スタッフォードシャーブルテリアとは?

スタッフォードシャーブルテリアは、「スタッフィー」という愛称で知られるイギリス原産のテリア犬種です。 ブルドッグと数種類のテリア等を交配し生み出され、闘犬や番犬として飼育されていました。 そんなスタッフォードシャーブルテリアは、どんな犬なのでしょうか。その特徴についてご紹介していきたいと思います。

スタッフォードシャーブルテリアの特徴

スタッフォードシャーブルテリアは、骨太で筋肉質の体つきをしており、全体的にがっしりとした印象です。 体高は36〜41cm、体重は11〜17kgほどの中型犬で、体高よりも体長が少し長いという点も特徴の1つです。 耳は半立ちで、脚はは太く長いです。尻尾は中くらいの長さで垂れておりとても愛らしいです。しかし、動作は俊敏で、とても軽快に歩きます。 性格は無邪気で陽気でとても人懐こいです。しかし、本来は闘犬だっため興奮しやすく攻撃的な一面があるので、しっかりとした訓練をした後でなければ飼育は難しいです。 運動量は多く、活発に走り回るのが大好きです。

ブルーやブラックなど毛色が多い

スタッフォードシャーブルテリアには、多数の毛色が存在します。 ・レッド(茶褐色、または茶色の毛色の明るめの茶色) ・フォーン(淡い褐色。個体により色の濃淡に幅があります) ・ブラック(黒色) ・ブリンドル(黒褐色にそれより明るい褐色が混じった毛色で、黒と他色の混合) ・ブルー(青みがかった灰色) ・ブラック&タン(黒地に目の上や頬、足先、胸に黄褐色のマーキングがあります。) ・レバー(透明感のある赤い毛色) ・ホワイトレッド(明るい茶色) などがあります。 (※ブラック&タンとレバーは犬種標準では認められていない毛色です。)

抜け毛が少ない

スタッフォードシャーブルテリアは、季節による換毛期がないシングルコートで、短毛なので抜け毛少ないです。 とはいえ、短い毛がからだにみっしりと生えていますので被毛のお手入れは必要です。しかし、抜け毛が少なくて短毛なので、週1〜2回程度のブラッシングで十分です。 毎日ケアする必要もありませんし、ブラシに毛が絡まることもないため、それほどお手入れに手間がかかることはないでしょう。 しかし、散歩や遊んだ後などからだが汚れてしまったときは、濡れタオルを使って汚れを拭き取ってあげましょう。しっかりブラッシングしてあげると、ツヤのある被毛が維持できます。

スタッフォードシャーブルテリアの性格

スタッフォードシャーブルテリアは、骨太で筋肉質の体つきをしており、全体的にがっしりしているのが特徴的な犬です。 本来、闘牛用として改良された犬種。ですので、見た目の特徴からは少し怖そうなイメージですが、実は、陽気で素直な性格なのです。 そんな見た目とギャップのあるスタッフォードシャーブルテリアの性格について細かくご紹介していきたいと思います。

陽気で優しい

ペットとして改良されたスタッフォードシャーブルテリアは、人懐っこい陽気で優しい性格をしています。ですので、良い関係を築くのにそれほど時間はかかりません。 また、とても愛情深く、飼い主に忠実ですので、一緒に暮らす飼い主や家族に対しては、献身的に行動します。ですので、スタッフォードシャーブルテリアとしっかり絆を築くことができましたら、飼育しやすい犬というよりも、大切な家族の一員としての関係を作ることができるでしょう。 また、賢い犬でもあるので、子どもとも仲良く付き合うことができます。それゆえ「ナニードッグ(子守犬)」という愛称で呼ばれることもあります。

時に攻撃的

スタッフォードシャーブルテリアは、本来は闘犬ですので、攻撃的な一面があります。 売られた喧嘩は買うという強気な性格ですので、いったん攻撃モードに入ってしまうと手が付けられなくなります。 普段は素直で優しい性格ではありますが、ストレスが溜まる環境下などで、本能的に攻撃的な性格が出てしまうことがあります。 しかし、攻撃的という言葉を言い換えれば、とても勇敢であるということ。 そのため、番犬としても活躍してくれるでしょう。とはいえ、攻撃的な一面が裏目にでることがないよう子犬のときから徹底的なしつけや訓練が必要な犬種であるということが言えます。

従順

スタッフォードシャーブルテリアは、もともと闘犬であったため、飼い主への従順さを持ち合わせた性格をしています。興奮するといった感情的になるような状況でも飼い主の指示に従う必要があったためです。 そして、素直で賢く、反抗することも少ないのでしつけがしやすい上に、飼い主と良い関係を築くことができる犬種になります。 とはいえ、闘犬の血を引いているため、環境や状況により攻撃的な性格が現れることもありますので、小さいうちから徹底的なしつけが必要になります。

スタッフォードシャーブルテリアの入手や販売

スタッフォードシャーブルテリアの外見的特徴や性格について知っていただき、家族として迎え入れたいと思われた方がいらっしゃるかと思います。 しかし、国内のペットショップではあまり見かけることのない犬種です。 一体、どのように入手ができるのか?入手できたとして購入価格はどのくらいになるのかご紹介していきたいと思います。

ブリーダーから子犬を購入

スタッフォードシャーブルテリアを家族に迎える場合、直接ブリーダーから購入しましょう。 そして、ただかわいい子犬を販売しているということだけで選ぶのではなく、遺伝性疾患に気をつけて繁殖しているブリーダーであるかどうか確かめてください。 値段が多少高いと感じたとしても、正しい繁殖で産まれてきた犬たちは病気になるリスクが低いです。そのため、病院にかかる医療費が少なくて済みますので結果的にはコストを抑えることになります。 どこで、どのように生まれてきたか調べないまま子犬を購入すると、やたら子犬を産ませる目的だけの非道徳的で、不健康な犬を作り出している子犬製造工場であったということにもなりかねません。 たとえ多少値段が高かったとしても、安心できるところから購入するようにしましょう。

平均的な値段

POINT
一般的に、 ・子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか ・血統 ・顔 ・毛色 ・体の大きさ ・月齢 などの要因で変動します。
スタッフォードシャーブルテリアの場合、価格相場は少し高めです。高くて35万円、少し値下げしたとしても25万円くらいの値段になります。 スタッフォードシャーブルテリアは国内ではなかなか手に入れることが困難な犬種になるのでペットショップで見かけることはほとんどないでしょう。 購入となるとブリーダーからになりますが、ブリーダーの数もそれほど多くありません。

まとめ

スタッフォードシャーブルテリアの特徴や性格、入手方法などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 もともとは闘犬として改良された犬種のため、攻撃的な一面を持ってはいますが、素直で陽気、そして優しい性格です。 子犬のうちにしっかり訓練やしつけをすれば、家族として迎え入れるには充分良い関係を築くことができるでしょう。 ただし、日本では簡単に入手できる犬種ではないため、購入はたやすくありません。 心身ともに健康なワンちゃんと出会えるよう購入先は慎重にリサーチをしてから購入するようにしてくださいね。

愛犬の夜泣きの8つの原因とは?

犬の夜泣きは子犬や老犬に起こる事が多いのですが、成犬でも時にはあり、原因はさまざまです。 犬は言葉を話せない分、泣く(吠える)しかないので、飼い主さんがその原因や愛犬の気持ちをわかることが大切です。 そこで、まずは犬の夜泣きの8つ原因をご紹介していきます。あてはまるところを探し、対策も参考にしてください。

1、体調不良や病気

昼間は元気だったのに、原因もわからず夜泣きをする場合は、体調不良か病気を疑ってみましょう。 身体が痛い、苦しいという時は甘えて泣く時と様子が違います。 外的な痛みの場合は、その場所を触ると反応があるので身体をチェックし、どこが痛いのか探ってみて下さい。 触ってもわからない場合は、内臓など目に見えない所の痛みかもしれないので、夜泣きがおさまらない場合は、早めに病院へ連れて行き診察してもらいましょう。

2、不満を訴えている

犬は言葉が話せない生き物ですので、夜泣きと言う形で現れる事があります。 遊んで欲しい、お腹がすいた、トイレに行きたい、寒い、暑い、喉が渇いたなど原因は様々です。 特に日中一匹で留守番しており、飼い主さんが遅くまで帰宅しない場合は、それが原因の事もありますので、毎日少しの時間でもいいので構ってあげてみて下さい。 それでも収まらない場合は、とりあえず散歩に連れて行き、気分転換させてあげるとすんなり落ち着く事も多くあります。 とにかく、様々な考えられる原因と探るようにしましょう。

3、老犬

老犬になってくると夜泣きをするケースが多くありますが、原因としては老化による認知症によって体内時計が狂った結果、昼夜が逆転してしまうという事があるためです。 ぐるぐる同じところをまわったり、トイレの失敗を繰り返すような症状が見られるのであれば、認知症の可能性があるため、早めに病院で診察を受けましょう。 その他、老化による関節痛のせいで夜泣きをしている可能性もあります。 散歩に行くのを嫌がったり、足が震えていたりする場合は要注意です。 その場合も早めの受診をおすすめします。

