳のケアを始める若い子にもピッタリです。クリーナーの有効成分は、天然の消臭・殺菌成分である柿タンニンです。アルコールを使っていないので、飼い主さんの手荒れも起こしません。コットンに染み込ませて優しく耳を拭いてあげましょう。

ベッツケア イヤークリーナー

プロも使っている イヤークリーナーの定番

フランスのペットケア用品メーカー、ビルバック社のイヤークリーナーです。動物病院やトリマーでも使われているイヤークリーナーの定番商品です。日ごろのお手入れでも家庭でしっかり耳のケアが出来ると飼い主さんにも好評です。コットンに染み込ませる、耳に直接入れるなど愛犬に合った方法で使用できます。ケアの後はシトラスの香りがほんのり漂い爽やか。しっかりお手入れしたい飼い主さんにおすすめです。

ノルバサンオチック

プロ愛用 高い洗浄力のイヤークリーナー

こちらの商品も、プロが愛用するイヤークリーナーの定番商品。獣医推奨品の高い洗浄力を発揮する洗浄液です。ラベンダーの爽やかな香りと消臭・鎮静効果があり、耳を清潔で健康に保つことが出来ます。コットンに染み込ませるか、耳に注いで使うことが出来ます。感染症やアレルギーなど、耳のトラブルに悩んでいる愛犬に選んであげたい商品です。

愛犬の腎不全…何をあげたらいいの?

愛犬が高齢になってくると気をつけたい病気のひとつが慢性腎不全です。一度慢性腎不全になってしまうと、ダメージを受けた腎機能は回復させることが出来ません。治療では残された腎機能を長く温存させることが目標となります。 治療の中で最も大切なのが、腎不全の初期のステージから始める食事療法です。 ですが、食事療法は、療法食だけだと単調になりがちです。そこで今回は、腎臓に負担をかけないおやつで、楽しみながら愛犬の健康寿命を延ばす工夫を紹介します。

あげない方が良いおやつ

1.タンパク質が多いもの

慢性腎不全の食事療法として必要な事の一つ目が、タンパク質制限です。本来、犬は肉食動物なので、タンパク質が豊富に含まれているお肉が主食です。 しかし、タンパク質を摂り過ぎると、血液中に代謝産物である尿素が増え、腎臓での血液のろ過に負担をかけることになります。 そのため、腎不全の犬に必要なカロリーは、タンパク質の分量を減らし、炭水化物と脂質で補う必要があります。おやつを与える場合も、ジャーキーやささみなどの肉類で、タンパク質が多く含まれるものは避けましょう。

2.リンが多いもの

リンは体の中のいろいろな部位に存在していますが、その代謝や量の調節には、腎臓が重要な働きをしています。 また、体の中のリンは、カルシウムと一緒に調節されており、腎臓でリンを排泄すると同時に、カルシウムの再吸収が促進されます。リンを多く含む食事を摂取し続けると、余分なリンを排泄し、カルシウムを再吸収しようとして腎臓に負荷がかかるため、食事から摂取するリンの制限が必要です。リンは肉類のほかに、魚介類、甲殻類、ナッツ類に多く含まれますので、与えるのは控えましょう。

3.ナトリウムが多いもの

食事に含まれるナトリウムは、食塩の形で摂取され、腎臓で排泄されます。腎不全に陥っている場合、過剰に摂取したナトリウムの排泄が間に合わず、血中に多くナトリウムが残ってしまいます。すると、血液中の水分量が増えるとともに高血圧を招き、腎臓での血液のろ過に負担が増してしまいます。そのため腎不全になると、ナトリウム制限が必要です。 特に注意したいのは、人間の食べ物です。人間の食べ物は犬にとっては塩分が強すぎるので、与えるのは控えましょう。

あげた方が良いおやつ

1.野菜が多いもの

“野菜にはビタミン類が多く含まれ、水分も多いので、慢性腎不全の犬に与えることが出来るおやつの一つです。 しかし、繊維質が多く含まれるものは便秘になる場合もあるため注意が必要です。 また、腎不全が進行してくると、カリウムの排泄が減少し、血液中のカリウムが上昇してしまうため、制限が必要になります。野菜に含まれるカリウムはゆでて煮こぼすことができるので、ゆで野菜を与えましょう。ゆでたブロッコリー、サツマイモ、キャベツなどがおすすめです。

2.ペット用ボーロ

ペット用ボーロは、デンプン質(炭水化物)でできているので、慢性腎不全の犬のエネルギー補給として活用できるおやつです。ただし、ミルク入りボーロはタンパク質を多く含むため避けましょう。 また、人用のボーロは塩分が多いので犬には与えないようにしましょう。

3.腎臓に優しいもの

慢性腎不全用に市販されているペットフードやおやつ(トリーツ)は、低タンパク質、低リン、低ナトリウムになるように調整され、きちんと栄養成分が分かっているので安心です。多少費用がかかってしまいますが、慢性腎不全において食事療法は非常に大切です。愛犬のために検討してみてはいかがでしょうか。

腎臓に優しいおすすめペットフード

慢性腎不全のケアに欠かすことのできない食事療養ですが、慢性腎不全に陥った犬は、食欲にムラがあったり、療法食を食べ飽きることも多いようです。様々な商品を上手く活用し、愛犬にも楽しく腎臓ケアを行っていきたいですよね。主食となるドックフード、手作りしたい飼い主さんに便利な手作り食の食材、腎臓にやさしいおやつ、腎臓をケアするサプリメントを紹介します。

・売れ筋ドックフード5選

リナールアクティブ

厳しい基準をクリアしたイタリアのメーカーの腎臓病用療法食

フォルツァディエチ「FORZA10」は、さまざまな厳しい基準をクリアしたペットフードです。人間の食品同様のチェックを受け、オーガニック認定もされている信頼できるフードメーカーです。また、漢方や植物療法にも注目しています。アクティブシリーズは、消化の良い加水分解タンパクを使用した療法食シリーズです。弱った腎臓のケアに高品質のフードを使いたい、フードの原材料が気になる、犬本来の持つ健康力を食事でサポートしたい、という意識の高い飼い主さんに、是非ためしていただきたい商品です。動物病院で薦められた療法食から切り替える場合に選ばれやすいフードです。ドライフードの他に、ウェットフードもあります。使用する際は、かかりつけの獣医師と相談してから使うようにしましょう。

