犬はもやしを食べてもOK

犬にもやしを食べせるのは大丈夫です! もやしは低価格で、飼い主にとっても魅力的な野菜と言えます。 ですが、少し注意したいのが「生では食べさせない方がいい」ということ。 人間でも、もやしを生で食べることはありませんよね? 海外では生でもやしを食べる地域もあるようですが、それは生で食べることを前提に育てられているからであり、日本ではおすすめされていません。 ワンちゃんに食べさせるときは、安全性や消化のしやすさなどを考えて、軽く茹でて食べさせるようにして下さいね!

犬がもやしを食べるメリットや栄養効果

ご飯を食べる犬 犬にとってももやしを食べることにはいくつかのメリットがあります。 ここからは、もやしが犬にもたらす栄養素やメリットを見ていきましょう!

食物繊維のおかげで快便・快腸に!

まず最初のメリットは「快便・快腸」です。 もやしには、豊富な食物繊維が含まれています。 食物繊維には、腸内環境を改善してくれ、便の量を増やしたり、便通をスムーズにしてくれるという働きが! もし愛犬が便秘気味なのであれば、ぜひ食べさせてあげて下さいね!

いっぱい食べても低カロリー

次のメリットは「低カロリー」ということ。 もやしは、実に約95%が水分であると言われています! そのため、キャベツと同様にダイエット中のワンちゃんのご飯のかさましとして使用することができます。 たくさん食べても太らない!これがもやしなのです。

アミノ酸が豊富

次に紹介するのは「アミノ酸」が入っているということ。 先ほど紹介したように、もやしの約95%は水分と言われています。 そのため、多くの栄養効果は期待できませんが、アミノ酸が入っているため疲労回復や老化防止に効果的という側面もあります。

犬がもやしを食べる際の与え方や適量

ここからは、犬にもやしを食べさせるときの正しい与え方や適量を見ていきましょう。 基本的には、もやしは与えても大丈夫な野菜ではありますが、正しい知識を持って、ワンちゃんの健康を気遣ってあげましょうね!

アレルギーに注意して少量から与える

もやしに限らず、犬の中には特定の食材でアレルギー反応を起こしてしまう子もいます。 これは、もやしも例外ではなく、無難そうに思えても、ワンちゃんによってはアレルギー反応が起きる可能性が! 初めてもやしを食べさせる時には「まずは少量」「万が一に備えいつでも病院に行ける時に」この2つを守りましょう。

適量はどのくらい?

次に注意したいのは「適量」です。 1日にワンちゃんにもやしを与えられる量は「1日の食事量の2割以下」とされています。 これは、おやつやご飯のトッピングとしてのもやしを使用したときの全量です。 具体的には、下記のような量が適量とされています。 茹でたもやしを1日に与えれる目安量 ・超小型犬(2kg程度)…333g(1袋) ・小型犬(3~5kg程度)…425~623g(1.5~2袋) ・中型犬(6~15kg程度)…715~1423g(2~4袋) ・大型犬(20~30kg程度)…1765~2393g(5~7袋) ご飯のトッピングとしてもやしを使用した場合は、ご飯の量もその分、減らすなどはしなくてはいけません。 上の目安量も参考にしながら、適切な量を食べさせてあげて下さいね!

犬がもやしを食べる際の注意点

最後に、ワンちゃんにもやしを食べさせるときの注意点を解説します。 低価格でヘルシーだからと、どんどん食べさせるのではなく、飼い主さんがしっかり注意点を守って与えて下さいね!

もやしは腐りやすい

もやしは他の野菜よりも新鮮さが重視されます。 腐るのも早く、万が一腐ったもやしをワンちゃんに与えてしまった場合、ワンちゃんはお腹を壊すハメに。 もやしを犬に与える時には、出来るだけ新鮮なものを使うようにしましょう!

もやしでお腹がいっぱいになる

先ほど紹介したように、もやしはご飯のかさましに使えるほどお腹を満たしてくれる野菜。 「低カロリーだから、ダイエットのために」と食べさせることもありますが、その一方で、エネルギーの源であるフードの方を食べなくなってしまう可能性もあります。 愛犬の様子を見ながら、フードと両立させることができるだけの適量を食べさせるようにしましょう!

まとめ

この記事では、犬はもやしを食べても大丈夫なのか?をテーマに、もやしの栄養素や与える時の注意点について解説しました。 ヘルシーで低価格と、ワンちゃんにとっても飼い主にとっても魅力的な野菜ですが、注意点もあります。 ぜひ、この記事を参考にしながらワンちゃんに食べさせてあげて下さいね!

犬は茄子を食べてもOK

犬に茄子を食べさせるのは大丈夫です! ワンちゃんの体の毒になるようなものは入っていないので、基本的には生でも加熱してでも問題ありません。 ですが、注意したいことが一つあります。 それは「茎や葉」は大量に食べさせないということです。 茄子には天然毒素の「アルカロイド」という物質が含まれています。 それほど危険なものではないのですが、大量に摂取してしまうと下痢や嘔吐といった症状を引き起こすことも。 茄子の茎や葉は、特にこのアルカイドという毒素が多く含まれていると言われているため、大量の茎や葉は食べさせない方が良いでしょう!

犬が茄子を食べる際の栄養素やメリット

では、犬にとって茄子を食べるメリットはあるのでしょうか? 実は茄子はワンちゃんにとってメリットとなる栄養素がいっぱい含まれているんです。 ここからは、茄子によって犬にもたらされる「栄養とメリット」を見ていきましょう。

ナスの主な栄養素は?

茄子に含まれる栄養素には以下のようなものがあります。 ・カリウム ・アントシアニン ・コリン ・ナスニン(ポリフェノール) ・食物繊維 茄子の93%は水分で構成されているため、ビタミン類はあまりありません。 その一方で、カリウム、ナスニンを代表とした豊富な栄養素がたくさん含まれています。

カリウムによる血圧の低下

カリウムには、血圧を下げる作用があります。 そのため、血圧が少し高めなワンちゃんにはぜひおすすめです。 ただし、腎臓病を患っているワンちゃんはカリウムの量を制限しないといけない場合があるので注意が必要。 また、カリウムには利尿作用があり、体の老廃物を出してくれるというメリットもあります。

ナスニンによる体の酸化防止

茄子に含まれる「ナスニン」もワンちゃんにとって摂取するメリットがあります。 ナスニンは、ポリフェノールの一種で、茄子の皮の部分に多く含まれており、抗酸化作用があり、ガン予防になると言われています。 先ほど「茎や皮に注意」と紹介しましたが、少量であれば問題ありません。 この他にも、茄子に含まれる栄養素コリンによる認知症予防、水分の多さから夏バテ対策にといった食べるメリットというのが多数存在します。

犬が茄子を食べる際のおすすめな食べさせ方

では、ここからは実際にワンちゃんに茄子を食べさせる時のおすすめの食べさせ方を見ていきましょう! これを真似すれば、茄子の栄養をしっかりワンちゃんに届けることができますよ!