4、発情期

成犬が夜泣きをする場合、メスもオスも発情期の可能性があります。 メス犬は発情期になるとホルモンのバランスが崩れ、イライラしたり陰部からの出血など普段と違う事が起こるため、犬も不安になり、さらに出血によってお腹の痛みも出てきますので、精神面でもバランスを崩してしまいます。 オス犬の場合は、メス犬が近くにいると、ソワソワし夜泣きをしたり遠吠えをする場合は多いようですが、メス犬もオス犬も去勢や避妊手術をすれば収まる傾向にあります。 去勢や避妊手術は難しい手術ではないですが、リスクもないとは言えませんので、手術を受ける際は病院の先生とよく相談した上で決めるようにしましょう。

5、番犬としての本能

犬は人間より聴覚や嗅覚が優れています。夜など静かな時に外で物音がした、誰かが帰ってきた場合に吠える事があります。 これは犬の本能というべきもので「誰か来たよ」と飼い主さんに伝えています。 しかし、夜だと飼い主さんも必死になってしまい「静かにして!」と大きな声で抑制したり必要以上にオーバーアクションを取りがちですが、そうすると犬も余計に興奮してしまうので、逆効果です。

6、ストレス

飼い主さんが日中家におらず一匹で留守番をしていると、運動不足で体力があり余っている事が原因で夜泣きをしてしまうケースがあります。 個体によって差はありますが、小型犬は毎日20分以上、大型犬は毎日30分以上の運動が必要です。 運動量がストレスが溜まっているようであれば、日中なるべく沢山遊ぶようにし、夜まで体力が残らないようにしてあげる必要があるでしょう。 忙しい飼い主さんであれば出来るだけ帰宅後散歩に連れて行ってあげるようにして下さい。

7、甘えたい

甘えたい時や何かを欲求した時に泣く場合もあり、この場合、飼い主さんがすぐそばへ行くと、犬が構って欲しい時にすぐに泣いて飼い主を呼ぶようになってしまうため、徹底的に無視するよう心掛けて下さい。 たまにでも構ってしまうと、しつけの意味がなくなってしまいますので、要求泣きの場合は必ず無視するようにし、犬が泣き止んだ時を狙って犬のそばに行くよういしましょう。 「泣いたから飼い主が来たわけではない」とわからせなければ、わがままな犬になってしまいます。

8、不安や恐怖

恐怖や不安を感じると夜泣きをする事もあります。 もともと母犬や姉妹犬などと一緒に過ごしていた場合、ぎゅうぎゅうに潰されながら寝ていた環境から急に一人で寝る静かな環境になると犬も不安になってしまいます。 他にも花火や雷など大きな音がしたりすると恐怖を感じます。 この時、気をつけて欲しいのは飼い主さんが同じように慌てないこと。 飼い主さんが慌ててしまうと、愛犬もさらに不安になってしまいますので、愛犬が不安や恐怖で泣いている場合は、落ち着いて優しく接するようにしましょう。

愛犬の夜泣きが治らない時の対策や注意点とは?

夜泣きの原因についてご紹介しましたが、実際、愛犬が夜泣きをしてしまった場合、飼い主さんは夜泣きの原因は何なのかをまず考えるようにして下さい。 意味がなく夜泣きをしているわけではないので、何か理由があって泣いているという事ですので、飼い主さんがいち早く気ついてあげる必要があります。 それを踏まえて上で、夜泣きが治らない時の対策や注意点をご紹介していきます。

ラジオや音楽を流してみる

夜全く無音な状態で静かすぎると、不安を感じて夜泣きをする場合がありますので、その際は、時計をタオルに包んで置くと、秒針が心音の役割を果たし、安心感を生むと言われています。 また、子犬の場合は、聞きなれない音に不安や恐怖を感じる場合がありますので、その場合は、ラジオや音楽など音量を小さくし、頭元においてあげましょう。 一定の音量で流れる音や声によって、不安や恐怖から気持ちをそらす効果が期待できると言われています。

一緒に眠てみる

安心させられる要因として「匂いと温度」があげられますので、一緒に寝れる環境にある場合は、一緒に寝てあげて下さい。 一緒に寝るのが難しい場合は、湯たんぽや飼い主さんのシャツなどを寝床に入れてあげると温度や匂いを感じる事ができますので、安心して寝てくれる可能性があります。 湯たんぽを入れる場合は、愛犬が火傷をしないように気をつけなければなりません。 今は、沢山の湯たんぽが販売されていますが、しっかり説明を読んで購入するようにして下さいね。

留守番の短縮をしてみる

飼い主さんが忙しく帰宅するのは夜などになると、その間は一匹で留守番している事になりますので、犬の年齢や性格に応じて留守番の時間を調整してあげるようにして下さい。 理想的な時間は4時間程度なのですが、仕事などの場合は難しいかと思いますので、日中は実家に預けたり、ペットシッターを利用したり工夫をするのがいいかもしれません。 そうすると段々夜泣きも改善されてくるでしょう。

獣医に相談してみる

工夫をしても夜泣きが治らない場合は、一度先生に相談してみるのもおすすめです。 もしかしたら飼い主さんが気づいていない病気の可能性やケガなどが判明するかもしれません。 そうでなければ心理的な問題が大きいかと思います。 最近は、犬の問題行動専門医という先生もいますので、専門知識を持った先生の診察を受けてみるのもいいかもしれませんね。

明かりを灯してみる

暗闇で怖い体験をした事があったり、怖がりな性格であれば部屋を暗くするだけで恐怖心が出て夜泣きをしてしまう事もあるようです。 真っ暗な状態にした場合に夜泣きをするようであれば、デスクライトやマメ球などを灯して真っ暗にしない空間を作ってあげるようにして下さい。

しつけで叱るのはNG!

夜泣きをしている時に絶対にしないで欲しいのが叱るという事です。 しつけと言って叱っている飼い主さんも少なくないですが、逆効果になってしまいます。 犬の夜泣きには原因があって何かを必死に訴えるための行動です。 何を伝えたいのか理解できないと飼い主さんはイライラしてしまいがちですが、そこで叱ってしまうと愛犬は泣く=怒られると思ってしまい、夜泣きの原因がわがままではなく病気であったとしても泣いてはいけないと思ってアピールできなくなってしまいます。 そうなってしまっては、病気の発見が遅れてしまい命の危険にさらされてしまう事になりますので、叱るのは絶対にやめましょう。 飼い主さんがイライラしていると愛犬もソワソワして不安定になってしまいます。 広い心を持って愛犬に接するようにしてあげて下さい。

犬の夜泣き対策グッズを紹介!

犬の夜泣きはすぐに治るわけではないので、飼い主さんは夜眠れなかったり、近所迷惑になっていないかなど気になってしまいますよね。 そこで、ここでは犬の夜泣き対策グッズをいくつかご紹介していきます。

防音マット

防音マットは、子供の足音やペットの足音なども防ぐ事ができる便利なアイテムで、床への制振や遮音などにも効果が期待できます。 設置の仕方は四角いマットを敷いていくだけなので簡単にでき、防音マットに防音カーペットを同時に使用するとさらに効果的でしょう。 防音マットはホームセンターなどで購入でき、値段の低価格なので手軽に利用する事ができます。 さらに、遮音以外にもフローリングで足を滑らせて関節を痛める事もなくなるのでおすすめです。
おすすめのフローリングマットはこちら↓ 犬用フローリングマットの選び方とは?おすすめ人気ランキング10選

防音ケージカバー

防音ゲージカバーとは、ゲージの周りに防音カバーをつける事で、今まで使用していたゲージに防音カバーを付けるタイプとゲージと防音カバーが一体化しているタイプがあります。 防音カバーだけの方がお手軽なのですが、元々使用しているゲージサイズによっては使用できない事もありますので、サイズをはかってから購入するようにして下さい。 一体化しているものは便利なのですが、料金が高めですので、予算によって購入を決めるといいでしょう。 老化による夜泣きの場合は、昼夜問わず泣き続けます。 飼い主さんにも介護や不眠、近所からの苦情などで精神的に追い詰められてしまいますので、そうなる前に防音ゲージカバーなどを検討してもいいかもしれません。

防音カーテン

防音カーテンは、ホームセンターなどで購入でき、普通のカーテンより防音効果が期待できます。 選ぶ時はできるだけ質量のある重いカーテンにし、できるだけ壁とカーテンの隙間をあけないようにすると効果があがります。 3,000円~1万円程度のものまで厚さや効果により値段に差が出ますので、予算に応じて購入するようにするといいでしょう。 防音室並みの防音効果はないものの、使用しないよりははるかに音を遮る事ができますので、夜泣きで悩んでいる方は検討してみてもいいかもしれません。

防音壁

防音壁は、自分で設置する事ができ、石膏やグラスウール・ガラス繊維などでできています。 音を遮断し音が漏れるのを防いでくれるので愛犬の声を遮断する事ができます。 防音壁より効果は下がりますが、遮音シートを使用するのもいいでしょう。 壁にピンなどを使用し、簡単に取り付ける事ができます。 防音壁もオシャレな柄が入ったものなども販売していますので、楽しみながら設置する事ができるのではないでしょうか。 サイズや効果などにもよりますが、3,000円のものから2万円程度のものまであるようです。

まとめ

今回は犬の夜泣きについてご紹介してきました。 犬の夜泣きには原因が様々あるのですが、理由が泣くないているわけではないので、何故泣いているのかを飼い主さんが察知してあげるのが大切です。 そして、今回夜泣き対策やグッズなどご紹介していますので、夜泣きで悩んでいる飼い主さんは是非参考にしてみて下さい。 夜泣きをしたからと言って、決して怒らないよう、大らかな気持ちで接してあげるようにしましょう。

犬のトイレトレーニングの期間はいつまで?