プリスクリプション・ダイエット ドッグフード k/d 腎臓ケア チキン入り

多くの動物病院と飼い主に支持される、ヒルズの腎臓病用療法食

多くの動物病院で療法食として処方されるフードの一つが、ヒルズのプリスクリプション・ダイエットシリーズです。220名もの獣医師や栄養学者が開発に携わっている療法食です。低タンパク、低リン、低ナトリウムの他に、弱った腎臓のケアにプラスしたいオメガ3脂肪酸も添加されています。ヒルズでは、安全性が確認されていない合成保存料や酸化防止剤を使用していないので、安全とは言い難い添加物を避けたい飼い主さんにもおすすめです。使用の際は、かかりつけの獣医師と相談の上、使用しましょう。

腎臓サポート ドライ 犬用

香りづけで食欲を刺激、大定番の腎臓病用療法食

ロイヤルカナンの療法食は、多くの動物病院と飼い主に支持されている人気の療法食です。リンを制限しながら、タンパク質や必須脂肪酸の含有量を調整することによって腎臓に負担をかけることなく必要な栄養素をしっかり補給することが出来ます。まず最初に使用した、いつもラインナップに加えている、という飼い主さんも多いようです。食欲不振が続く腎臓病の犬にも食べやすいよに考慮されており、香りづけによって食欲を刺激します。このフードなら安定して食べてくれる子も多いです。値段も比較的安いので、長く使うことを考えると嬉しい商品です。

インテグラプロテクト 犬用 腎臓ケア 鶏

良質の素材で嗜好性も高い、高品質のウェットフード

ドイツのメーカー、アニモンダ社のインテグラプロテクトシリーズは、必要最低限の原料を使った本当にシンプルな療法食です。原料も、人間の食品と同じレベルの物だけを使用しています。タンパク質とリンの含有量が抑えられており、長く食べ続けられるような良質の素材をつかって嗜好性も高めになっています。慢性腎不全で食欲が落ちてきた、品質のよいウェットフードを探している、という飼い主さんに是非試してもらいたい商品です。価格は高めにはなっていますが、よく食べてくれる!という子も多く、腎臓ケアにプラスしたいウェットフードです。

スペシフィック 犬用 低Na-リン-プロテイン 【CKW】

ドライフードにトッピングして食欲増進 デンマーク生まれの腎臓ケアフード

腎臓のケアに最適な、タンパク質、リン、ナトリウムの成分調整がされているウェットフードです。シュウ酸カルシウムやシスチン尿石の成分の元となるタンパク質も制限されているため、腎臓病以外の健康のケアをすることもできます。被毛の健康維持にも必要なオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を豊富に含む魚油を使用しています。いつものドライフードに飽きてきた、最近食欲が落ちてきて気分を変えたい、という場合にドライフードにトッピングして使うこともおすすめです。小さめの食べきりサイズのパッケージなので、小型犬にも使いやすいのが良いです。

・手作り食5選

犬猫用生肉 腎ケアプラス鶏ネック骨ごとミンチ

低リン、腎臓に配慮された生食で愛犬の食欲を刺激

国産鶏のせせりを骨ごとミンチした霊長食材です。低リンでカルシウムとのミネラルバランスが調整されているので、慢性腎不全の際にも安心して使えます。また、腎臓が気になる愛犬に嬉しい、腎臓をケアするサプリメント(国産なた豆、クルクミン)が添加されています。食いつきの良い鶏せせりは栄養価が高く、食欲不振の際にエネルギーを補給したい時にもおすすめです。使用している原材料は全て人間の食用レベルのもので、成長ホルモンや抗生物質を使用してい平飼いの鶏肉です。安心してあげられます。生食は愛犬の食欲を刺激し、生で食べる事で乳酸菌や酵素が摂取できます。食餌から水分補給できるもの嬉しいです。小分けブロックに入っているので使いやすく、フードにトッピングして与える事も出来ます。

腎臓 ケア プラス 国産 ベジタブル キューブ

解凍して混ぜるだけ 野菜の簡単手作り食

ニンジン、かぼちゃ、サツマイモ、ブロッコリーの4種類の野菜の冷凍食品です。野菜はビタミン類や食物繊維が多く、腎不全の際に是非使用したい食材です。腎臓ケアをサポートするコエンザイムQ10、利尿作用のあるタンポポ抽出物、抗酸化力のあるビタミンEを豊富に含んだ小麦胚芽油が添加されています。ラム、鶏、鹿、馬肉などの良質なタンパク質食材と合わせたり、いつものフードにトッピングして使うことが出来ます。面倒な野菜の下処理をする手間が省けるので、忙しいけど手作り食をしたい飼い主さんにもおすすめです。ブロック状になっているので、ストックから必要な分を切り分けて解凍するだけで使える手軽さも便利です。

馬肉スープ

水分補給と栄養補給に 馬肉スープ

国産馬のもも肉を煮込んだ馬肉スープが手軽に家庭でも使えて嬉しい手作り食の食材です。低温長時間で煮込んだ馬肉から、肉の栄養が十分に引き出されています。食欲不振、病中病後で水分補給と栄養補給を一緒にしたい愛犬にぴったりです。肉以外の調味料や添加物を使っていないので、腎臓が弱っている時にも安心して与えられます。1パック300グラムの包装を解凍して使います。湯せんで温めてあげると、愛犬の食欲を刺激し、お腹を温めてくれるので体にやさしいです。スープで野菜などを炊いてもOK。手作り食の「出汁」としても使えるのでレシピの幅が増えます。腎不全の他にも結石や膀胱炎など、泌尿器系のトラブルがある愛犬におすすめです。

ドッグフード フリーズドライ リンゴ

生りんごの風味がいつでも楽しめる フリーズドライりんご

犬のおやつとしても人気のフリーズドライりんごです。青森県産のりんごから、甘みと酸味の違う代表的な7品種をフリーズドライ加工しミックスされています。シーズンオフでも、生りんごの風味がいつでも楽しめます。食が細い、食べムラがある愛犬に試してもらいたいのがりんごです。りんごの持つ飽きの来ない優しい甘みと、食物繊維でお腹の調子も整えることができ、楽しく栄養補給が出来ます。スイーツ系手作り食をしたい飼い主さんにもおすすめです。いつものフードにトッピングすると単調になりがちなフードも気分を変えて楽しめます。

アマザケ<甘酒> 犬用

飲む点滴、甘酒 水分補給とカロリー補給に

秋田産のもち米と良質な米麹、奥羽山脈の清冽な水だけで仕込まれた手造りの甘酒です。ノンアルコール、砂糖不使用、もちろん無添加ですので、愛犬に安心して与えられます。甘酒は、人でも「飲む点滴」と称されるほど、栄養満点の飲みものです。ビタミンB、必須アミノ酸を豊富に含み、消化のしやすい発酵食品なので、弱った胃腸にも優しく、水分と一緒に素早くカロリーを補給できます。病中・病後、食欲不振の高齢犬に特におすすめです。また、腎不全の愛犬の夏場の体調管理にも役立ちます。家庭でも手作りの甘酒を簡単に与えられ、いざという時にストックがあると重宝する一品です。