茄子を食べる際の適量とタイミング

最初のポイントは茄子を食べる時の「適量とタイミング」です。 茄子は、栄養成分に炭水化物や脂質があまりなく、カロリーが比較的低い野菜となります。 そのため、普段の主食にちょっと加えたり、ひとくちおやつとして食べさせてあげると良いでしょう! もちろん茄子に限らず、カロリーが低いからと食べすぎるとお腹を壊したりするので、この点は他の野菜同様、注意が必要ですよ。

皮がついたまま細かく切る

次に紹介するのは「皮をついたまま」食べさせるです。 最初に紹介しましたが、茄子にはアルカロイドどいう毒素が含まれていますが、これは「大量に摂取すると少し危険」という程度のものです。 その一方で、茄子の皮にはナスニンという大きなメリットを持つ栄養が含まれています。 こちらのもたらすメリットの方が大きいので、ワンちゃんに茄子を食べさせる時は、ぜひ「皮がついたまま細かく切って」食べさせてあげましょう。

【最後に】食物アレルギーには注意

「食物アレルギー」には注意して下さい! 人間同様に、ワンちゃんにも食物アレルギーを持っている子がいます。 これは茄子だけに限らず他の野菜でも言えることなので、ぜひ覚えておいて下さいね。 そのため、茄子などの野菜を初めて食べさせる時には、少量からスタートし、さらに万が一体調を崩した時のためにかかりつけの動物病院が空いている時間に食べさせるようにしましょう。

まとめ

この記事では、愛犬に茄子を食べさせても大丈夫なのか?、茄子に含まれる栄養素や食べさせるときの注意点などを紹介しました。 茄子はワンちゃんにとっても非常に栄養のある野菜と言えます。 ぜひ、健康に気をつけながら食べさせてあげて下さい!

犬の肉球のひび割れの原因

あれ?いつの間にか可愛い愛犬の肉球がひび割れていて、心配!という飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、犬の肉球のひび割れについて、その原因や対処法を解説します。 それでは早速、ワンちゃんの肉球がひび割れてしまう原因を見ていきましょう!

散歩

散歩中の犬 犬の肉球がひび割れてしまう原因の一つに「散歩」があります。 散歩の時に、ワンちゃんの肉球は長時間アスファルトに触れるわけなのですが、これが肉球のひび割れの原因となってしまいます。 理由としては、地面の熱が肉球の水分が吸いとり、さらに、走り回るワンちゃんの場合は肉球がアスファルトで擦れたりするためです。

季節

「季節の影響」でも肉球はひび割れを起こします。 人間と同様に、冬場など空気が乾燥していると、ワンちゃんの肉球も乾燥状態になります。 また、暖房に長時間あたっていたりした場合もワンちゃんの肉球は乾燥してしまうので注意してあげて下さい。

アトピー性皮膚炎

次に紹介する理由は「アトピー性皮膚炎」です。 アトピー性皮膚炎とは、アレルゲンが体内に入ることで、皮膚のバリア機能が低下し引き起こされる皮膚炎のこと。 アトピー性皮膚炎の症状が肉球に現れた場合、肉球が乾燥しているだけでなく、ゴツゴツと肉球が硬くなってしまう苔癬化(たいせんか)という症状が現れます。 このような症状が現れた場合は病院で診てもらいましょう。

代謝機能の低下

「代謝機能の低下」も肉球がひび割れを起こす理由の一つです。 人間と同様に、犬も歳を取ると、代謝機能が低下します。 これに伴い、体内の水分量が減ってしまい、肉球も乾燥、ひび割れしてしまうのです。 老化は防ぎようがないことなので、シニア犬を飼っている場合はこまめに肉球の状態をチェックしてあげるようにしましょう。

洗いすぎ&拭きすぎ

汚れや雑菌を落とすのために、まめにワンちゃんの肉球を洗っている、拭いているというあなた! 確かに雑菌の繁殖予防には効果的ですが、肉球のひび割れ対策には良くありません。 というのも、肉球の「洗いすぎ」「拭きすぎ」は、肉球を乾燥させてしまう可能性があるからです。 やりすぎには、くれぐれも注意して下さいね。

犬の肉球のひび割れの治療法

ここまでは、ワンちゃんの肉球がひび割れを起こす様々な原因を紹介しました。 正直なところ、どれも仕方のないことであり、なかなか予防をすることは難しいように思われますが、どうすれば良いのでしょうか? 実は、肉球のひび割れを予防、ケアするグッズが存在します。 例えば、肉球専用の保湿クリームやジェルです。 使い方は簡単で、毎日か数日に1回、肉球に塗ってあげるだけ。 さらに、このような肉球専用のクリームやジェルはワンちゃんが舐めてしまっても大丈夫なような素材で作られています。 冬場や散歩の回数が多いワンチャンにはぜひ、これを塗ってあげましょう!

犬の肉球のひび割れにはワセリンがおすすめ?

また、犬の肉球のひび割れにはワセリンもおすすめです。 ワセリンは、もともと人間を対象とした保湿剤ですが、これがワンちゃんの肉球にも効果的なのです。 ワセリンを塗ることで、肉球に油膜ができ水分の蒸発を防いでくれます。 中でもおすすめなのは「白色ワセリン」。 白色ワセリンは、不純物の含有量が少なく、さらに匂いもないのでワンちゃんでも安心して使用することができます。 使い方は簡単で、クリーム同様に毎日か数日に1回、肉球に塗ってあげるだけです。

犬の肉球のひび割れに効くクリーム

では、最後にワンちゃんの肉球のひび割れを心配しているあなたに、本当におすすめな「肉球のひび割れ対策グッズ」を3つ紹介します。 悩んでいる飼い主さんは必見ですよ!

プロテクタパッドクリーム

椿オイルと植物性のスクワランオイル。 無香料、無着色なので、ワンちゃんにストレスを与えることなく使用することができます。 また、肉球だけでなく、ワンちゃんの皮膚全体に使用しても大丈夫なのは嬉しいポイント!

みつばち本舗 みつろうクリーム

愛犬の肉球の乾燥、ヒビ割れ、アスファルト焼けのケアから、肘タコにまで使える万能クリーム。 天然素材成分を使用しているので、ワンちゃんが舐めても安心です。 また、ティーツリー配合なので殺菌力もあり、散歩終わりにも大活躍してくれます!