昔は犬は外で飼うものというイメージでしたが、ここ数年で室内でも飼いやすい犬種やペットOKの賃貸が増えて、一気に室内飼いのイメージが定着しましたね。 そこで問題になるのが、トイレを覚えさせること。 小さいうちに覚えさせなきゃいけないとは聞きますが、いったいその「小さいうち」はいくつまでなんでしょうか? そのような疑問をこの記事では紹介していきますので、見ていきましょう。

教える期間の理想は1歳まで

答えは「1歳まで」です。犬は1歳で大人になると言われていて、その間にそれぞれ性格や習慣が作られます。 ご飯がほしいとき、散歩に行きたいときに吠えて要求するワンちゃんが多いですが、そういうワンちゃんはちょっとわがままな傾向がありますよね。 大人になるまでにしつけがあまりできないと、我慢することが苦手になってしまうし、飼い主にお願いすればしてもらえるという習慣が出来上がってしまいます。そんな性格でもかわいいですけど、できればおりこうなワンちゃんがいいですよね。 そのためには、覚えてほしいしつけに優先順位をつけて,しっかりトレーニングしましょう。 厳しくしすぎてワンちゃんに嫌われたらいけないので、しっかり褒めることも忘れずに!

覚えるまでは常に愛犬をチェック!!

覚えてほしいしつけの中でも、とくに優先順位の高いトイレトレーニング。 覚えてもらえないとお家が汚れて掃除が大変だし、車での移動、ドッグカフェなどの施設の利用も難しいですよね。 そうはいっても、なかなか覚えてもらえないのもトイレトレーニングなんですよね。 そのため飼い主さんは、ワンちゃんをお迎えした日からトイレトレーニングを開始しましょう。 ワンちゃんはそもそもトイレが何かわからないので、お家に慣れてもらう間にトイレも認識してもらえるようにするのが良いです。 トイレとは何かをワンちゃんが理解できるまでは、しっかりワンちゃんの行動をチェックして、トイレをしたそうにしたらトイレの場所に連れて行くなどしてあげましょう。

犬のトイレトレーニングは成犬でも可能?

「うちの犬はもう1歳過ぎてるから、一生トイレを覚えないのかしら」と不安になった方もいるかもしれませんが、安心してください。 飼い主さんの努力が必要ですが、絶対に覚えられないということはありません。 今はいろいろなしつけグッズや方法があります。これから紹介する方法の中で、ワンちゃんと飼い主さんに合うものを選んで挑戦しましょう。

忍耐強く待てばトイレトレーニングは可能!!

まず飼い主さんがしなければいけない努力ですが、忍耐強く何度も何度もしつけをしましょう。 大人になったワンちゃんは性格や習慣が出来上がってしまっているので、子犬の頃にしつけをするよりも大変です。 長く付き合っている分、ワンちゃんの性格を理解していると思うので、その子に合った方法でしつけをしましょう。 まずはワンちゃんが不信感をもたないように、トイレの場所や指示の方法は決めておく必要があります。 家族全員が違う指示をしてしまうと、ワンちゃんが混乱してしまうので、同じ指示で忍耐強くトレーニングすることが重要です。

スプレーを使ってトレーニング?

トイレトレーニングを頑張る飼い主さんに使ってほしいお助けグッズがあります。それはトイレトレーニング用のしつけスプレーです! このスプレーは、マーキング禁止タイプとトイレ誘導タイプの2種類があり、ワンちゃんの性格に合わせて選ぶことができます。 マーキング禁止タイプはワンちゃんが嫌がる臭い成分配合で、スプレーしたところでトイレをしないようになります。 その反対にトイレをしてほしい場所にスプレーするのが、トイレ誘導タイプのスプレーです。 ワンちゃんがトイレをしたくなる、アンモニアや草花の香りが配合されています。 部屋中でトイレをされているならマーキング禁止タイプ、トイレトレーニングを始めたいならトイレ誘導タイプがおすすめです。

犬のトイレトレーニングをプロに頼もう!

自分でしつけをする自信がない、全然覚えてくれないという悩みもあると思います。 そんなときはプロに頼ってみませんか? たしかにお金はかかってしまいますが、最近はしつけをしてくれるところも増えて、値段もみなさんが想像するより安くなっていますよ。

プロのお泊りトレーニング

ホテルに泊まって、昼も夜もプロがつきっきりでトレーニングしてくれます。 1日を通してワンちゃんの行動を観察できるので、性格に合わせたトレーニングで、短期間で結果が出ると評判です。 トイレのトレーニングだけじゃなく、いろいろなしつけを行ってくれます。 気軽に悩みを相談できますし、飼い主さんが気になる行動を重点的にしつけすることできます。以下は一部のトレーニングですが、気になる方は検討してみてはいかがですか?
POINT
・人や物を噛まないトレーニング ・ケージに入る、ケージでリラックスして待つトレーニング ・名前を呼ぶと来るトレーニング ・楽しく散歩をするトレーニング(飼い主を引っ張らない、人や物に吠えないなど)

プロの出張トレーニング

飼い主さんの事情やワンちゃんの性格上、どうしてもお家でしつけをしてもらいたいという方もいると思います。 そういう方は、プロがお家まで来てくれる出張トレーニングはいかがですか? お泊りトレーニングよりも時間は限られますが、同じようなトレーニングが可能ですし、外ではやらないけど家だとやってしまうという行動もしつけできます。 なにより環境が変わらないので、やり方を教わればプロと同じしつけをすることができます。 扱うのに力が必要な大型犬や、多頭飼いのワンちゃんたちでもしつけをしてくれるところがあるので、まずは気軽に相談してみるのをおすすめします!

まとめ

ワンちゃんのトイレトレーニングは、大人になる1歳までが理想ですが、1歳を過ぎても飼い主さんの努力があればしつけ可能です。 トイレトレーニング用のスプレーを使ったり、プロにトレーニングをお願いするなどの方法もあります。 飼い主さんとワンちゃんに無理のないトレーニング方法を見つけて、より良い関係を築けるトレーニングにしましょう!

犬の暑さ対策グッズ

犬は人間のように汗腺が発達していないため、夏の暑さにとても弱い動物です。唯一汗をかけるのは、肉球の部分だけになります。 そのため体温が上昇すると、パンティングと言われる口呼吸(舌を出してハァハァする)で体温を下げようとします。 この行動が見られる前に対策をしましょう。 具体的には、これからご紹介する、冷却マット、リネン素材のベッド、保冷剤、凍ったペットボトルなどが有効です。 それぞれどのような使い方ができるかをご紹介します。

冷却マット

ペットショップなどでは、動物専用の冷却マットが販売されています。 動物の大きさに合わせて、A4用紙ほどのものから大型犬でも十分に利用できる、1mほどの物まで様々です。
POINT
冷却マットの種類には、以下のようなものがあります。 ・ジェルタイプシート:ナイロン製の生地の中にソフトジェルが入った柔らかい感触のシートです ・アルミプレート:金属のひんやり感が心地よいアルミの板です ・布製マット:冷感素材で作られた、布製のマットです。同じ素材でベッドなどもあります ・大理石プレート:大理石を切り出したタイル状のプレートです。長時間乗っていてもひんやりしています その他にも、犬用の冷却マットは常に新商品が登場しています。 これらの冷却マットに犬が乗ることで、体の熱を冷ます効果があります。

リネン素材で作られたベッド

「リネン」という言葉はよく耳にしますが、日本語に訳すと「亜麻布(麻)」のことを表します。 麻はサラサラした感触で熱伝導率が非常に高く、夏には人間も気持ちよく着られる素材ですよね。 このリネン素材で作られた犬用のベッドなら、夏場でも涼しさを感じられそうです。リネンは水に強いという性質も持ちます。 ベッドを長く使用していると、匂いが付いたりして少しずつ汚れも目立ってきます。 そんな時でもこのベッドなら洗濯して使うことができます。 冬場はこのベッドにフリースなどを敷いておけば暖かいベッドとしても使えますので、一つあると重宝しますよ。

保冷剤

ケーキやアイスクリームを買った時などにもらえる保冷剤。ホームセンターなどではアイスボックスに入れて使えるような大きめの保冷剤も売っていますよね。 これを使って、犬の暑さ対策をすることもできます。 保冷剤を凍らせて、フェイルタオルなどで簡単な袋を作って入れておけば、犬は気が向いた時にお腹や頭を乗せてクールダウンすることができます。 タオルに包んでベッドの敷物の下に入れてあげることも良いでしょう。 保冷剤のように、繰り返し使える便利な暑さ対策グッズを利用することは、省エネにもつながります。 また、身近な物で作ることができるので、すぐに暑さ対策をしてあげられます。