・おやつ5選

すっきりボーロ 腎臓の健康に配慮

おしっこや膀胱、腎臓などの健康維持を考えて、獣医師が開発した国産ボーロ

愛犬のおしっこや膀胱、腎臓などの健康維持に配慮して、低ナトリウム、低リンに調整されています。リンの排泄を促し、カルシム不足を補います。L-アルギニン、L-オルニチン配合、話題のクランベリーエキス配合の獣医師開発の国産機能性ボーロです。主原料に小麦粉は使用せず、ジャガイモで作られています。栄養を楽しく補給できます。歯につきにくい特殊製法で、食べやすさにも配慮されています。食欲がない時は粉にして与える事もできて便利です。また、小包装されているのでいつも新鮮。小型犬にも食べやすい大きさ、形のボーロは、犬のおやつの定番です。ボーロを愛用している飼い主さんと愛犬にぷったりの腎臓病時のおやつですね。ただし、療法食ではないので、与えすぎには注意しましょう。

プリスクリプション・ダイエット 療法食 トリーツ食事療法

さまざまな疾患に対応した、療法食のおやつ

ヒルズの療法食プリスクリプション・ダイエットシリーズを主食にしている犬のために開発されたハードビスケットタイプの療法食おやつです。カロリーと食物繊維の量を調整し、食事管理を幅広くサポートします。腎臓病時(k/ⅾ)以外にも、c/ⅾ、j/ⅾ、l/ⅾ、r/d、w/ⅾを与えている場合に使用できるように調整されています。主原料はトウモロコシや小麦です。しっかり食事管理を続けたい飼い主さんと愛犬に選ばれやすいおやつです。愛犬の満足が得られやすいように噛み応え抜群の仕上がりになっています。食べにくい場合は、お湯でふやかして与えると良いです。

犬用おやつ 無添加 オリジナルクッキー腎ケアプラス

飼い主も一緒に食べられる、無添加手作りのクッキーおやつ

砂糖や防腐剤、着色料を一切使用していない素材だけの安心・安全な国産クッキーおやつです。愛犬はもちろん飼い主さんも一緒に美味しく食べることが出来ます。手で割ることが出来るので、普段のおやつやご褒美、フードのトッピングにもできます。主原料は薄力粉とジャガイモです。腎臓に優しいなた豆と腎臓を守るクルクミン(ポリフェノール)を配合されているのも嬉しいです。原料の小麦粉や野菜を作るところからクッキー製造施設で育て、ひとつひとつを丁寧に焼き上げています。やや価格が高いですが、素朴な味が腎臓病の犬にもウケが良いと評判のおやつです。ずっと元気で長生きしてほしい、大切な愛犬のために選んであげたい一品です。

フリーズドライ野菜 かぼちゃ・サツマイモ 犬用おやつ かぼちゃ・さつまいも グリーン 犬用

蒸かした甘みたっぷりのかぼちゃとサツマイモ サクサクのフリーズドライおやつ

腎不全の時でも腎臓に負担のないタンパク質が少ない野菜そのままのおやつです。カットした国産のかぼちゃとサツマイモを蒸かして、甘みを引き出し、フリーズドライ加工でサクサク食感に仕上げた犬用おやつです。かぼちゃとサツマイモは、お腹の調子を整えてくれる食物繊維と、ビタミン類が豊富な食材です。他の野菜に比べクセが少なく、野菜を食べ慣れない愛犬にも食べやすいのでおすすめです。添加物、保存料、着色料不使用なので、腎臓が弱った愛犬にも安心して与えることができます。野菜を与えたい飼い主さんも手軽に使えて便利です。そのままで、フードのトッピングに、手作り食の食材に、活用方法は様々です。

フリーズドライ グリーントライプ

食欲不振に悩んでいる愛犬に 子羊の反芻胃の生食フリーズドライ

「グリーントライプ」と呼ばれる、牧草だけを食べた反芻動物の胃袋を、フリーズドライで仕上げたフードです。生のグリーントライプには、消化中の草の食物繊維に含まれるプレバイオティクス(善玉菌のエサ)と、熱に弱い酵素や乳酸菌等のプロバイオティクス(善玉菌を増やすもと)が生きたまま入っています。良質な動物性たんぱく質やオメガ3脂肪酸なども摂取できます。肉食動物である犬本来の食事を忠実に再現することによって、犬の食欲を刺激し、少しでも栄養補給をしたい愛犬にピッタリのサプリ的なおやつです。いつものフードにトッピングしても良いです。水でふやかして与えると、スープごと水分補給にもなります。腎不全用に成分を調整しているわけではありませんが、とにかく食べて元気を取り戻してほしい、少しでも栄養補給をさせたい、という時に重宝します。

・サプリメント5選

腎パワー元気

いつものフードに振りかけるだけ 腎臓の健康維持をサポート

腎パワー元気は、国産白なた豆、ホワイトクルクミン、オメガ3脂肪酸、コエンザイムQ10、ハトムギ、フェリカス菌(乳酸菌)が含まれ、腎臓の健康維持をサポートするサプリメントです。主成分のなた豆は、漢方薬や生薬の原材料としても用いられてきた食材です。特殊成分の「コンカナバリンA」は、天然の免疫力を高める成分として注目されています。なた豆には体の中の毒素を排泄するも知られています。その他にも、愛犬の腎臓をサポートするのに嬉しい成分が多く含まれています。パウダーをいつものフードに振りかけて与えるだけで良いので、手軽に使えます。腎機能が気になりだした愛犬、毎日の食事で腎臓のケアを一緒に行いたい飼い主さんにおすすめのサプリメントです。

ペットチニック 犬猫用

元気を取り戻して欲しい 貧血が気になる愛犬におすすめのビタミン・ミネラル剤

大手製薬メーカー、ファイザーから発売されているこのビタミン・ミネラル剤は、慢性腎不全の合併症である貧血が気になる愛犬におすすめのサプリメントです。貧血の治療、予防に必要な鉄に加え、銅、病中病後に不足しがちなビタミンB群をバランスよく補給したい時にピッタリです。スポイトで液剤をフードやトリーツに混ぜて与えたり、そのまま口に入れて与えることが出来ます。貧血が進むと、食欲不振、倦怠感が現れやすくなるため、腎臓にさらに負担をかける可能性があります。腎不全以外の場合でも、元気を取り戻してほしい、病気の時などに使えます。使用の際は、獣医師と相談の上使用しましょう。