ペットクール オーガニックシアバター

厳選されたオーガニックシアバター配合の肉球クリーム。 ベタつきがなく滑らない、すばやく馴染んで長時間保湿がポイントとなるクリームです。 もちろん、植物エキスなので、舐めても安心!

まとめ

この記事では、犬の肉球のひび割れについて、原因や対策方法を解説しました。 肉球のひび割れはどうしても防ぐのが難しいことでもあるので、日々の徹底的なケアが大切となってきます。 ぜひ、今日紹介したケアグッズなどを使って愛犬を守ってあげて下さいね!

犬の平均睡眠時間とは?

大事にしている愛犬だからこそ、睡眠時間という些細なことでも気になってしまいますよね! 「ずっと寝ているけど、体調でも悪いのかな?」という疑問や、逆に「全然寝てないけど大丈夫?」という疑問を抱く飼い主さんも多いでしょう。 この記事では、そんなワンちゃんの睡眠について深ぼっていきます。 まず、そもそも犬とは平均的にどれくらい寝る生き物なのでしょうか?

成犬の平均睡眠時間

成犬の必要な睡眠時間は、およそ12~15時間とされており、1日の半分以上は眠っていることになります。 また、体が大きな犬になればなるほど睡眠時間は長い傾向にあるとも言われています。 寝過ぎな気もしますが、この長い睡眠がワンちゃんの体を支えているのです。

老犬の平均睡眠時間

では老犬の睡眠時間はどうなのでしょうか? 老犬の場合は、18時間〜19時間が睡眠時間として必要とされています。 歳をとっている犬の場合、やはり若い犬よりも体力の回復に時間がかかってしまうようです。

子犬の平均睡眠時間

さらに長い睡眠時間が必要なのは子犬の場合です。 子犬に必要な睡眠時間は18〜20時間。 子犬の場合は、起きている時には元気に遊び回りエネルギーを使うので、その分、たくさん寝て体力を回復・体を成長させるようです。 「寝る子は育つ」とはこのことですね!

犬種での違いは?

では、犬種によって必要な睡眠時間は変化するのでしょうか? 先ほど少し紹介しましたが、一般的には体が大きな犬ほど長い睡眠傾向にあると言われています。 例えば、マスティフやセントバーナードなどの超大型犬は、行動するとエネルギーをたくさん使うので、長時間睡眠の傾向にあります。 また、体の大きさ以外にも犬種によって睡眠時間が変化する犬種もいます。 例えば、ボーダーコリーやシベリアンハスキーなどです。 この2犬種は作業犬であり、活動時間を長くするために、睡眠時間が短い傾向があると言われています。

犬が睡眠不足になったら…

犬には、人間よりもはるかに長い睡眠時間が必要であることはご理解頂けたでしょうか? では、もしワンちゃんが何かしらの寝れない原因を抱えてしまい、睡眠不足になってしまうとどうなるのでしょう? ここからは、ワンチャンに快適な睡眠をとってもらうために飼い主さんが知っておかなければいけないことを解説します。 まずは、睡眠不足によって引き起こされるワンちゃんへの危険を見ていきましょう。

寿命が縮まる

人間もそうですが、睡眠不足が続くと心身ともに疲れきってしまいます。 ワンちゃんも、睡眠不足の状態が続いてしまうと、心身共に疲れてしまい、結果的に寿命を縮めてしまうことがあります。 どんなに愛犬にかまいたくても、大切なパートーナーだからこそ大切な睡眠時間は守ってあげましょう。

ストレス状態

また、睡眠時間が短いとストレスが溜まった状態が続きます。 特に、家にやってきたばかりの子犬などは、突然環境が変化したこと、さらに、居住の変化により質の良い睡眠がとれない日々が続いたりと、強いストレスを抱えることになります。 強いストレスは、飼い主であるあなたの言うことを聞かずに、問題行動を起こす原因にもなるので、注意が必要です。

犬に快適な睡眠を届ける方法は?

犬の睡眠不足が、大変な事を引き起こしてしまうことは分かりましね! では、実際に犬の睡眠不足を防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか? ここからは、愛犬に快適な睡眠を提供する方法を解説していきます。

快適な温度設定

まず大切なのが「快適な温度」です。 人間でも寝る時に温度調整は大変ですが、ワンちゃんの場合は自身での体温調整ができないためもっと大変な作業になります。 犬種や年齢によってバラつきがあるので、次に紹介する目安の温度を参考に、愛犬の様子を見ながら調整してあげて下さい。 【参考室温】 〈シングルコート〉 夏季/約22~25度 冬季/約20~25度 〈ダブルコート〉 夏季/約23~26度 冬季/約19~23度 ※シングルコート…季節によって毛が生え変わらない犬種 ※ダブルコート…季節によって毛が生え変わる犬種 また、老犬や子犬は体温調節が不得意なので、冷えには特に注意してあげましょう!

犬が安心できるベッド・寝床の確保

また、犬が安心して熟睡できるような寝床の確保も大切になってきます。 犬にとって安心・快適な寝床の条件とは、 ・ちょうど良い固さのベッド ・夏はひんやり、冬はあったか素材のベッド ・地面よりも少し高いところ ・あごを乗せれるマクラ ・リビングなど家族がいるところ このような事を満たしていると、犬にとって安心・快適な寝床と言えるでしょう。

適度な運動

適度な運動も愛犬の熟睡を誘うには必要なこととなります。 犬とは元々走り回る動物です。 そのため、運動不足などエネルギーが余っていると、どうしても寝つきが悪くなります。 散歩に連れて行ったり、遊んであげたりと、その犬種によった適切な運動量をクリアできるように工夫をしてあげましょう。

寝床を清潔にする

また、清潔面も考えて、寝床は定期的に洗濯、日干しなどをしましょう。 皆さんもできる限り、清潔でふかふかなベッドで寝たいですよね?ワンちゃんもそれは同じです! 月に1~2回程度を目安とし、寝床をきれいにしてあげることで、ワンちゃんも快適に眠ることができます。

犬が睡眠中にすぐ起きるのはなぜ?

「散歩もたくさんした、寝床も気をつけている!なのになんですぐ起きちゃうのー?」なんて疑問を抱えている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか? 最後にこの疑問にお応えします! ワンちゃんが睡眠中にすぐ起きてしまうのは、犬という動物の特性からです。 犬の睡眠は、8割が浅いレム睡眠で、熟睡状態は残りの2割となります。 これは野生の時の名残りで、寝ているというより、体を休ませているため。 なので、すぐに愛犬が起きてしまうからと心配する必要はありません!