凍ったペットボトル

今すぐ何かできないか、という時におすすめなのが、凍ったペットボトルの暑さ対策です。 手で簡単につぶせるようになっているペットボトル以外なら、どんなペットボトルでも利用できます。 凍らせたペットボトルを布に巻いて、愛犬に与えるだけなので、手軽に暑さ対策ができます。 2、3本用意しておけば、ペットボトルの中が水になってしまっても、すぐに新しいものと交換できるので、冷却を切らさずに使うことができます。 水は凍ると膨張する性質があるので、ペットボトルいっぱいに水を入れないように気をつけてくださいね。 もし立てて冷凍庫に入れられるスペースがあるなら、蓋は閉めずにラップなどで軽く閉じるようにすれば、ペットボトルが破裂することを防げますよ。

犬の暑さ対策は屋外でも可能

屋外に犬小屋を置いて飼育している場合でも、暑さ対策をすることは可能です。 室内飼育であれば、エアコンで室温を調節したり、常に愛犬の様子を見ていることができますが、屋外飼育になると常に愛犬の様子を見ていることはできません。 室内以上に屋外飼育の時は、愛犬の環境に気を配ってあげてくださいね。 次の項目で、屋外飼育の暑さ対策について見ていきましょう。

犬小屋の移動を検討する

犬小屋の位置を確認しましょう。 もしもずっと日光を浴びて暑くなるような場所に犬小屋を設置している場合は、犬小屋自体が熱くなってしまう危険性があります。 暑い時期は自宅の北側など、できるだけ涼しさを保てる場所に犬小屋を移動させてあげましょう。 そうすることで、犬小屋が必要以上に熱くなるのを防ぎ、涼しくしてあげることができます。 できればこの時、風通しが良く、静かに落ち着ける場所を選んであげることがベストです。

犬小屋の環境を整える

犬小屋を移動できない場合は、犬小屋が直射日光に当たらないような環境を整えましょう。 犬小屋の温度が上がることで、中にいる犬が熱中症になってしまう危険性があります。 よしずなどで日よけを作ってあげたり、日曜大工が得意であれば、犬小屋用を日差しから守る大きな囲いを作ってあげたりするのも良いかもしれませんね。 犬小屋と、愛犬が動く範囲を直射日光の強い日差しから遮ってあげましょう。逃げ場をたくさん作ってあげることが大切です。

水分を取らせる

夏場は食べ物が痛みやすい時期です。同時に水もすぐにぬるくなり、傷んでしまいます。 また、屋外では昆虫などが入り込んでしまうことも多いので注意が必要です。 ボールなどに水を入れて与えている場合は、小まめに交換しましょう。 氷を細かく砕いて水の中に入れておくと、少し清涼感が長持ちするのでおすすめです。 大きい氷をそのまま入れると、誤って飲み込んで詰まらせてしまうこともあるため、入れる時は細かくするのがポイントです。

スノコを置いておく

夏場は、日陰であっても地面が太陽の熱によってあたためられます。 そんな時は、ホームセンターなどで手に入るスノコを1枚置いてあげることをおすすめします。 地面に直接触れずに済むのはもちろんですが、スノコと地面の間の隙間に空気が通ることで、直接地面にいるよりも暑さを軽減することができるでしょう。 少し高額になりますが、風呂場などで使われるヒノキのスノコにすれば、耐水性もあるので長持ちします。スノコは地面の湿気からも犬の体を守ってくれます。 屋外で飼育する場合は季節に関わらず使用すると、健康管理にも役立ちそうですね。

エサにも気配りする

屋外で飼育している場合、室内飼育よりも暑さを直接感じることになります。 暑い時期は脱水などによる夏バテにも十分注意が必要です。 いつもドライフードを与えている場合は、そのフードにスープやミルクを入れてあげたり、ウェットフードに替えたりして、栄養とともに水分が補給できるような工夫をしましょう。 食欲が無さそうな時は、少し匂いの強いレバーなどを少し添えてみるのもおすすめです。 フードを与える時は、同時に水も新しく替えてあげてくださいね。

ブラッシングする

ブラッシングは犬の健康管理において、室内飼育、屋外飼育に限らず必要なものですが、特に屋外飼育の場合は、小まめにブラッシングをしましょう。 犬の内側のふわふわした毛(アンダーコート)を取り除いてあげることで、体の風通しが良くなります。また、屋外にいると、ノミ、ダニ、蚊などの害虫も付きやすくなります。 予防薬はもちろん、ブラッシングをすることで、こうした害虫の除去もできます。 いつもよりもシャンプーの回数を増やすことでも、不要なアンダーコートを取り除くことができます。 シャンプーすれば皮膚も清潔に保つことができますので、ブラッシングと並行して行うと良いでしょう。

犬のお留守番はエアコンなしだときつい

日中、犬がひとりでお留守番する時、当然防犯対策として、しっかり窓を閉めて出かけることになると思います。 閉め切った室内は空気が動かず、窓から差し込む日光で室温はどんどん上昇します。 初めにお話ししたとおり、犬は肉球以外で汗をかくことができないため、室温の上昇とともに体温も上がってしまいます。 犬が過ごす場所の日照環境にもよりますが、外気温が25℃を超えるような日の留守番はエアコンの使用が必要になることがあります。

エアコンなしだと危険

梅雨のない北海道は別として、日本の夏場の気候は高温多湿になります。 この時期は人間がいてもいなくても、愛犬のために24時間エアコンをフル稼働させることをおすすめします。 特に子犬やシニア犬は抵抗力が落ちていますので、クーラーは必須です。 子犬は自分が脱水になっていても気づかずにはしゃいでしまい、どうにもならなくなって初めて倒れ込むということもあります。 元気だから大丈夫だと安心していると、突然意識を失うようなこともありますので油断しないようにしましょう。 マンションの高層階で風通しが良く夜間は涼しいということであれば、日中だけの使用でも問題ありませんが、人間以上に犬は暑さを感じやすいので、注意してあげてくださいね。

エアコン以外に扇風機を併用する

昼間の12時から15時ころは、1日の中で一番気温が上昇する時間帯です。 この時間帯はエアコンをタイマーセットで点け、扇風機で室内の空気を循環させると、効率良く室内温度を一定に保つことができます。 時期や地域によっては、西日でも室温が急上昇しますので、タイマーセットの時間帯を長めに取るようにしてください。 エアコンからの冷気は、室内の下に向かって流れて滞留します。 エアコンの風が来る辺りに扇風機を設置し、真上に向かって風を当てることで、冷たい空気が上に昇り、暖かい空気が下に降りてきて冷やされ、エネルギーが無駄にならずに室内を冷やすことができます。

まとめ

犬によって暑さや寒さの感じ方は違いますが、夏場は人間よりもバテやすくなっています。 散歩の時間や日中の過ごし方などに配慮して、犬が少しでも快適に、元気に夏を乗り切れるようにしてあげたいですね。 暑さ対策は、エアコンの使用や身近なものを使った工夫で、思ったよりも簡単に行うことができます。 是非、気温が上がる時期になる前に、しっかりと対策をしてあげてくださいね。

犬のブラッシングの必要性とは?

犬は当然ですが、全身を被毛で覆われています。 猫のように自分で毛づくろいすることもなく、人間が放っておけば、その被毛は伸び続けたり柔らかいアンダーコートが絡み合って皮膚を傷めたり、毛玉で身動きが取れなくなるようなこともあります。 だからブラッシングは飼い主さんが行う必要があります。でも、犬のブラッシングって実はその他にも様々な効果があります。 犬のブラッシングの必要性について、詳しく見ていきましょう。

飼い主との仲を深められる

ブラッシングの行為自体は、ただ被毛をほぐしてやるだけかもしれません。 しかしブラッシングをすることは、愛犬とのスキンシップの時間になります。 犬との絆を深められる時間でもあるのですね。 ブラシやコームの適度な刺激は、犬にリラックス効果も与えます。 ゆっくりと優しく全身をブラッシングすることで、犬は心地良さと同時に、飼い主さんに触れられている安心感を得ることができるかもしれません。 普段、撫でている時よりも、手ぐしのように少し被毛をほぐすように撫でると、犬は気持ちよさそうな顔をしませんか? ブラッシングは飼い主さんと犬のコミュニケーションの時間でもあるのです。

外見を綺麗にできる

ブラッシングの一番の目的は、毛が絡まって毛玉などができ、不用意に引っ張られることで皮膚を傷つけることを防ぐことです。 また、換毛のある犬の場合は、抜け毛を取り除くことで新しい毛の成長が促進し、代謝を良くする効果もあります。 そうして丁寧にブラッシングを行うことで、犬の容姿は見違えるように美しくなります。 無駄な毛がなくなることで、十分な栄養が必要な毛に行き渡り、残った毛の艶やかさも変わってくるでしょう。 浮いた抜け毛がなくなると、自然と見栄えも良くなります。

体調管理にも必要

散歩で屋外を歩くと、花粉やホコリが体に付着しますし、家の中でもダニやノミなどが体につくこともあります。 そうしたものが原因で皮膚炎を起こすことがありますので、小まめにブラッシングをして、被毛を清潔に保つことが必要です。 犬は人間のように、毎日シャンプーをする動物ではありません。 逆に毎日洗うことで必要以上に皮脂を落として、これも皮膚炎の原因になってしまいます。 そのため、シャンプーの代わりにブラッシングを行うことで、不要な汚れを取り除くのです。 愛犬の体調管理の面から見ても、ブラッシングはとても大切なお世話の一つだと言えるでしょう。

犬のブラッシングの頻度は?