共立製薬 ネフガード 顆粒

炭の力で、体内の毒素を吸着 腎臓の負担を減らすサプリメント

ネフガードの主成分であるヘルスカーボンは植物を原料として作れた、自然派の活性炭です。多孔質構造で、吸着力が強く、分子量100~90,000くらいまでの物質を吸着します。活性炭を経口摂取すると、体の中の毒素を吸着してくれるので、弱った腎臓への負担を軽減することが出来ます。尿素窒素(BUN)やクレアチニンの値を下げる効果が期待でき、動物病院でも処方させる健康補助食品です。顆粒タイプの他に粒剤もあり、愛犬の食べやすい方を選べます。血液検査の結果が悪かった、最近嘔吐が続くなど、気になる症状がある愛犬におすすめです。飲み合わせの悪い薬やサプリメントがあるので、使用の際はかかりつけの獣医師に相談しましょう。

レンジアレン

食餌中のリン、消化管内のリンを吸着し低減するサプリメント

主成分の鉄の作用により、食餌中のリンを低減し、消化管内のリンを吸着するサプリメントです。腎臓が弱るとリンとカルシウムの調節が困難になり、体の中のミネラルバランスが崩れやすくなります。食事療法では、ミネラルバランスを整え腎臓への負担を軽減するために、リンの制限が重要です。レンジアレンは、食餌中のリンを減らすことが出来るので、療法食を食べてくれない愛犬や、もっとリンを減らしたい飼い主さんにおすすめです。血液検査の尿素窒素(BUN)、クレアチニンの値が改善する効果も期待できます。飲み合わせの悪い薬やサプリメントがあるため、使用の際はかかりつけの獣医師に相談しましょう。

アルジェオメガ

関節と腎臓の健康維持を同時に 微細藻類由来のDHA、DPA サプリメント

高齢になると気になる愛犬の関節と腎臓。その両方を同時にケアできるサプリメントがこちらです。注目の微細藻類由来のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸(DPA)が配合されています。微細藻類から抽出されたオメガ3脂肪酸は、従来の魚油からの抽出されたものよりも生物濃縮の影響が最も小さく、有害な汚染物質をより避けることが出来ます。オメガ6脂肪酸は、EPAよりも関節さらさら成分により高い効果を発揮すると言われているDPAが配合されています。シンプルで少ない原材料なので、他のサプリメントや薬品との飲み合わせも安心です。コーギーやダックスなど腰に負担のかかりやすい品種の愛犬にもぴったりのサプリメントです。

最後に

愛犬の寿命まで腎不全とお付き合いしていくためには、上手な食事管理が欠かせません。腎機能が低下してくると、食欲不振になりやすく、十分な栄養が摂れないとさらに腎臓に負担をかけることになります。療法食だと単調になりがちですが、飽きさせないようにフードを何種類か準備したり、トッピングやおやつで楽しく栄養補給をするなどして、愛犬の食べる喜びを引き出す色々な工夫ができます。手作り食にチャレンジしやすい食材もたくさんありますので、是非試してみてください。

さまざまな使い方ができる犬用サークル

屋内飼育が増えた今でも、犬を迎える際に「お家を準備してください」と言われることが多くあります。 家の中なので同じように過ごしたいと思う人も多いようですが、実はサークルやケージ、クレートなど、人と過ごす日々の生活空間とと区切ることのできる空間があることにより、しつけや外出時等、日常生活の中でとても役立つことが多くあります。 またサークルとしてだけでなく、キッチンへの侵入を防いだり、暖房器具を囲うなどしてやけどを防いだりと、サークルは様々な使いかたもできます。

犬の習性を知ることで納得できるケージ(サークル)の必要性

犬の習性は、祖先とされるオオカミの習性の名残を引き継いでいる部分が多くあります。その習性を知ることで、屋内飼育であってもケージやサークルが必要であることがわかります。その習性を一つずつ見ていきましょう。

①身を守るための安全領域を持つ習性

オオカミは、野山の外敵から身を守り、食べ残した獲物を隠すために心身ともにゆっくりと休むことのできる巣穴を作って過ごしていました。その習性の名残から、犬もまた、現代の日常生活における様々な場面で、自分の身を守り安心することのできる安全領域を持つことで、心地よく生きることができます。

②テリトリーを持ち、守る習性

自分のテリトリーを持ち、安全に保ち守ろうとするのもまた犬の習性の一つです。そのテリトリーが部屋という大きなスペースになると、守るところが多くなり、常に気を張って警戒し続けることになってしまいます。

③群の中で生きる習性

犬は群れで生きる性質を持ちます。飼い主をリーダーとして生活するにあたり、まずテリトリーを与えることで群れを意識し、守られているという安心感を得て、リーダーである飼い主との信頼関係が深まっていきます。 信頼関係を深めていくためにも適切なテリトリーをあたえてあげることは大事です。

④寝床を汚さない習性

犬は寝床となるスペースを汚さない習性を持っているため、寝床の近くに常に排泄する場所があるとストレスを感じます。 そのため囲われたクレートの中だけで長時間過ごすことはストレスになります。サークルやケージで囲ったテリトリー内の離れた場所にトイレを作ることで、ストレスを軽減できます。

ケージとサークルの違い、メリットとデメリットとは?

サークル(Circle)とケージ(Cage)の大きな違いは屋根があるかないかです。屋根がなく周りだけ囲まれたスペースで区切るものをサークル、屋根があり覆われた一定のスペースを持つものがケージと呼びます。なお日本ではよくゲージと呼ばれますがこれはケージの間違いです。また持ち運び用の体に応じたかごはクレートと呼ばれます。一つ一つメリットとデメリットを見ていきましょう。

・サークル

周りを囲んでいるだけの屋根のないスペースを作るものをサークル(Circle)とよびます。屋根がないのでトイレの交換をはじめ、ご飯をあげたり水を変えたりとお世話が比較的楽です。また掃除も簡単にできます。商品にもよりますが屋根がない分、側面部分のパーツを増やすことでスペースを広げたり狭めたりと変化させることができます。 一方で屋根がないため、囲い部分の強度はケージより弱くなります。また、上からなにかものが落ちてきた時に、避けることができません。 また屋根がないため、状況によっては軽々と柵を飛び越えて脱走して部屋の中が大変なことになるだけでなく、柵を乗り越えようとすることで、怪我のリスクも高くなります。