まとめ

この記事では「犬の睡眠」をテーマに、犬に必要な睡眠時間、快適な睡眠を届ける方法などを解説しました。 人も犬の睡眠というのはとても大切なことになります。 ぜひ、この記事を参考にあなたの愛犬の睡眠を守ってあげて下さいね!

愛犬に無視される5つの理由

普段あれだけ一緒に遊んでいるのに… おやつを持っている時は言うことを聞いてくれるのに… 毎日可愛がっているのに… 「どうしてこの子はいきなり無視するの!?」 なんて経験をしたことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか? どんなに毎日大切に思いながら世話をしていても、犬はふと飼い主さんを無視することがあります。 ですが、これはワンちゃんが悪いわけでも、ましてや飼い主であるあなたが悪いわけでもありません! この記事では、ワンちゃんが飼い主さんを無視してしまう理由と、飼い主であるあなたはどうしたらいいのかを解説します。 まずは、ワンちゃんがあなたを無視する理由を見ていきましょう!

恐怖や興奮で動けない

怖がる犬 ワンちゃんは恐怖や過度な興奮といった強い感情を抱くと、正常な判断ができなくなってしまうことがあります。 人間も同様ですよね。 そんな時、あなたが何を指示してもワンちゃんは言うことを効かず、飼い主からすれば無視されたという状態になります。 ですが決してワンちゃんに悪気があるわけではありません。 もし、犬が何かに怖がっているような時には、無理強いしないで、犬を安心させるよう努めましょう。 そうすることで、もっとあなたとワンちゃんの心の距離は近づくはずです。

飼い主を魅力的と思っていない

あなたにとって魅力的な人と、そうでない人が目の前にいた時、二人のうちどちらとより話したいと思いますか? もちろん、魅力的な人と話したいでしょう。 非常に残念なことに、ワンちゃんも同じことを考え、行動してしまいます。 つまり、あなたの魅力が足りていないということです。 飼い主よりも他の人や犬に関心があったり、おもちゃ遊びが楽しかったりすると、飼い主を無視することがあります。 また、場合によっては飼い主の元へ行くと叱られると思って、近づかないワンちゃんもいます。 普段から叱ってばかりだなという場合には、褒めてあげる努力もしっかりとしていきましょう。

“犬語”を話していない

犬と話す飼い主 人間同士では、共通の言語があるため、言葉でコミュニケーションをとることができますが、人と犬ではこの共通言語がありません。 つまり、そもそも愛犬が飼い主さんの言葉を理解できないことは当たり前のことなのです。 それでも賢い犬は「飼い主さんの声」だけを頼りに、自身の経験から”自分の名前”や”してはいけないこと”などを覚えていきます。 それにもかかわらず、飼い主さんが普段と「違う言葉」「異なるイントネーション」でしつけをしたり、「小さく聞き取りづらい声」で話しかけたらどうでしょうか? 当然ワンちゃんにとっては理解が難しく、反応のしようがありません。これが、愛犬があなたを無視する原因です。 これを防ぐためには、「いつも通りに」「ハッキリと」愛犬に話しかけてあげることが必要になってきます。 さらに工夫としてジェスチャーを加えると、ワンちゃんも多少声が聞き取りづらくても「これをすればいいんだ!」と判断がつきやすくなります。

聴力の低下

犬があなたを無視する理由のひとつに「ワンちゃんの聴力の低下」もあります。 飼い主にとっては考えたくないことですが、もしいつも通りに大きな声で呼んでも、犬が全く反応しなかったら、聴力の低下を疑い、病院で一度診てもらいましょう。

疲労で適切な判断ができない

疲れている犬 強い恐怖や興奮時と同様に、犬は精神的な疲労(ストレス)や肉体的な疲労を感じると、適切な判断ができなかったり、反応が鈍いことがあります。 犬はこのような時には、様々なサインを出します。 例えば、散歩中の疲れであればジッと飼い主さんを見つめたり、立ち止まったりです。 また、あくびにも「ストレスを感じたので、気分転換をしよう!」というワンちゃんの気持ちが隠されています。 このようなサインを見つけた時には、犬をしっかりと休ませてあげることが大切です。

愛犬に無視される時の正しい接し方

愛犬があなたを無視する理由には、様々なことがあることが分かりました。 それでも、やっぱり愛犬には無視されずに好かれたいものですよね…。 そんなあなたに嬉しいお知らせが…! 一度無視されたからといって、手遅れではありません。あなたも努力次第で愛犬に好かれる方法があるんです。

信頼関係を築く

犬を抱きしめる飼い主 まずは改めて、愛犬との信頼関係を築いていきましょう。 無視されることが続く時には、犬との根本的な関係を見直すことが必要です。 その中で特に重要なことは犬を叱らないこと。 できないことを叱るのではなく、褒めて伸ばすことで愛犬はあなたのことを怖がったり、嫌いになったりすることはありません。 犬がお手などのトリックを何かをしたら、ベタ褒めしてあげましょう!

好感度を上げる

また、シンプルに高感度を上げるというのも大切になってきます。 動物は、自分がしたことに対して何か良いことが起きればそれを経験とし、繰り返し同じ行動を行います。 その逆も然りで、嫌なことが起きればその行動は避けるようになります。 もし、あなたが愛犬に無視されているのであれば、あなたの元に行くことにネガティブな印象を持っているのかもしれません。 そんな時は、呼んだらお菓子をあげるなどの工夫をして、あなたに近づく=良いことが起きると認識させるようにしましょう。

まとめ

この記事では、愛犬に無視される理由とその解決策を紹介しました。 ワンちゃんは様々な理由で飼い主であるあなたを無視することがありますが、これはワンちゃんが悪いのではありません。 むしろその解決策は、あなたがもっと寄り添ってあげること。 ぜひ、この記事を参考に愛犬と良好な関係を築いていって下さいね。

犬のしつけに無視が効果的なのはなぜ?

犬のしつけに「無視」することが良いとされるのは何故か知っていますか? 実は、犬のしつけは飼い主の皆さんが思っているよりも遥かに難しいことなんです。 愛犬を「叱った」時のことを思い出してみて下さい。 100点満点中何点付けれるでしょうか? 叱るのが可哀想で本気で叱れなかったり、中には、思わず感情的に少し手が出てしまったなんて方もいるはず。 また、叱っても叱っても、愛犬が言うことを聞いてくれない状態なのであれば、これは「しつけ」にはなっていません。 そう、しつけとして愛犬を「叱る」とは加減もやり方も非常に難しい方法なんです。 そこで効果的なしつけが愛犬を「無視」すること。 一見、「無視」することは可哀想に思えますが、必要以上に愛犬を怖がらせる必要もありませんし、愛犬もしっかりと飼い主の言うことを理解してくれ、最後には互いに良い関係を築いていくことができます。

犬を無視するしつけ方法が効果的なシーンとは?