それでは、実際にブラッシングを行うのは、どのくらいの頻度が最適なのでしょうか。 犬には短毛種、長毛種で被毛の様子が大きく異なります。 また、換毛期の有無やシングルコート、ダブルコートでも変わってきます。 ここでは大きく短毛種と長毛種に分けてお話ししていきましょう。

短毛犬のブラッシング頻度

スムースコート・チワワ、フレンチブルドッグ、イタリアン・グレーハウンド、ラブラドールレトリーバーなど、 被毛が立ち上がることなく皮膚と一体化しているような短毛種の場合は、週に1回ほどのブラッシングが良いでしょう。 動くことで被毛が絡んだりすることもほとんどないため、それほど頻繁に行う必要はありません。 被毛と皮膚の距離が近いため、力を入れすぎないように注意してくださいね。 ただし、短中毛種と言われる柴犬や甲斐犬などの場合は、毎日のブラッシングが必要です。 特に換毛期は一日数回のブラッシングをおすすめします。

長毛犬のブラッシング頻度

ヨークシャーテリア、シーズー、アフガンハウンド、ゴールデンレトリーバーなどに代表される長毛種の場合は、 週に2~3回はブラッシングをしてあげると良いでしょう。 特に洋服を着せたり、ハーネスを付けたりして散歩をさせるようであれば、前足の内側の毛が絡みやすくなるため、毎日ブラッシングでほぐすことをおすすめします。長毛種は短毛種に比べて、当然被毛が絡みやすくなります。 また、地面にこすって汚れやすくもなりますし、毛の中に草の実や虫も入りやすくなります。短毛種よりも注意が必要です。 毛が細く絡みやすい場合は、ブラッシングスプレーなどを使用すると、とかしやすくなり、被毛のコーティングもできます。 静電気を抑える効果もありますので、長毛種はスプレーを使用するのが効果的です。

犬のブラッシング嫌いを好きにさせる方法

ブラッシングには、犬とのスキンシップや健康管理などのメリットがたくさんありますが、中にはどうしても嫌がってやらせてくれない犬もいることでしょう。 そんな犬をブラッシング好きにするにはどうしたら良いのでしょうか? これからお話しすることに心当たりがあれば、ちょっと気をつけてあげると変わるかもしれませんよ!

無理はさせない

どうせブラッシングをやるのなら、徹底的にやりたい!毛玉全滅が目標! もしかしたら、そんな風に意気込んでブラッシングをしていませんか? もしも愛犬が遊びたいと思っている時に長時間おとなしくするように強制したり、毛玉をほぐしたいからと何度も何度もブラシで毛玉を引っ張ったりしていないでしょうか。 そんな時、飼い主さんが真剣にブラッシングをする先で、肝心の犬は苦痛に耐えているかもしれません。 一度のブラッシングで全身くまなく綺麗にしようとは考えない方が良いでしょう。日常的なお手入れであれば、今日は足、明日は体、という具合でも良いのです。 そして、毛玉は指でそっとほぐした後でコームやブラシでとかす方が、犬に痛みを感じさせずに済みます。 犬が落ち着いてリラックスできる時間に、優しくブラッシングしてあげることを心掛けてみると良いですよ。

ご褒美をあげる

犬は嬉しい出来事を記憶して学習します。 例えば、ブラッシングの後に大げさに褒めてあげたり、場合によっては大好物のおやつをあげたりすることで、ブラッシング=嬉しい事、美味しいこと、と記憶します。 その記憶が定着すれば、ブラシやコームは自分にとって良い事のサインです。 ブラッシングが大嫌いな犬がいきなり好きになるとは限りませんが、少なくとも飼い主さんがブラシを見せても逃げ回らずに、おとなしくやらせてくれる程度にはなるでしょう。 そこからゆっくりとブラッシングが心地よいものだということを教えてあげてくださいね。”

気持ちいい場所をブラッシング

ブラッシングを好きにさせる方法の一つとして、犬が気持ちいいと感じる場所を触ってやることも効果的です。 犬は眉間から頭にかけて触られると、緊張が解けてゆったりとした気持ちになります。この辺りからブラシを当てていくとスムーズにブラッシングができるでしょう。 また、せわしなく手を動かすよりも、ゆっくりと優しくマッサージするようにブラシを動かしてやれば、より一層落ち着いてやらせてくれるのではないでしょうか。 人間がマッサージを受けるように、犬のブラッシングも静かな環境でリラクゼーションの施術のように行えると良いですね。

まとめ

ブラッシングは特に難しいお世話ではありませんが、やり方を間違えてしまうと犬が大嫌いなものになってしまい、思うように触らせてもらえなくなってしまいます。 完璧に綺麗にしようとは考えず、犬の気持ちよく感じる時間ややり方を工夫して、少しずつでも確実にブラッシングができる環境づくりができると良いですね。

愛犬を冬に外飼いすると危険?!

最近の犬は室内犬が一般的になっており、外で飼うという犬は珍しいかもしれません。 しかし、家の事情などで、どうしても室内で飼えないという方もいるでしょう。ですが、冬の寒い時期に外で飼うという事に関してデメリットがあり、動物病院でも外飼いの愛犬が運ばれてくるというのも少なくないそうです。 そこで、冬の寒い時期に愛犬を外で飼うとどのような事が起こるのかご紹介しましょう。 犬というのは童謡でもあるように、雪の中でもかけまわるという寒さに強いイメージがありますが、寒さに強い犬と弱い犬がいます。 簡単に分けると、寒さに強い犬は大型犬、弱い犬は小型犬と言われています。 大型犬と言っても、毛がない犬種などは寒さに弱いようです。小型犬を外で飼うという事は滅多にないかと思いますが、寒さに弱い犬を外で飼うと下次のような事を起こってしまう可能性があります。
POINT
・低体温症: 生命活動に必要な体温を維持できず、体が異常に冷たくなってしまう状態の事を言います。犬は被毛に覆われており、滅多な事で低体温症にはなりませんが、短毛種や無毛種などは体温が35以下になると低体温症に陥るリスクが高まります。・凍傷: 凍傷とは体の一部が異常に冷えてしまう事により、細胞の正常な新陳代謝が妨げられ、部分的に壊死してしまった状態の事を言います。特に凍傷になりやすい部分は肉球になるので、雪の降る地帯などは雪のない場所を歩くとか、散歩の時間を短くする、犬用のソックスを履かせるなどの工夫が必要です。 ・感染症: 寒さで体温が下がると、免疫力が低下します。そのため、ウイルスや細菌に感染しやすくなり、肺炎などの呼吸器疾患にかかる事も。 以上のように冬の時期に外飼いをすると様々なリスクが伴います。
そして、小型犬の場合は10度前後を下回ると、中大型犬では5度前後を下回ると、体温を上げるため身体を震わせるといわれています。 これは、身体を震えさせることで、熱を発生させ体温を上げようとするためです。 どうしても外飼いをしなければならない場合は、犬舎を冷たい風にさらさないように向きを変えたり、犬舎を保温する、底冷えを防ぐなど寒くてもしのげるように工夫してあげて下さい。 大型犬であっても、老犬にさしかかる年齢になってくると室内で飼ってあげる事をおすすめします。

寒さに強い犬種

ここでは、寒さに強い犬種についてご紹介します。 寒さに強い犬は、寒い地域原産の犬種がほとんどで、特徴としては、被毛の構造だけでなく、体の大きさにも特徴があります。 小型犬種に比べ、中型・大型犬種の方が比較的寒さに強い犬と言われています。 体が、小さいと体積に比べ表面積が大きくなり、体表から体温が奪われにくくなるのに対し、体が大きいと体積に比べた表面積が小さくなり外の気温が変化しても体温が変化しにくいためです。 寒さに強い犬の秘密は被毛の構造にあり、ダブルコートである事と春から夏にかけて抜け毛が多くなるという事です。 ダブルコートの犬種は、固くて太いオーバーコートがあり、その内側に柔らかなアンダーコートという二重毛になっています。 アンダーコートは防寒の役目を果たしていますので、寒さに強い犬種は全てダブルコートです。冬になるとアンダーコートが発達し、厳しい寒さに耐える事ができるのです。 ここで、具体的な犬種をご紹介します。 ・シベリアンハスキー ・サモエド ・ゴールデンレトリバー ・ラブラドールレトリバー ・コーギー ・柴犬 ・秋田犬 ・日本スピッツ

外飼いの犬にできる5つの寒さ対策

外飼いできる寒さに強い犬種でも万が一の事がありますので、寒さ対策は必要です。 そこで、ここでは外飼いの犬にできる5つの寒さ対策をご紹介します。

①散歩

まずは散歩についてですが、寒くなくても必要なものになります。 犬にとって散歩というのは、必要な筋肉を作ってくれたり、新陳代謝を上げてくれるという大事なものです。そして、人間と同じように室内や散歩に行かずじっとしていると犬もストレスがかかってしまいます。 そうならないためにも、適度な運動は犬にはとてもいいものです。 しかし、かなり寒い時期に散歩をするという事に抵抗を感じる飼い主さんもいるでしょう。 そこで、ポイントになるのが、日中の暖かい時間帯に散歩をする、お腹や体を冷やさないように腹巻や服を着せてあげるという事です。 これで、寒さを感じる事なく愛犬も散歩を楽しめるでしょう。