・ケージ

屋根が付き、四方を囲まれたスペースを作る檻をケージ(Cage)と呼びます。成犬の体より少し大きめのサイズで、寝床と排泄ができるスペースがあるくらいの大きさのものが一般的です。 サークルのデメリットの一つである脱走は、屋根がついているため破壊でもしない限り起こりません。 また小型犬用のケージであれば持ち運びも比較的可能なため、そのまま旅行に持っていったり、災害時に避難する際に同じ環境のまま避難することができ、ストレスの軽減にも繋がります。 ただし屋根がある分、日々のお手入れや掃除などは比較的手間がかかりやすくなります。

犬用サークルの選び方

一言でサークルと言っても、サイズも素材もさまざまなバリエーション豊かなサークルが販売されています。家族のわんちゃんに適したサークルはどれか、サークルを選んでいく際のポイントがいくつかあるのでみてみましょう。

①脱走できない十分な高さがあるサイズを選ぶ

屋根のないサークルは脱走されてしまってはしつけはもちろん、怪我をしてしまいかねません。家族の犬のサイズとその子の脚力・体力を考え、乗り越えられない高さのものを選びましょう。特に子犬を迎えるために準備する場合は、成犬になったときの大きさと脚力・体力を見越して少し高さのあるものを選ぶといいでしょう。 広さは用途によりますが、普段の居住スペースとしてならば体の向きを変えられる程度の比較的狭めのもので、少し遊ばせるスペースなどもとりたい場合は広めのものを選ぶといいでしょう。

②トレー付きサークルでお掃除簡単

サークルは基本的に側面の柵だけでできているものが多いため、柵を部屋に直接置くことになります。そのためトイレが少しはみ出てしまったり、ご飯をこぼしたりするなどで、床面が汚れたり傷んだりすることもあります。 あまり床を汚したくない人にはトレー付きのサークルもおすすめです。サークルの柵の部分を取り外してトレーだけを丸洗いすることができ、普段のお掃除が楽になるのはもちろん、床の汚れも気にしなくて良くなります。

③将来を見越して拡張性もチェック

成犬になる前の犬を迎えたり、多頭飼いを考えられている方はサークルを拡張できるかどうかも大きなポイントになってきます。部屋の大きさに応じてサークルの形を変えることができれば、引っ越しなどで環境が変わることがあってもパーツの増減で形を容易に変えやすくなります。 また自由に形を変えられることで、普段の居住スペースでは小さめのサークルで、外出時は少し広げて遊ぶスペースを作ってあげてとTPOに応じてスペースを有効利用することもできます。

ケージやサークルを設置するおすすめの場所

犬は群れで生活する動物です。その習性からも家族の一員として家族がよくいる場所であり、家の中で快適に過ごせる場所においてあげましょう。とはいえ、人の往来が激しすぎるドア付近や廊下付近は落ち着きません。ゆっくりできる場所を見つけてあげてください。 温度環境も大事です。犬種にもよりますが犬は特に暑さに強くありません。夏は風通しが良く涼しいところ、冬は寒すぎず暖かく過ごせるところを選びましょう。 また犬は聴覚が人間よりもはるかにすぐれているので、テレビの前や騒がしい道路の真横など、音のうるさく気になるような場所は避けてあげましょう。

ケージやサークルの使用方法で絶対してはいけないこと

犬の習性でもみてきましたが、ケージやサークルは犬にとって安心でき落ち着ける空間です。その空間をしつけ等での罰の場所にしてしまっては、安心して過ごすことができなくなるどころか、怖がったり怯えたりするようになります。そうなると信頼関係の構築はおろか、災害時などでケージやサークルに入る必要があるときにも入らなくなったり、無理やり入れることで過度のストレスを与えてしまうようになりかねません。 安心できる空間を与え、信頼関係を築くためにも罰のためにケージやサークルを使うのは絶対にしないようにしましょう。

犬用サークルのおすすめ人気ランキング10選

リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル 90cm x 60cm ブラウン

トレーを引き出してさっとお手入れできるサークル

多くのサークルが本体を移動させてトレーを取り外し掃除をする構造の中、こちらは床面部分が引き出し状のトレーになっているので、さっと引き出して簡単にお掃除ができます。プラスチック製なので水洗いもOK。トレーと周囲の柵の縁には高さがあるので、外へのおしっこや毛などの飛び散りを防ぎ、床を汚しづらい構造になっています。ワンタッチでドアのロックができて横にスライドさせて開けられるので、片手でも簡単に開けられ、ドアのためのスペースを余分に取ることはありません。カラーは三色あり、大きさも中型犬(約20キロ)まで対応しているので、長く使っていくことができる設計です。

マルカン ドッグフレンドルーム 犬用

シンプルでも耐久性はバッチリ!コスパ最高のサークル

床面と柵だけの女性でも簡単に組み立てられるシンプルなサークルです。入り口のドアが大きいのでトイレの交換が楽々!お手入れも手間がかからないように床面は汚れがフェンス部分に行きづらい構造になっているなど、シンプルながらもきめ細かな工夫がなされています。ドアは取り外しができて別売りで屋根もあるので、子犬の頃はしつけも兼ねてサークルとして、大きくなってからは屋根を付けてケージにしたり、普段は室内でこの中でトイレを置くようにしたりと、飼い主さんの生活スタイルや犬の性格や成長に合わせて用途をどんどん変えていくことができます。シンプルだからこそ汎用性があり、お財布にも優しいコスパの良さも特徴的です。

Amazonベーシック ペット 犬用 エクササイズフェンス プレイサークル 折りたたみ可能 金属製 ゲート付き

室内でも屋外でも設置できる持ち運び可能なシンプルサークル

鉄製の丈夫なパネルが8枚連結された屋内でも屋外でも使えるサークルです。届いてすぐ広げて形を作り、接続部分を1箇所止めれば出来上がり。工具を必要としないサークルなので女性でも年配の方でも誰でも簡単に組み立てられ、使わないときは平らに折りたたんでコンパクトにしまうことができます。出入り用の上まで開く大きなドアになっているので、犬はもちろん、人の出入りも簡単にできます。また屋外にて使用するときは地面にアンカーで固定すれば耐久性もより安心です。持ち運びや手軽さを考えるとコスパ抜群の一品です。Amazonベーシックの商品なので、1年限定の保証がついているのもいいですね。