まずは、愛犬を「無視」すると、しつけとして効果があるシーンを見ていきましょう。 もちろん、全てのしつけで無視することが効果的な訳ではありません。 無視するしつけが、どんな時により効果を発揮するかを知ることで、間違った無視で愛犬を傷つける必要がなくなります。

無駄吠え・要求吠え

吠えている犬 最初に紹介するのは「要求吠え」。 飼い主に対して要求吠えをしてくる犬は、今までの経験から、吠えると自分の望み通りになることを知っています。 そんな要求吠えに一番効くのは「無視」すること。 無視することで、吠えても自分の要求が通らないことを、身をもって犬に教えるのです。

甘噛み

次に紹介するのは「甘噛み」。 叱るほどそんなに痛くないから、とついつい許してしまいがちですが、これも「無視」してしつけていきましょう。 例えば、愛犬と遊んでいる時に甘噛みが始まったら「一旦遊ぶことを止めて、静かにその場から離れる」これが効果的な無視のやり方になります。 こうすることで、ワンちゃんは「人を噛んだら遊んでもらえなくなる」ということを覚えていきます。

飛びつき

飼い主に飛びつく犬 最後に紹介するのが「飛びつき」。 これも、遊んでいる最中の甘噛みと似ていますが、ワンちゃんは「飛びついたら構ってもらえる」と思い込んでしまっています。 飛びつきの場合も、徹底的に無視して、そうではないことを教えてあげましょう。 犬が落ち着き、飛びつくことを止めた後に構ってあげることで、ワンちゃんも飛びつきはダメなんだということを理解してくれます。

犬を無視するしつけ方法の正しいやり方と注意点

では、先ほど紹介したシーンで上手に「無視する方法」とはなんなのでしょうか? 無視するしつけは効果的ですが、やり方を間違えると、ワンちゃんは相変わらず言うことを聞いてくれず、ただ単に愛犬とあなたのコミュニケーションの時間を減らしてしまうことに繋がりかねません。 ここからは、上手な「無視」のやり方と注意点を解説していきます。

無視するのは罰ではない

まず最初に飼い主であるあなたに知っておいて欲しいのは、「無視すること=罰」ではないということです。 愛犬を可愛がっているあなたは、ひょっとしたら、無視すること罪悪感を抱いてしまうかもしれません。 ですが、無視することは犬を悲しませたり、責めたりするためのものではなく、あくまで、犬に「そんなこと(要求吠えなど)しても、無駄だからね」と教えてあげることが目的のトレーニングとなります。 愛犬も飼い主であるあなたも傷つかない「しつけ」、それが「無視」することなのです。

タイミングと時間が大切

ここからは実際に「無視」する時の上手なやり方を見ていきましょう。 しつけで無視する時には、タイミングと時間が非常に重要になってきます。 無視をする上手なタイミングは、しつけたい行動(要求吠えや飛びつき)が始まった時であり、それを続ける時間はその行動が止まるまでです。 無視することを早めにやめてしまうと、犬にとっては「何がダメだったか分からない」状況になります。 その逆も然りで、長すぎると何がダメだったか分からない上に、ワンちゃんにとってはストレスにもなってしまいます。 また「無視」という行為も徹底しなくてはいけません。 無視=全く何も反応しないことで、微笑むのも、視線を合わせるのも駄目です。 飼い主であるあなたが中途半端にやってしまい、愛犬が言う事を聞かないからと、あまりにも長い時間かけて行ってしまうと、逆にワンちゃんは悲しんでしまいます。 愛犬のためにも、メリハリを付けながら行いましょう。

犬を無視しても要求吠えが治らない場合

では、どうしても要求吠えが止まらない時にはどうしたらいのでしょうか? 結論から述べると、これは飼い主であるあなたと愛犬の根比べになります。 犬の性格も様々ですので、諦めが早くすぐに鳴き止む子もいれば、いつまでも自分を通そうと長く吠え続ける犬もいます。 後者の子の場合は、どんなに長時間吠えていたとしても徹底的に負けずに無視することが必要。 先ほど長い間の無視は厳禁と先述しましたが、効果がない場合は仕方がないのです。 また、これから犬を飼うという飼い主さんは「そもそも吠えさせる状況を作らない」というのもポイントになってきます。 そもそも要求吠えをしてしまうのは、過去に、吠えることでおやつを貰えたといったような記憶があるためです。 家に迎え入れた時から「吠えても、何もいいことはないよ」という事を理解させておけば大人になって要求吠えのしつけに困ることはありません。

まとめ

この記事では、上手に愛犬をしつける方法「無視」について解説しました。 非常に効果的なしつけの方法ではありますが、注意点もたくさんあります。 ぜひ、この記事を参考に正しい無視をして、大好きな愛犬を正しくしつけてあげて下さいね!

犬に必要な栄養とは?

そもそも、犬にとって必要な栄養とはなんなのでしょうか? 実は、これは人間と同様の「5大栄養素」と言われています。 5大栄養素とは、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルのこと。 もちろん、犬と人間では生物として異なるため、それぞれ摂取すべき栄養とその量は異なります。 ですが、基本的には人間と同じようにバランス良く栄養を摂取していくことがポイントで、今日紹介する野菜からはビタミンやミネラルを摂取することができます。

犬の健康にいい野菜一覧

では、ここからは実際に「犬の健康にいい野菜」を見ていきましょう! それぞれの野菜で、なぜ健康にいいのか?や食べさせるときのワンポイントも紹介していきます!

にんじん

人参 まずは「にんじん」です。 基本的に、にんじんには犬にとって有害な成分は入っておらず、おやつにも最適。 中でも「βカロテン」を豊富に含んでおり、これは体内でビタミンAに変換されます。 にんじんには、皮膚の健康状態を良くする働きや、老化を抑制する働きがあるのもポイント。 その上、ヘルシーな野菜なので、シニア犬やダイエット中のワンちゃんにもおすすめです。 生で食べさせると固いので、与える時は「茹でる」「細かくカットする」を忘れずに行いましょう! すりおろして与えるのも◎

かぼちゃ

かぼちゃ 次に紹介する野菜は「かぼちゃ」。 かぼちゃにも、カロテンやカリウム、ミネラルやビタミンなど、様々な栄養素が含まれています。 カリウムは、代謝や血圧の調整を行ってくれ、ビタミンは愛犬の体を強く、病気になりにくい体に! また、食物繊維も豊富であるため便秘気味のワンちゃんには特におすすめの野菜でもあります。 ですが、食べさせるさせるときにはいくつか注意点もあり! まずは、「食べさせすぎないこと」です。 かぼちゃは高カロリーな食べ物なので、毎日は与えずに「たまに数切れだけ」を守りましょう! また「種や皮に注意」もしなくてはなりません。 種は、ワンちゃんの紹介に悪いので、必ず全て取った上で食べさせるようにしてください! また、皮は最悪食べても問題ありませんが、これも消化に悪いので食べさせるとしてもすり潰してからにして下さいね!