②小屋の外側を覆う

冬の時期に外飼いをしている犬は、一日中寒い風にさらされています。 そこで、小屋も防寒対策をしてあげましょう。 例えば、小屋の外側を段ボールで覆ったり、床にジョイントマットや発泡スチロール、断熱剤などを敷く。小屋の入り口にのれんやカーテンを付けて、少しでも風や雨、雪が入ってこないようにしてあげて下さい。 最近の小屋は木製ではなく、プラスチックでできているものも多いですが、覆ってあげるだけで覆わない時と温度は全く違います。 一日中、外にいるわけですので、快適に過ごせるようにしてあげて下さいね。

③小屋を移動する

小屋を暖かくするというのも大事な寒さ対策なのですが、もう一つお願いしたいのが小屋を移動するという事です。 小屋を購入する際に、外で飼う事を前提とするならば、足つきの小屋の購入をおすすめします。 小屋を地面に直に置くと、地面の冷たさがそのまま伝わってしまいますので、足つきの小屋を使用する事で、温度の下がり方は緩やかになるでしょう。 既に小屋を購入してしまっている方は、すのこの上に小屋を置くという方法でも構いません。 そして、日の当たる場所に小屋を置いてあげる、雨や雪が直に当たらないように屋根の下に小屋を設置するなど、少しでも暖かい環境で快適に過ごせるよう小屋の位置も外飼いをする場合は非常に重要になります。

④室内へ入れる

外飼いをしている愛犬が老犬・子犬・そして病中病後の場合は、室内へ入れてあげて下さい。 老犬・子犬・病中病後の犬は抵抗力が弱く、寒い時期に一日中外にいる事で、感染症などの病気になってしまうリスクが非常に高まります。 ずっと外飼いをしていたのに、急に室内にという事に対し少し大変かと思いますが、大事な愛犬を病気から守るためです。 外で飼われていたため、いきなり室内となると愛犬もとまどいはあるかもしれません。ですが、すぐに慣れてくれるかと思いますよ。

⑤防寒グッズを活用する

最後は、防寒グッズを利用するという事です。 例えば、使わなくなった毛布や布団など、少しでも寒さをしのげるものを活用しましょう。 そして、今は犬用の防寒グッズというのも沢山販売されています。おすすめな防寒グッズに関しては次の項目でご紹介します。

外飼いしている犬におすすめなアイテム「湯たんぽ」3選

ぽかぽかあったか湯たんぽ

電子レンジで5分チンするだけで使える簡単湯たんぽ!専用カバーもついてます!

簡単に使用できる加熱式のペット用湯たんぽです! 電気が必要なくレンジで5分チンするだけでぽっかぽか。 外飼い用の愛犬にも快適に過ごせてもらえますよ! 洗濯可能な専用カバーもついており、アルミ断熱カバーもついていますので、暖かさを長持ちさせる事ができます。 温める際に使う専用のレンジパックついており、そこに入れてレンジでチンするので、衛生面も安心ですね。 保温持続時間の目目安は約2時間30分になっています。 人間には物足りない暖かさかもしれませんが、犬には快適な温度になっていますのでご安心下さいね!

レンジでチンしてぽっかぽか

レンジでチンして朝までぽっかぽか湯たんぽ!

加熱式のペット用湯たんぽです。 寒い時期に重宝するあったかグッズになっていますので、外飼いの愛犬にも快適に使用して頂けます。 レンジでチンしてカバーに入れて使うだけで心地良い温かさが続く保温パッドになっており、製品には炭を使用。 遠赤外線効果+アルミの断熱素材が冷気をシャットアウトしてくれ、愛犬の体を暖かく包み込んでくれます。 コードレスになっていますので、場所を選ばずどこでも使用できます。 モコモコカバーは洗濯可能で、いつでも清潔に使用できますね。 加熱する時にはレンジ用の専用パックがついていますので、レンジでチンをする際はそのパックに入れればレンジの衛星面も心配する事なく使用できます。 寒い時期の外飼いの愛犬の体を寒さから守ってあげましょう!

ハリネズミ湯たんぽ

可愛い!ハリネズミ型簡単湯たんぽ

可愛いハリネズミ型の湯たんぽで、電子レンジでチンするだけで簡単に使用できます。 もちろん繰り返し使用も可能です。 1分~1分半の加熱でも心地よい温かさになってくれ、思わず眠くなってしまうワンちゃんの続出です! ハリネズミの素材はフワフワしており、まさにワンちゃんが好みの柔らかさ! もし舐めてしまっても有害になるエチレングリコールは入っていませんので安心して下さいね。 洗濯可能なカバーになっていますので、いつでも清潔に使って頂けます。 1度の加熱でなんと4時間暖かさが持続するんです! 一日中外にいる愛犬に1ついかがでしょうか?ト

外飼いしている犬におすすめなアイテム「毛布」3選

暖かいボアつきブランケット

両面使える!ボア付きマルチブランケット

片方にボア、もう片方がかつらぎ地になっており、使い分けができるマルチブランケットです。 寒い時期にはボア面を使用し、寒さがましになる時期にはかつらぎ面を使用というように、ワンちゃんが毎日快適で過ごせるように使ってあげて下さい。 日本製ですので、安心して使用して頂けます。 洗濯機OKですので、いつでも清潔な状態で使って頂く事が可能です。 老犬が立ち上がる時に踏ん張りが効くので、足の負担になりません。 嵩張らず、持ち運びが便利な上に、軽いので場所を選ばず使用できるのはうれしいですね! もちろん、外飼いの愛犬の防寒対策アイテムにももってこいの商品になっていますので、1枚いかがですか?

暖かくてモコモコ!毛布ブランケット

2枚合わせで超暖かい!毛布ブランケットです。

表面には100%超極細繊維のマイクロミンクフリース面料を使用し、裏面には厚手のシェルパを使用しているので、保温性が抜群です。 この2素材を2枚合わせにする事で、生地と生式地の間に空気の層が生まれるので、空気の断熱効果により保温力がアップします! さらにボリューム感も生まれ、フワフワした仕上がりに! マイクロミンクフリースは、ほつれにくく滑らかな肌さわりで、ミルクのような高級感のあるスタイルになっており、柔らかな肌触りで、細い繊維1本1本に空気をため込むため軽くて暖かい! シェルパ面は、ウールのような感触で、モコモコした肌触りになっており、保温性が抜群な上、繊維の密度が高いので、毛玉や毛抜けが出にくくなっています。 オールシーズン仕様になっていますので、夏はクーラーの冷え防止にも使用できますよ!

毛布セット

レッドチェックのおしゃれな毛布セットです!

サイズは80×60のビックサイズで大型犬でも使用できるレッドチェックの毛布セット! とても厚みがあり寒い時期でも快適にしようできます。 ポリエステル製で丸洗いが可能。 2枚セットになっているので、洗い替えにもいいですね! 二重構造になっており、ずれにくくなっていますので、小屋の中に入れて愛犬が動いても安心です。 分厚いですが、軽くて場所を選びませんので、お出かけの際にも嵩張りません。 購入されたお客さまの口コミを見てみると、生地のしっかり感と大きさ、それに2枚セットでこのお値段にびっくりされており、お値段以上の商品だと好評です。 おしゃれな柄になっているので、プレゼントにも最適です!

外飼いしている犬におすすめなアイテム「洋服」3選

サンゴフリース防寒ウェア

コストパフォーマンス抜群!デザイン性も高いドッグウェアです。

送料がかかってもワンコイン近くで購入でき、ソフトでしっかりした生地になっているのでコスパ性抜群の防寒ウェアです。 愛犬にストレスを感じさせる事なく、着せる事ができますよ! サイズ展開はXS~XLで、デザインは何と8種類もありどれも可愛いキャラクター仕様になっています。 表地、裏地ともに、とてもソフトで快適な生地を使用しており、着心地もいい感じです。 伸縮性と通気性があるので、寒い冬にピッタリのウェアではないでしょうか。 夏には向いていませんが、春秋冬と年間を通して着せる事ができるウェアになっています。 丸洗いができ、何度洗っても型崩れする事なく、丈夫だという評価を頂いています。

綿100のボアジャケット

綿100%!とっても暖かいボアジャケット

綿100%でとっても暖かいボアジャケットです。 サイズ展開はS~XLで、色はアーミーグリーン、ピンク、ブルーと3色ありますので、女の子でも男の子でも大丈夫です! ボタン式になっており、脱ぐのも着せるのも簡単なデザインになっています。 リード通しの穴もついているので、とても便利です! 洗濯可能で、多少の雨風にも耐えられ、風も通しにくくなっています。 裏地は肌に優しい綿生地を使用し、縫製もしっかりしており、型崩れしにくく柔らかくて暖かい! 散歩時や外飼いのワンちゃんに1枚いかがでしょうか? サイズがわからない場合は、1サイズ大きめのサイズを購入して下さいね。

ロゴプリントボーダーロンパース

袖や裾の赤い差し色が可愛い!!ボーダーロンパースです。

シンプルな作りになっていますが、袖や裾に赤い差し色が入っており遊び心のある可愛いデザインになっています。 サイズはS~XXLで、カラーはブラック×レッド、ブルー×レッドの2色です。 コットン100%で皮膚の弱い愛犬でも安心して着て頂け、伸縮性も高く着脱もとっても簡単! 愛犬も動きやすく快適に過ごして頂けます。 寒さ対策だけでなく、抜け毛対策や肌の保護にも最適なオールインワンロンパースです。 お腹周りを工夫して作られているので、おしっこで濡れる心配がありません。 伸縮性はありますが、個体差によって1~3センチの誤差が出る場合がありますので、必ずサイズ表で確認し、それでもわからなければ1サイズ大きめのサイズを購入する事をおすすめします!