ペットフェンス 24枚セット透明パネル 自由 組み立て 簡単 犬 猫 ペットサークル カスタマイズ 軽量 持ち運び便利

デザイン性が高く場所に応じて空間を自由に変えられる抜群の機能性

軽量で組み合わせ自由自在なパネルが24枚ついているので、お部屋の形やインテリア、家具のレイアウトに合わせて自由に組み替えることができます。滑り止めマットや固定用のバンドも付いているので、耐久性もバッチリ。また独特なデザインの透明のパネルなので、どんな角度でもペットを見ることができ、わんちゃんも飼い主さんを感じることができます。素材にもこだわりペットにも安心な無毒無臭環境に優しい素材で、防水・防錆仕様になっているのでお掃除も簡単です。更に使わないときはボックス状に組み替えればおしゃれなインテリアアイテムにもなります。高さが35cmなので超小型犬~小型犬に特におすすめのおしゃれサークルです。

折りたたみ八角形ペットサークル Lサイズ 【ブラウン】 直径114cm×高さ62cm メッシュ屋根付き 屋内 屋外 アウトドア

アウトドアに最適!軽くて広々なサークルを選ぶならこれ

女性や年配の方でも持ち運べて簡単に組み立てられる折りたたみ式のサークルです。側面はメッシュ素材でできているので通気性に優れており、専用のキャリーバッグに入れれば夏場のキャンプなどアウトドアに気軽に持っていけます。また普段お家の中で過ごすワンちゃんでも、急なお客様の際に急いで囲うこともできます。側面にドリンクフォルダやサイドポケット、アウトドアで飛んでいかないようにペグを打ち込んで固定できる部分もあります。屋根は取り外すことができるので様々な使い方ができますね。大型犬が入れるサイズまであるので、大型犬用のサークルを探している人にもおすすめです。

ペティオ (Petio) トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル ブラウン レギュラー

犬の習性を利用したトイレトレーニングができるサークル

トイレと居住スペースが区切られた構造で、中に仕切りドアもあるので、はじめてわんちゃんを迎えた後、最初のトイレトレーニングにピッタリ!トイレ側はトレーで区切られているので居住スペースにおしっこが入り込むこともなく清潔に過ごせます。またトイレ側にもドアがあり大きく開くのでお手入れもとてもしやすくなっています。居住スペースのドアは左右のスライド式なので、開けるときもスムーズに場所を取ることなく開閉可能です。レギュラーサイズで~小型犬、ワイドサイズで中型犬向きで、柵の高さは約70cmありますが、専用の別売りの屋根もあるのでのちのちケージ使用も可能です。

アイリスオーヤマ ウッディサークル ホワイト ペット用 幅120cm×高55.5cm

インテリアにも合わせやすい機能的なサークル

インテリアに合わせやすい白色で木目調のサークルです。四隅にピンを刺すだけで組み立てることのできる簡単さに、少し持ち上げるだけでさっと拭くことのでき、丸洗いもできるトレー付きなのでサークル内のお手入れも簡単です。トレーは滑りにくい加工でわんちゃんの足にも優しく、フレームも汚れに強い加工がされています。入り口のドアはつまむだけで片手で開けれますが、わんちゃんの方から開けることは難しいので脱走防止にも配慮されています。また別売りで取り付けが簡単な専用屋根も販売されているので、留守番のときは屋根をつけてケージのように使うこともでき、1つで多様な使い方が可能です。

VENTOTA ペットフェンス ペットサークル 【Mesh Fence メッシュフェンス】

自由度が高くて組立簡単、変形自在なサークル。サポートも充実!

1枚1枚パネル状になっていて、パネルを組み合わせて作っていくタイプのサークルです。組み終われば簡単には倒れない強度の重さになるので頑丈で、ドアも太めのワイヤーで作られているため耐久性に優れています。パーツに解体でき短時間でも組めるので、アウトドアや旅行などにも持っていきやすくなっています。網の間から飼い主さんを見ることも、外の様子をうかがうこともできるのでわんちゃんも安心ですね。パネルのサイズは3種類あり、色も2色あるので、わんちゃんの大きさや部屋の雰囲気で選べます。また各パネルはバラ売りもされているので、メーカーにほしい枚数だけ追加注文もできます。サポートが充実しているのは飼い主さんに優しいですね。

アドメイト 2ドアパピーサークル 屋根面なし 仔犬・超小型犬用

飼い主さんのお部屋のレイアウトを邪魔しない2ドアのパピー&小型犬用サークル

初めてわんちゃんを迎え入れる時、テリトリーを作ってもらいつつ飼い主さんとの生活に慣れていくために、サークルで囲われた空間はとても大切です。飼い主さんのお部屋のレイアウトの邪魔をしづらい2ドア設計になっているので、お部屋の状態居合わせてどちらからでも出入り口を作ってあげることができます。更にドアは安心設計の二重ロックになっているのでいたずら防止・脱走防止にも最適。柵の高さは約50cm程度なので、日々の掃除やしつけ、食事やトイレの交換も煩わしくなく、飼い主もわんちゃんもお互いが快適に良好な関係を築いていくためにおすすめのサークルです。

スチール製 パネル式ドッグサークル・グレー (全高1.20m×全幅2.40m×全奥行1.25m)屋根なし 【屋外用】

やんちゃなわんちゃんでも大丈夫な屋外用のパネル式ドッグサークル

頑丈で強固な作りのシンプルなパネル式の組み立てタイプのサークルです。パネル状態になっているので、設置する場所の状況に合わせて、出入りのドアの位置をどこにでもレイアウトでき、またパネルの継ぎ足しも自由自在です。枠材ががっしりしているので、大型犬や元気でやんちゃなわんちゃんでも安心できますね。また固定金具を利用することで地面にしっかりと固定できるので、屋外のコンクリート等にでもしっかりと固定ができます。別売りの屋根付きのサークルを選べば屋外での雨もしのぐことができます。屋外での固定のシンプルで頑丈かつ丈夫なサークルを選びたい人におすすめです。

犬の心臓疾患とは?