トマト

トマト 次に紹介する野菜は、ワンちゃんの中でも大好物にしている子が多い「トマト」。 トマトには、ビタミンやカロテン、リコピンが多く含まれています。 リコピンには抗酸化作用があり、代謝を良くして老化防止をしてくれるという嬉しいポイントも! トマトも与えるときにはいくつかの注意点があります。 まずは、「完熟トマトの実の部分だけ」を食べさせること。 トマトには、トマチンという危険な物質が入っており、これが完熟していないトマトやトマトの葉や茎に含まれています。 トマチンには殺虫剤のような効果があり危険なので、必ず間違えて与えてしまわないようにしてください! 次に注意したいのは「アレルギー」です。 ワンちゃんの中にはトマトでアレルギー反応を出してしまう子もいます。 初めて食べさせるときには、少量かつ、もしもの時にすぐ病院に行けるときに食べさせましょう!

キャベツ

キャベツ 「キャベツ」も犬の健康にいい野菜のひとつです。 キャベツは特にビタミンが豊富に含まれていて、その代表的なものがビタミンC・K・Uです。 ビタミンCには疲労回復やがん予防、ビタミンKには骨の形成、ビタミンUには胃腸の粘膜強化のサポートをしてくれる役割があります。 キャベツは生でも食べれますが、生で与える時には「柔らかい部分を少しだけ」与えるようにしましょう! キャベツの硬い葉の部分は消化に悪いので、もしあげる時は「茹でて」与えるのが◎ また、キャベツの芯には、硝酸イオンという中毒物質が微量ながら含まれており、さらに食べる時に喉につまらせてしまう可能性もあるので、生でも茹でても与えない方が良いです。

さつまいも

さつまいも 最後に紹介するのは「さつまいも」。 皆さんご存知のとおり、さつまいもは甘く、ワンちゃんもそんな甘いさつまいもが大好き! さつまいもには、食物繊維やビタミン、炭水化物などが入っています。 食物繊維は、ワンチャンのお通じを良くしてくれ、炭水化物は日々の生活のエネルギーに! ですが、さつまいもは生で食べると消化に悪い野菜でもあります。 さつまいもを与える時には、しっかり加熱をして、肥満にならないように少量ずつ食べさせて上げましょう。

犬にあげてはいけない野菜一覧

ここまでは、犬に食べさせても大丈夫、「むしろ食べさせたい野菜」を紹介しました。 その一方で、飼い主であれば絶対気をつけなければいけないNGな野菜も存在します。 ここからは、そんなNG野菜を見ていきましょう!

ネギ

ネギ 「ネギ」は、その名の通りネギ属に分類されます。 犬にとって最も危険な野菜の代表格なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか? ワンちゃんがネギ属のものを食べてしまうと、赤血球に異変が起こり、貧血状態などが起こしてしまいます。 最悪の場合、死に至ることも…。 ネギを含むネギ属の野菜は絶対食べさせないようにしましょう!

玉ねぎ

「玉ねぎ」も、ネギ属に分類されます。 そのため、絶対に犬に食べさせてはいけない野菜のひとつです。 ネギ同様に、食べてしまうと赤血球に異変が起こり、大変な事態を招いてしまいます。

ニラ

実は「ニラ」もネギ属に分類されます。 名前に”ねぎ”が入っていないため、覚えにくいですが、必ず覚えておいて下さいね! 少量でも危険で、「ネギ中毒」に陥り、嘔吐や貧血を引き起こしてしまいます。 ニラのように分かりにくい野菜もあるので、基本的に愛犬に野菜を食べさせる時は、その野菜は食べさせても大丈夫なのか?を一度調べて与えることをおすすめします!

犬に野菜を与える時の注意点

最後に、犬に野菜を与える時の注意点をまとめておきましょう。 これは全ての野菜に共通して言えることなので、ワンちゃんを愛してやまない飼い主さんは必見ですよ!

注意点①種や茎は取る

かぼちゃと種 犬に与えても大丈夫な野菜と言えども、「種や茎」には注意が必要です。 野菜の種や茎、また、皮や芯は基本的に犬の消化には悪いことがほとんど!これは覚えておきましょう。 また、喉や食道で詰まる可能性が高い部分でもあり、万が一、喉に詰まらせてしまうと手術が必要になるケースもあります。 ワンちゃんに野菜を与える時には、基本的に「野菜の種や茎、皮や芯」は与えないようにしましょう。

注意点②与える量

また、野菜を与える量も注意したいポイントです。 健康に良い野菜やその栄養素と言えども、食べ過ぎはむしろ体の毒になってしまうことも…。 また、人間同様に犬も野菜を大量に摂取してしまうと、消化器官に大きな負担がかかってしまいます。 ワンちゃんに野菜をあげるにしても1日の食事量の10%程度に収めましょう!

まとめ

この記事では、ワンちゃんの「健康に良い野菜」をテーマに犬の食べ物について解説しました。 犬にいい野菜でも、与え方には工夫や注意点が必要だったりということが分かったかと思います。 ぜひ、飼い主であるあなたがワンちゃんの食生活をしっかり考えて、管理してあげて下さいね!

犬が伏せる理由とは?

犬が「フセ」とコマンドを出していないのに、自分から伏せる場合があります。 あれってどういう意味があるのかなと思ったことはありませんか? 体調が悪い時もあれば、何かの意思表示等さまざまな意味を持っています。そして伏せるシチュエーションによってもその意味合いは違ってきます。 いろいろな場合の伏せる意味を知って、愛犬の気持ちを読み取れるようになりましょう。

カーミングシグナルの概要

犬は言葉を話さない代わりに、その体で多くのことを意思表示しています。 犬同士は互いにそのしぐさで相手の意思を理解できる世界共通のものなのです。 人間でもボディランゲージということがありますが、犬の場合は「カーミングシグナル」と言い、全部で27個のしぐさに分類されています。 カーミングは落ち着かせる、シグナルは信号という意味で、つまり自分や相手を落ち着かせるための合図ということです。 その一つが伏せるという行為です。伏せることでお互いに気持ちを落ち着かせ、ストレスをためないようにしています。 また犬同士だけでなく、私達がカーミングシグナルを理解することで犬のストレスや不安を取り除けたり、信頼関係をより深くすることができるのでたいへん重要です。