そもそも猫にシャンプーは必要なの?

ペットとして猫を飼っていると、外を出歩く猫や外で飼っている場合身体の汚れが気になってきます。 猫は本来毛づくろいで自分の身体をきれいに保つことができるので、基本的にはシャンプーは必要ないと言われています。 しかし、長毛種の猫や屋外で飼っている猫のシャンプーをしたい飼い主さん向けにこの記事で解説します。
POINT
*猫にシャンプーは必要かどうか *猫のシャンプーの頻度や回数 *シャンプーが必要な猫の種類 *猫のシャンプーのやり方 最後には猫のシャンプーでおすすめの商品も紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

・頻度や回数

猫をシャンプーで洗う頻度や回数は猫の毛の長さや飼育環境によって異なります。 家の中で飼っている短毛種の猫は、ほとんど汚れることがありませんので基本的にはシャンプーをする必要はありません。 室内で飼っている長毛種の猫は、月に一回程度の頻度でシャンプーをします。 毛づくろいで行き届かない毛と毛の間の汚れを落とし、毛が絡んで毛玉になっていたらほぐしてあげましょう。 基本は室内で飼っていても外に出歩く機会がある猫も毛づくろいできれいにならないほど汚れていたらシャンプーで洗い流します。

・タイミング

猫をお風呂に入れてシャンプーするタイミングは、猫の種類や飼育環境でそれぞれです。 シャンプーにおすすめの時期は換毛期で被毛が浮いている時や、繁殖期でおしり周りが汚れているときに洗う人が多いです。 外歩きをする猫が雨の日や雨上がりに歩き回って汚れてしまったときもシャンプーできれいにしてから室内を歩かせた方が良いでしょう。 また、ノミダニ駆除の薬を垂らした2週間くらい後にシャンプーでノミダニの死骸や糞を洗い流すのも大切です。

・シャンプーをすべき猫の種類

猫にシャンプーは本来必要ありません。しかし、猫の種類によっては必要な子もいます。
①長毛種の猫は、猫自身のグルーミングが行き届かない場合があるためシャンプーが必要です。 ②白猫は、体毛の色が濃い猫に比べて汚れが目立ちやすいのでシャンプーできれいにしてあげます。 ③去勢または避妊手術をしていない猫も、発情期にスプレー行為をして肛門付近の毛から異臭がするのでシャンプーが必要です。 ④肥満や病気でグルーミングができない猫も飼い主の手でシャンプーとグルーミングをしてあげる必要があります。

猫のシャンプーのやり方

ここからは、具体的に猫のシャンプーのやり方を解説します。 ①必要な道具を準備する ②シャンプーの下準備 ③具体的なシャンプーのやり方 猫は本来水に濡れることを嫌う動物ですので、シャンプーの段取りをマスターしてなるべく短時間で猫のシャンプーをしてあげられるようにしましょう。

①必要な道具を準備する

POINT
猫にシャンプーをするために必要な基本の道具は6つです。 ①コーミングブラシ ②猫専用シャンプー ③大きめのたらい ④バスタオル ⑤キッチンペーパー ⑥ドライヤー これに加えて、シャンプーに慣れていない猫はどうしても逃げようとして飼い主の腕を引っかくことがあります。 初めてのシャンプーの猫には事前に爪切りも用意が必要です。 人間も慣れていないのであれば、猫が入る大きさの洗濯ネットを用意しておきましょう。

②シャンプーの下準備

猫のシャンプーの下準備として、爪切りとブラッシングをします。 本来猫は自分で爪とぎをしているので爪切りは必要ありませんが、シャンプーに慣れてない場合は爪を切ります。人間も猫も怪我をしないようにします。 シャンプー前のブラッシングで毛の絡まりや毛玉を指で優しくほどいてあげましょう。 用意したたらいに猫の顔が出るくらいの深さまでぬるま湯を汲み、シャンプー適量を入れて泡立てておきます。 希釈タイプのシャンプーを使う場合はお湯の量とシャンプーの量の倍率を間違えないように計量します。

③具体的なシャンプーのやり方

ここから具体的に猫のシャンプーのやり方を解説していきます。 水に濡れることを嫌う猫ですので、段取りよくなるべく短時間でシャンプーを済ませましょう。 ①濡らす ②洗う ③流す ④乾かす このように一見シンプルで簡単そうな工程ですが、嫌がる猫をシャンプーするのは結構難儀です。 シャンプー時間が長くなると猫のストレスや体調不良にも繋がる恐れがあります。 お風呂場の室温も暖かくして声をかけてあげながらリラックスできる環境を整えましょう。 ぐた

1.濡らす

まずはたらいに汲んでおいたお湯の中にゆっくり足から浸けていきます。 シャンプーに慣れている子であればシャワーで直接顔から遠い方から身体を濡らします。 シャワーヘッドをなるべく猫の身体に密着させて嫌がらない程度の優しい水圧に調整します。 シャワーを怖がる猫は、たらいのお湯を少しずつ手ですくいながら身体の毛を濡らします。 被毛だけではなく、毛の根元の皮膚までしっかり濡らすように意識しましょう。怖がらなくても大丈夫だよ、と優しくいつも通りのトーンで話しかけながら行うことで猫も安心感を得られます。

2.洗う

猫の身体がしっかり濡れたらシャンプーで洗っていきます。シャンプーは必ず猫専用のものを使いましょう。 人間用はもちろん、犬用でも皮膚に悪影響を与えることがあります。猫用のリンスインシャンプ―や泡が出てくるプッシュタイプも販売されています。 猫は顔が濡れることを嫌がりますので、なるべく顔から遠いところから洗います。 四肢や肛門、しっぽは汚れが気になるものの触られるのを嫌がる部分でもあります。猫が嫌がる前にササっと終わらせましょう。 顔を洗うときはシャンプーはつけずに、ぬるま湯だけでそっと拭き取るようにします。耳や鼻に水が入らないように気をつけましょう。

3.流す

しっかりシャンプーで洗えたらシャンプーを流します。シャンプー後にすぐ猫は顔を洗ったり毛づくろいをしようとします。 猫が舐めてしまわないよう、流し残しがないようにしっかり流しましょう。 顔を流すのを嫌がる場合は、後頭部からゆっくりお湯をかけて流すか、スポンジにお湯を含ませて拭き洗いにしてあげましょう。 流すときのシャンプーの温度は37~38度のぬるま湯にします。濡らす時とおなじ方法でシャワーかたらいにきれいなお湯を汲みなおして流していきます。

4.乾かす

猫はドライヤーを嫌う子が多いです。その理由は、猫の聴覚が人の3倍近くあるため、ドライヤーの「ゴー」という大きな音を怖がります。 幼猫期からシャンプーとドライヤーをして慣れている子もいます。スイッチを入れても逃げ出さないようであれば、ドライヤーを使って乾かします。 ドライヤーが難しい場合は、吸水性の高いタオルを使ってタオルドライでしっかり拭きます。 長時間濡れたままにしておくと体調を崩す恐れがありますので、部屋の中を暖かくしておきましょう。暖かい季節や気温の高い日をシャンプーの日を選ぶことも大切です。

シャンプー後のドライヤーのコツ

猫の毛は二層構造になっています。上毛と下毛があり乾きにくくなっています。吸水性の高いタオルで拭いた後に、温度の低いドライヤーで手をかざしながら根元までしっかり乾かします。 皮膚から30cmほど話した距離から風をあて、毛をかきわけながら水分を外に飛ばすイメージで乾かしましょう。 ドライヤーの風をあてながらブラシで毛をかきわけたり、タオルで拭きあげながら風を当てると乾きが早くなるので試してみてくださいね。 ドライヤーを怖がる猫におすすめなのが布団乾燥機で乾かす方法です。 布団乾燥機は音もドライヤーより小さく、広範囲に優しい音風があたるので比較的穏やかに猫の毛を乾かすことができます。 同様に、ファンヒーターで乾かしたり、こたつの近くで自然乾燥させている人もいるようです。家の猫に合った乾かし方を見つけてみてくださいね。

人間用のシャンプーはNG?