愛犬が心臓疾患だという診断を受けると、この子はもう助からないのでは、先が長くないのではないかと思ってしまいますよね。 確かに、ペットとして飼われている犬の死因の第二位は、「心臓疾患」というデータ(ペット保険会社調べ)もあるように、死因としては多い心臓疾患ですが、 10歳以上の犬の30%が何らかの心臓疾患に罹っていると言われています。 また、種類や発見時期によっては進行を遅らせたり、症状を軽減したりすることが可能です。

犬の心臓疾患の種類と症状

前述の通り、ひとくちに犬の心臓疾患と言っても種類がいくつかあり、当然、種類によって症状や対策も異なります。ここでは、主な心臓疾患の種類とその症状、代表的な治療法について解説していきます。 はじめに前提として、心臓を構成する4つの部屋と、血液はどのような流れで体を巡っているかを説明します。血液は,肺(ここで新鮮な酸素を取り込む)→左心房→左心室→全身(ここで酸素と栄養を渡す)→右心房→右心室→肺→左心房……の順でグルグルと循環しています。

①肺動脈狭窄症

生まれつき肺動脈の一部分が狭くなっている症状を「肺動脈狭窄症」と言います。肺動脈は心臓の右心室から肺へ流れる血液が通る血管を差しますが、この肺動脈が狭いと、通常の太さの肺動脈と比べて血液が流れにくくなっているため、肺動脈の負担が大きくなります。 また、そのような状況下で右心室が頑張って血液を肺に届けようとすると、右心室の筋肥大が起きてしまいます。狭窄の程度にもよっては症状が出ない場合もありますが、たいていは心不全や不整脈を引き起こし、それにより「すぐに疲れてしまう」「あまり動きたがらない」「食欲不振」などの症状が見られます。 程度が軽度であれば投薬治療(筋肥大を防ぐものや、不整脈を整えるものなど)をして経過観察をするケースが多いですが、重度だと外科手術が必要になります。

②動脈管開存症

こちらも生まれつきの症状で、動脈管が閉じることなく残ってしまっている状態のことを動脈管開存症と言います。動脈管とは、子犬が母犬のお腹の中にいる間に、肺動脈から大動脈への通り道として使われていた血管で、子犬が産まれ肺呼吸を始めると不要になるので自然に閉じます。 しかし、この動脈管が閉じずにいるものを動脈管開存症と言います。動脈管が開いたままだと、本来心臓から体全体に流れるはずの大動脈からの血液の一部が肺動脈に流れ込んでしまい、それにより肺や心臓に負担をかけてしまいます。 症状は動脈管の開き具合によって異なり、軽度の場合はある程度の年齢になるまで気づかれず通常通りに過ごすことができますが、重度だと幼いうちから「咳・呼吸困難」、「食欲低下」、「動きたがらない」などが見られ、体の成長が妨げられる場合もあります。 症状が確認できている状態で放置すると心不全になってしまう可能性があるため、早い段階で動脈管を縛って閉じる手術を受ける必要があります。

③心筋症

心臓の筋肉である心筋に発生した異常により、心臓の機能に問題が起きた状態を指します。心筋が厚くなる肥大型心筋症と、薄くなる拡張型心筋症に分かれ、前者はあまり犬に発症せず、猫に多くみられます。 後者は大型犬に多くみられ、左心房と左心室の壁が薄くなってしまうことで心臓のポンプ機能が弱まり、全身に十分な量の血液を送り出すことが難しくなってしまいます。 症状としては進行が進むにつれ「食欲不振」「すぐに疲れる」「咳」や、重症化すると「呼吸困難」「失神」を引き起こすこともあります。 治療法は、投薬により症状を緩和させることにとどまり、外科手術は一般的ではありません。

④心室中隔欠損症

生まれつき、左心室と右心室の間の壁に穴があいている状態を指します。穴があいていることにより、血液が本来の流れとは逆に流れ込んでしまい、右心室に負担がかかります。 穴が小さければ成長とともに自然に閉じることもありますが、症状が悪化すると肺にも負担がかかるようになります。聴診器で心臓の音を聴くと心雑音が確認できます。穴が小さい場合は目立った症状が現れないこともありますが、症状が重い場合は「咳」「動きたがらない」「食欲不振」「呼吸困難」「発育不良」などがみられます。 治療法として、穴が小さい場合は定期的に経過観察して塞がるかどうかを確認し、塞がらず穴が大きくなるような場合は手術で穴を塞ぎます。投薬では穴を塞ぐことはできません。

⑤不整脈

安静時の心拍数が定まらない状態を指します。一般的に、小型犬は1分あたり60〜80回、大型犬は40〜50回が正常な心拍数と言われています。 ただし、興奮した時に脈のリズムが不安定になる状態は洞性不整脈と呼ばれ、心配しなくても大丈夫ですが、判断がつかない場合は医療機関へ受診してください。 明らかな不整脈が確認できる場合、重篤な疾患を抱えているケースも多いため、不整脈の疑いを持ったら詳細な検査を受けることを勧めます。 不整脈は根本的な病気の副次的な症状として現れることが多いため、根本の病気を突き止め、治療することが重要ですが、不整脈によって「咳」「呼吸困難」「尿量の変化」等の症状も現れるため、自律神経に作用する交感神経遮断薬などを使って不整脈を抑えます。”

⑥フィラリア症

蚊による媒介で、フィラリアという寄生虫が心臓に棲み着いてしまう病気です。フィラリアは肺動脈や右心室に寄生するため、血液の循環が妨げられます。 それにより、「咳」「運動をしなくなる」「吐血」のほか、「むくみ」「腹水」「肝臓肥大」など、見落としてしまうような症状もみられます。 寄生された数が多いと、フィラリアが血管を塞いでしまうため、症状が急激に悪化することもあります。寄生数が多いと手術で成虫を除去しますが、現在は予防薬を長期的に投与し続けることがメジャーとなっています。毎年、蚊が活動を始める少し前から、蚊がいなくなって1ヶ月後ぐらいまで予防薬を飲んだり、寄生虫を防ぐ首輪を着けたりすることが一般的です。

心臓疾患の中で最も多い僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は、特に高齢の犬や、マルチーズ、シーズー、キャバリア、ポメラニアン、チワワなどの小型犬で発生がとても多い心臓疾患と言われています。僧帽弁とは、左心房と左心室の間にある弁(扉)で、通常、弁があることにより、血液の逆流を防ぐ役割を果たしています。

①心臓の中の扉が閉じなくなる病気

僧帽弁閉鎖不全症は、前述の僧帽弁が、弁として正常な役割を果たせなくなってしまっている状態のことを指します。つまり、左心房と左心室の間で血液の逆流が生じてしまっているということです。 その結果、正常時よりも全身に送られる血液の量が少なくなってしまいます。 症状が軽度な初期のうちは、それでも全身に血液を送り出そうと心臓が頑張って働きます。この状態では、心雑音は確認できますが具体的な症状は現れません。

②進行すると肺水腫を引き起こす

この状態が続くと、心臓内に血液が溜まってきてしまうことにより心臓のポンプ機能が落ち、次第に心臓が肥大していきます。特に左心房の肥大が顕著で、左心房の肥大により気管を圧迫し、気管虚脱を誘発します。 気管虚脱は、気管が押されて変形してしまうことを指し、咳の症状が出ます。 さらに心臓の肥大が進行すると、今度は心臓のみならず肺にまで血液が溜まってしまいます。この状態を肺水腫と呼び、水中で溺れているのと同じような状態になり、呼吸困難などの症状が出て、死に至る場合もあります。

心臓疾患を少しでも悪化させないためには?