病気の兆候?体調が悪いから伏せる

伏せることで気持ちを落ち着かせているという場合もありますが、注意しなければならないのは体調不良の場合です。 いつもは元気で散歩の時間になるとソワソワするのに伏せてばかりでおとなしい、ご飯もあまり食べないというような時は、何かの病気の兆候かもしれません。 特に数日続くようなら、動物病院に行って診察を受けることをおすすめします。 無気力でいることは病気の初期症状の場合もよくありますので注意することが必要です。 また、老犬になってくると伏せて寝ている時間が増えます。 病気というよりは体調を自分自身で整えていることもあるので変化がないか、様子をよく観察してあげましょう。

つまらないから伏せる

犬は感情表現が豊かな動物です。嬉しい時は笑顔になるし、つまらない時には退屈そうな顔をします。 そのつまらないなぁという感情の時、すねたように上目遣いをして伏せることがあります。 遊んでいたのに急におもちゃを取り上げられたり、散歩に行けると思って喜んだのに「まだ行かない。」と言われたり。 期待していたことがなくなった時にがっかりして諦めたような顔をします。 いつも活動的な犬ほど落胆している表情で伏せたりします。 また、いたずらが見つかって怒られた時に伏せておとなしくしていると人は反省したと思いがちですが、案外犬はつまらないと思っているだけかもしれません。

服従心を示している

犬のしつけとして「おすわり」や「待て」「フセ」を教えますが、中でも犬が伏せるという行為は、飼い主への服従心の表れです。 飼い主との関係がしっかりとできていることで、伏せて待つことができ、マナーが守れたり災害や事故から犬を守ることができます。 どんな状況でもしっかりと伏せができる犬はドッグカフェなどの外出先でも困ることがないでしょう。伏せることで落ち着いていられるからです。 犬に伏せを教えることは根気がいりますが、繰り返すことで必ずできるようになります。 オヤツやおもちゃなどモチベーションを上げて毎日少しずつ取り組みましょう。

犬が伏せるシチュエーション

犬が伏せることはカーミングシグナルの一つで心を落ち着かせるために行う動作です。 では、実際にどんな場面。シチュエーションで伏せをするのでしょう。 そしてその時の犬の気持ちはどんなシグナルを送っているのか、3つのシチュエーションで見てみましょう。 具体的な場面を想像すると犬の気持ちが理解できるようになり楽しいですね。

欲しいものを目の前にして伏せる

欲しくてたまらないものが目の前に現れた時、自分から伏せて感情をコントロールしようとしています。 大好きな友達や家族が近づいてくるのがわかった時やご飯・オヤツの前など、伏せることはありませんか? もううれしくてワクワクして待ちきれない気持ちをなんとかセーブしようと我慢しているのです。 これは子どもだと難しいこともあるので、大人の感情ですね。 そんな時は目がキラキラしているでしょう。それでも自分の気持ちをコントロールしようとしていることを褒めてあげましょう。

散歩中に伏せる

散歩中に突然犬が伏せてしまうと、疲れたのか、歩きたくないのかなと思うかもしれません。 でも他の犬がやってくるのを見つけて伏せる時はカーミングシグナルを送っているのです。 これは相手に敵意がないことを伝えています。 フレンドリーな犬に多く見られ、伏せることで相手の気持ちも落ち着かせ、「ケンカしないよ、仲良くしようよ。」という意思表示をしています。 さらに鼻や口の周りをペロペロなめる行為をしてくることもあり、好意を持っていることの表れです。

追いかけっこ中に伏せる

犬同士で仲良く遊ぶ姿はほのぼのとして愛らしいですね。 元気に追いかけっこをしている最中にも突然伏せることがあります。ヒートアップしすぎた感情を抑えようとしている時です。 犬は興奮しやすいですが、あまりにも興奮度が高くなるとケンカになってしまうこともあります。 そうならないために、一旦冷静になって気持ちを落ち着かせているというわけです。賢い行動ですね。 とても社会性がある行動なので、休憩させるタイミングにしましょう。

まとめ

犬が伏せるという行動は自分や相手を落ち着かせるカーミングシグナルとして覚えておきましょう。 言葉を話さなくても犬はしぐさで思いを伝えています。 さまざまな場面で犬の気持ちを理解できると不安やストレスを解消してあげることにつながります。 また、しつけとして教えることでそれを学び、さらに犬同士の中でもシグナルを出せるようになるのはとても素晴らしいことです。

犬が白目をむいて寝るのはなぜ?

愛犬が熟睡している時にふと寝顔を見ていると「えっ!?白目むいてる!!」とびっくりする時がありますよね。 白目をむきながらぴピクピク動いているもんだから段々心配にもなってきます。 白目をむいて寝るのは何か問題があるのか?理由は何なのか?という事がわからないので、余計に心配になってしまいますよね。 そこで、今回は犬が白目をむいて寝るのは何故なのか?という事を検証していきます。

犬が白目をむいて寝る理由

犬が白目をむいて寝る理由としては、全身が脱力状態になっている事が考えられるようです。 安心しきって熟睡している環境にいるという事ですので、飼い主さんは心配せず寝かせてあげて下さいね。 脳が完全に眠っている状態なので身体の力が抜けて白目をむきながら舌を出していたり、おならをしたりする事もあります。 そんな時は少し触っても起きないです。 それだけ安心している環境で寝ているという事は飼い主さんにとっては嬉しい事なのではないでしょうか。

寝る時は白目でもOK

なぜ白目をむいているのかわかったら飼い主さんも安心してのではないでしょうか。 犬も人間と同様、寝ている時の姿勢や癖は様々で、時にはいびきをかいたり、寝言を言ったり、体がビクビク動いたりと犬にも個性があります。 本当に人間と同じ事をしているのですね。 そのような事から、犬が白目をむいているからと言って何か深刻な病気がある、問題があると言った事がありませんので安心して下さい。 安心しきった状態で熟睡していますので、心配だからと言ってゆすって起こそうとしたりせずに、ゆっくり寝かせてあげるようにしましょう。

犬が白目をむいて寝るとギャップが凄まじい!

普段はとっても可愛い犬やクールな犬でもいったん熟睡してしまうと白目全開!! 普段とギャップがあまりにも凄まじすぎて思わず笑ってしまう飼い主さんからホラーだと感じる飼い主さんまで様々。 しかし、そんなギャップ姿がまたまた愛らしく感じてしまうんですよね。 そこで、ここでは普段と白目のギャップについてご紹介していきます。

普段と白目のギャップ

どんなに可愛い犬やクールな犬でも熟睡してしまうと白目をむいて寝ています。 初めて見る方はびっくりしてしまうかもしれませんが、慣れている飼い主さんかすればそのギャップがまたまた可愛い!と思っている方が多いもの。 「愛犬のギャップはどんなところ?」と聞かれると「白目をむいて寝ている時の顔」と答える方も多いのではないでしょうか。 まさにギャップ萌えというやつですね!