心臓疾患を抱えた犬は、食事や運動など、日常生活に制限が必要な場合もあります。この時に大切なことがなるべくストレスを軽減させてあげることです。 血圧や心臓の機能を支配しているのが自律神経ですが、この自律神経の働きに最も悪影響を及ぼすものがストレスです。そのため、「少しでも長く幸せに暮らせる時間を増やしてあげよう」「制限があっても出来るだけ快適な生活ができるように」という気持ちで接してあげることが大切です。具体的には「食事」「投薬」「運動」「生活環境」「病院との関わり方」の側面から説明します。

①食事

・肥満に注意

肥満は心臓に負担をかけるため注意が必要です。理想はは適度な食事と運動によって適性体重を維持することですが、運動制限がある場合は摂取するカロリーに制限を加えるなどの対応も必要です。 ただし、必要以上に体重を落とすことは基礎体力の低下や免疫力の低下を引き起こすので、まめに体重や筋肉量の測定をすることが大切です。

・塩分に注意

塩分が高い食事も心臓に負担をかけることで知られています。心臓疾患を抱えているペット用の療法食(低ナトリウム食)も市販されているので、かかりつけの先生と相談の上で導入する手もあるでしょう。人間の食べ物の中には塩辛くなくても塩分を多く含んでいるものもありますので、容易に手の届くところに人間の食べ物を置かないことも大切です。 また、心臓病の進行度合いによっては必要以上の塩分制限は望ましくない場合もありますので、進行度合いに合わせた食事選びが大切です。

②投薬について

心臓疾患により処方される薬は心臓疾患そのものを治すものではなく、病気の進行を遅らせ、症状を抑えるとても大切な役割を果たしています。そのため、投薬を中断すると心臓に負担がかかり症状が悪化してしまう可能性があるので、処方された薬は指示通りに飲ませるようにしましょう。 また、薬を飲ませても吐き出してしまったり、薬を飲もうとしない場合はかかりつけの先生に相談しましょう。投薬は、毎日、一生続くものですから、犬と飼い主さま双方にとって出来るだけ負担がかからない投薬方法を探しましょう。

③運動について

心臓に負担がかかるような激しい運動は控えましょう。また、激しく興奮したり吠えたりする状況も同様に控えましょう。 ですが、運動不足も前述の通り基礎体力や免疫力の低下、肥満につながりますので、心臓疾患を抱えている犬に対しても適度な運動をさせてあげることが大切です。 特に、お散歩が好きな犬はお散歩に行けないことがストレスに繋がることもあります。

④生活環境について

暑さ、寒さも心臓に負担をかけます。一般的に寒さや乾燥よりも、暑さやムシムシした環境の方が心臓への負担が大きいと言われています。個体差もありますが、犬がストレスを感じない気温は15〜23℃くらい、湿度は50〜60%くらいと言われています。空調等を利用して、気温や湿度の調節をしっかりとしてあげましょう。 また、犬が自分で快適な温度の場所に移動することができる環境を作ってあげることも大切です。冬場は寝床に湯たんぽを置いてあげたり、夏場は冷感マットを敷いてあげたりすると良いでしょう。 室内外の温度差が大きいと急激に血圧が変動して心臓に負担をかけますので、冬場の外出時には、玄関などでいったん寒さに体を慣らしてあげてから外に出ることも大切です。

⑤健康状態の観察と病院の関わり方

心臓疾患の多くは、投薬治療等をしていても徐々に進行していきます。そのため、定期的に心臓の状態や病気の進行具合をチェックして、現在行なっている治療が適切なものであるかを確認する必要があります。 どのくらいの頻度でチェックすることが良いのかについては、疾患の種類によって異なりますのでかかりつけの先生とご相談ください。加えて、日常的に飼い主さまが犬の様子をよく観察しておくことも病気の進行の早期発見に非常に重要です。 また、病気の進行度合いにより、病院の診療時間外に容体が急変してしまうことも考えられます。そういった場合の応急処置の方法や、緊急で診てもらえる病院を探しておくことも大切です。

犬の腎臓疾患におすすめ療法食3選

リナール アクティブ 腎臓ケア(小粒)

腎臓と健康維持に配慮した食事療法食

慢性腎臓病、腎不全に対応し、タンパク質(14%)とリン(0.28%)の含有量を減少させた療法食です。ナトリウム量(0.09%)を押え、慢性腎臓病に伴う高血圧にも配慮しています。心臓病の場合は、タンパク質を補うため本品に肉や魚をトッピングすることをお勧めします。本品は四角型とハート形の2種類のタブレットで構成されており、うちハート形のタブレットはAFS(アクティブフレッシュシステム)タブレットというもので、それぞれのフードの目的にあったハーブ栄養素などの成分を凝縮して閉じ込めています。リナールアクティブには、腎臓機能の健康に配慮して、マウス耳ヤナギタンポポ、ハギ、アメリカンクランベリー、セイヨウタンポポ、ベアベリーを配合しています。本品は慢性腎臓病や腎不全の犬の健康に配慮したペットフードであり、腎不全を予防する食事ではありません。使用方法は獣医師の指示に従ってください。

インテグラプロテクト 腎臓ケア ドライフード

見出し記入腎臓ケアのための食事療法食、グレインフリー

腎臓病に配慮して、タンパク質(14%)とリン(0.36%)の含有量を軽減した食事療法色です。また、腎臓病により不足しがちなビタミンD3(1500IU/kg)も配合しています。グレイン(穀物)フリーのため、腎臓ケアが必要で穀物にアレルギーのあるパートナーにも対応しています。鶏、豚、牛のウェットフードも取り揃えているので、ドライフードにトッピングして、パートナーが飽きないように工夫することもできます。

腎臓ケア用食事療法食 セラピューティックフォーミュラ「キドニア」

腎臓の健康維持に配慮した食事療法食

腎臓の負担に配慮し、タンパク質(15%以上)とリン(0.30%)の含有量を抑えてあります。腎臓性の高血圧にも配慮し、ナトリウム量(0.11%)も抑えてあります。機能性食材である豚腎臓・EPA豊富な魚油・トルラ酵母・タウリン・メチオニン・パパイヤ乾燥末を配合し、腎臓機能をサポートします。加えて、低コレステロールの植物油と消化吸収性に優れたα化米を配合し、十分なエネルギーも摂取できるようにしています。