白目でも可愛い!

白目をむいて寝ているという事は、安心して熟睡している事を先ほどご紹介しましたね。 一瞬ホラーだと思う方は大丈夫? と心配する方もいますが、白目をむいて寝ている時は安心しきっている状態ですので、自分で起きてくるまでそっとしておいてあげましょう。 白目をむいていようが、舌が出ていようが、おならをしようが可愛いのには変わりありません。 飼い主さんはそれだけ信頼されていますし、愛犬が安心して熟睡できる空間を作ってあげているという事ですので、誇りを持って下さい。

まとめ

今回は、犬が白目をむいて寝る理由をご紹介しました。 長年犬を飼っている方からしたら「あるある!」という出来事なのですが、 初めて見る方は「病気じゃないの?」「ゆすっても起きないんだけど大丈夫?」と心配してしまいます。 白目をむいて寝る理由としては全く心配するような事がなく逆に安心しきって熟睡している状態ですので、飼い主さんは安心して大丈夫です。 ゆすっても起きない事もありますが、完全に脳が寝ている状態ですので、熟睡している時は無理に起こそうとせずそっとしておいてあげましょう。

犬が噛むしうなる!理由や飼い主との関係

愛犬が噛んだりうなったりして困るという声をよく耳にしますが、何が原因でそのような行動に出てしまうのか人間にはわからないですよね。 言葉を話せない犬がそうなってしまう理由は様々考えられますが、飼い主さんが犬の行動からなぜこうなってしまうのかを理解してあげる事が大切になってきます。 そこで、今回は犬が噛んだりうなったりする理由や飼い主さんとの関係についてご紹介していきます。

物に執着する犬

犬は元々独占欲が強い生き物で、ご飯を食べている時やお気に入りのおもちゃで遊んでいる時に近づいたり、邪魔したりしようとすると「自分の物を取られてしまう」と感じ、うなり声をあげて抵抗する事がよくあります。 飼い主やその家族にそんな気持ちがなくても噛みついてしまうという事も。 物に執着する愛犬の場合は、「飼い主は取り上げたりしないよ」というイメージを愛犬に持たせるのが大切です。 具体的な例をあげると、飼いはじめた時に、ご飯皿に盛ってあげるのではなく、飼い主さんの手から直接あげるようにすれば「奪う人ではない」と認識できるでしょう。 遊びに関してもおもちゃなどに対しては「ちょうだい」「ダメ」「離せ」などのコマンドを使い、引っ張り合いや遊びを終わらせるのです。 飼い主さんの言うコマンドに従った場合は、褒めてあげる事を忘れないようにして下さい。 ご飯にしてもおもちゃにしても強引に取り上げたりすると、より執着心が強くなってしまいますので注意しましょう。

飼い主との関係

よく耳にするのは「噛み癖が治らないのは飼い主を下に見ているからだ」「完全になめられている」という事ですが、果たして飼い主と愛犬の主従関係は必要なのでしょうか? もし愛犬に噛み癖があるのでしたら以下のような事があるかもしれませんのでチェックしてみましょう。 ・体罰を使った事により、愛犬が飼い主に危険を感じる事が増えた ・体罰を使った後の方が、抵抗が激しくなり、うなりや噛みつきが増えた ・今までうなって警告していたものが警告なしに噛みついてくるようになった 上記の事は、飼い主が愛犬に体罰をしてしまった副作用によるものでよくあります。 このように噛み癖を治そうとする時に飼い主と愛犬の主従関係は必要なく、飼い主と愛犬の日頃からのコミュニケーション、愛犬の気持ちを理解してあげる事が先決です。 ですので、愛犬が噛みつくような状況をまず作らないこと、動機をなくしてあげるのが重要になってくるのです。

犬が噛むしうなる!しつけは必要?

犬が噛んだりうなったりした場合、しつけは必要だと思いますか? 犬は通常、攻撃的な生き物ではないのですが、そうだとしたら何故噛みついたりうなったりするのでしょう? 飼い主はそこをまず考えてあげなければなりません。 犬の気持ちを理解せず、しつけで治そうとしても中々難しいかもしれませんね。 ここでは、噛んだりうなったりした時にしつけではなく他の方法もあるという事をご紹介していきます。

噛んだ後のNG行動に注意

もし愛犬が噛んでしまったらどのようにしていますか? 多くの飼い主さんは怒ったり、叩いたりしてしまうのではないでしょうか? もしそのようにしてしまっているのであればそれはNGです。 犬は恐怖から噛みついてしまったのに、叩いたり怒ったりする事でより大きな恐怖を与えてしまうという事になり、そうなると信頼関係の崩壊、より噛みつく頻度が増えてしまうという悪循環になってしまいます。 では、犬が噛んだ後にどのようにすればいいのかというと、恐怖の状態にある犬の状況を安心なものに変えてあげるだけでいいのです。 「安心していいよ」「大丈夫だよ」と安心させてあげて下さい。 そして何より大切なのがそのような状況を作らないこと、噛まなくてもいい状況を作ってあげることが重要です。

しつけよりもリスクを避けよう

噛んだから、うなったから=しつけではなく、噛まなくてもいい、うならなくてもいいリスクを避けてあげましょう。 例えば、愛犬が他人を苦手だとわかっているのであれば、公園に散歩に行き、いきなり他人に触らるような事はしません。 そうなれば愛犬も噛むという事をしなくて済むのです。 家族以外の人が玄関に入ってくるだけで、噛みつこうとする、うなるというのであれば、わざわざそこにいさせる必要はなく、別の部屋にいさせてあげればいいのです。 というように、噛む状況やうなる状況を人間がわざわざ作ってしまっているという事が多くあります。 そうならないためにも、愛犬が苦手とするもの、状況を理解して、リスクを避ければ噛んだりうなったりする事もなく、飼い主が怒ったり、叩いたりする事もなくなるでしょう。

まとめ

今回は犬が噛んだりうなったりする理由と、改善方法についてご紹介しました。 人間もそうですが、理由がなくては怒ったりしませんよね? それは犬も同じで、噛みついたりうなったりする理由としてはわざわざ人間がそうさせている状況を作っているという事にあるのではないでしょうか。 ですので、しつけや主従関係は必要なく、愛犬の気持ちを理解してあげる事は噛んだりうなったりする事も減っていくでしょう。