結論から言いますと、猫に人間用のシャンプーは使ってはいけません。 人間の皮膚と猫の皮膚にいくつかの違いがあるからです。 まず一つ目が、人間と猫の皮膚のphの違いです。人間の肌は猫よりも酸性ですので、人間のシャンプーは猫にとって酸性が強すぎます。 二つ目に、猫は人間と違って汗腺がありません。 ですので、猫に人間用のシャンプーを使うと毛や皮膚が乾きすぎてしまいます。猫の肌トラブルは感染症にかかりやすくなる可能性があります。 この二つの理由から、猫には人間用シャンプーは使わないようにしましょう。

安全でおすすめの猫用シャンプー「無香料・微香料」5選

ここでは、猫のシャンプーによるストレスを抑える無香料・微香料の猫用シャンプーを全部で五つ紹介します。ペットショップやホームセンターでも猫用シャンプーは購入できますが、ネットで購入した方がお買い得な場合がありますので、値段や送料を兼ね合わせて購入の参考にしてみてください。

キャット フォーミング シャンプー 無香料

細かな泡が毛の間に入り込んですっきり汚れを落とす!

キャットフォーミングシャンプーは、水を使わずに拭き取るタイプのシャンプーです。 界面活性剤なし、ノンアルコール、超電解イオン水でシャンプーができる皮膚に優しいシャンプーになっています。 シャンプー後に身体を舐めて毛づくろいをするけれど、洗い流してない身体を舐めて大丈夫かな?と心配になる人もいると思いますが、猫が口に入れても安全な天然成分100%・精油不使用です。 シャンプーの泡をを被毛全体に揉みこんだら、コーミングとドライヤーでサッと乾かしてシャンプー完了という手軽さで人気の商品です。 香りは「無香料」と「ダマスクローズ」2種類がありますので、無香料をお求めの場合は購入の際に注意しましょう。

ウォーターレスシャンプー 無香料(150mL)

猫の身体を洗浄・消臭・除菌できる無香料の拭き取るシャンプー!

ウォーターレスシャンプー無香料は、天然由来成分で洗浄・消臭・除菌ができる拭きとるタイプの簡易シャンプーです。 泡ムースタイプなので、おしり周りや四肢の部分シャンプーにおすすめです。 濡らしたり乾かしたりする手間が省けるのは猫にとっても飼い主にとっても良いことですね。 汗腺がない猫はシャンプー後に毛が水分不足でパサつくことがありますが、保湿成分フコイダンが配合されているため潤いを保ってくれます! 洗い終わりに泡を濡れタオルで拭きとってあげれば、水嫌いな猫の全身洗いにも使えます。 香りが強いシャンプーは人間にとってはいい香りと感じても、猫にとっては香りが強すぎる場合がほとんどです。 このシャンプーは無香料ですので、猫にとってのストレスも軽減できるでしょう。

ペットキレイ 水のいらないリンスインシャンプー 子犬・子猫用 200ml

リンスインシャンプーが水入らずで拭き取るだけ!

ポンプ式で泡が出てくるので、猫の身体の汚れが気になる部分に泡をつけて拭き取るだけの簡単シャンプーです。 敏感な猫の肌にも刺激が少なくなるよう実験済みの商品です。猫の皮膚や被毛の気になる汚れや臭いを泡で拭き取ります。 リンスインなので静電気防止効果、花粉やハウスダストなどの付着予防、毛玉の発生予防効果が期待できます。 弱酸性・無着色・防腐剤無添加・無香料となっているので、天然素材のリンスインシャンプ―でおすすめです。 同じライオンからは、子犬子猫用の低刺激シャンプー&リンスや、顔周りも洗える泡リンスインシャンプーなど種類豊富に販売しています。 家の猫の月齢やシャンプーの好き嫌いなどに合わせて購入するシャンプーを選びましょう。

ノルバサンシャンプー0.5 200mLl

皮膚が弱い猫におすすめ!獣医もすすめる動物シャンプー

ノルバサンシャンプーは医薬部外品として人気が高い動物用シャンプーです。 身体の隅々までしっかり洗浄できて、気になるペットの嫌な臭いの消臭や外を出歩いた後の四肢の殺菌もできます。 刺激成分を含んでいないため、大人の猫だけではなく仔猫にも使用が可能です。 酢酸クロルヘキシジンがシャンプー後も皮膚を細菌や真菌から守ってくれるのがありがたいですね。 薬用とはありますが、コンディショナーが配合されているため、パサつくことなく洗い上がりの被毛もフワフワに仕上がります。 外で飼っている猫や、外を歩いて雨や水たまりで濡れて体全体の汚れが気になりだしたら、ノルバサンシャンプー0.5がおすすめです。 月齢や猫の種類を選ばずにどの子でも安心して使える優れものです。ト

キャッツシャンプー 300ml 全猫種用

皮膚が弱い猫にもにやさしい低刺激性の猫専用シャンプー!

低刺激なアミノ酸系ベースを主成分としており、シャンプーによる猫の皮膚のトラブルを予防し、安全性に特化した猫専用シャンプーです。 乾かした後は被毛がふわふわでボリーム感もアップするとして人気な商品です。 細かい泡質で滑りも良く、猫の細くて柔らかい被毛の隙間に入り込んでホコリや汚れを取り除きます。 UVカット成分が配合されており、日向ぼっこが大好きな猫の被毛と皮膚を紫外線から保護してくれます。毛色の変色や劣化を防いでくれるので、白猫や毛の色が薄い猫にはありがたい成分です。 植物性フラボノイド成分が配合されているので、おしり周りや四肢などの臭いの元から消臭し、シャンプー後も悪臭の発生を防いでくれる商品です。

安全でおすすめの猫用シャンプー「長毛種の猫用」5選

次に紹介するのが、長毛種の猫用のシャンプーです。毛が長い猫は毛づくろいで身体をきれいにできなかったり、糞尿で汚れてしまうことも多々あります。シャンプーするとなると乾かすのもひと苦労ですが、速乾性のあるものや、トリートメント成分にこだわったものなど、長毛種におすすめのシャンプーも数多く売られています。愛猫の清潔と健康を保つために飼い主も頑張りましょう!

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー

天然成分100%で安心!トリートメントインで長毛種にもおすすめ

速乾サラつやトリートメント成分が細くて柔らかい猫の被毛をコーティングしてくれるので、タオルドライでも水切れ抜群です! 猫が嫌がるドライヤーの時間を短縮できるので、乾かすのに時間がかかる長毛種の猫を飼っている人に人気な猫シャンプーです。 弱酸性・無着色・無香料タイプで洗浄成分100%が植物性なので安心して使うことができます。 きめが細かく、なめらかな泡がおしり周りや臭いが気になる部分の汚れをすっきり洗い流すことが可能です。 シルクプロテインとローヤルゼリー配合で上質な仕上がりに飼い主も猫も大満足できるプレミアムシャンプーです。 値段も安くシャンプーとトリートメントが一気にできるので、仕事や家事で忙しい飼い主さんにもおすすめです。

ペット用 無添加リンスインシャンプー 犬猫用 600ml

詰め替え用が嬉しい!無添加リンスインシャンプー

パッケージを見てまず目に入るのが「無添加」の文字の動物シャンプー。防腐剤不使用の無添加リンスインシャンプーなので、でデリケート肌の猫にも安心して使うことができます。 長毛種の猫のシャンプーは量もある程度必要になるので、詰め替え用があるのが嬉しいですね。 ヤシ油を使った植物由来の洗浄成分で、ふんわり優しい泡で汚れを落とします。 アロエベラエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキスの3種のハーブエキス配合のリンスインタイプのシャンプーで、毛のパサつきを抑えます。 シャンプーの香りはマイルドなフローラルの香りになっています。 屋外で飼っている猫や、庭の草むらで遊んだりするのが好きな猫には別売ノミとりタイプもおすすめです。

スーパーグレード 60ml 全犬種・全猫種 長毛用 天然系素材100%シャンプー

漢方とハーブが猫と飼い主の肌に優しい!

天然系素材100%の抽出物だけで作られている長毛種専用シャンプーで、猫だけでなく犬にも使えます。 香りは天然香料を使用しており、漢方やハーブ、植物エキスが配合されています。 漢方やハーブがシャンプー後に乾燥しやすい猫の肌を保湿し、汚れがつきにくくなるよう清潔に保ちます。 天然素材なので洗う人の手にもやさしい動物シャンプーです。 天然由来の洗浄成分が、毛づくろいできれいにできなかったいやな臭いや黄ばみなどの汚れをを落とす強力な洗浄力を持っています。 天然成分が長毛種の猫の被毛の根元と皮膚まで浸透し、シャンプー後もさわやかなハーブの香りが持続します。 3~15倍に薄めて使う濃縮タイプですので、長毛種でシャンプー量がたくさん必要な大型の猫にはおすすめです。

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g

売り切れ続出!製薬会社が作る猫用シャンプー!

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプーは、皮膚や被毛をきれいに洗い流し、殺菌から消臭まで嬉しい効果が期待できる犬猫兼用のシャンプーです。 販売元のフジタ製薬はシャンプーの他にも犬猫用の医薬品も開発している会社です。 あまり聞きなれないクロルヘキシジンという配合成分は、実は動物病院でも多く使われている成分です。 クロルヘキシジンはフェノール系の消毒剤で、猫の皮膚トラブルによくある最近、真菌、ウィルスなどから守ってくれる抗菌作用があります。 薬品と聞くと少し心配になる人もいると思いますが、この薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプーは毒性も刺激性も低く、濃度が低いものでもしっかりと殺菌効果を発揮します。 安全性が高く、利き目が長持ちすることで人気があります。 Amazonや楽天市場でも欠品の場合が多いので、もし気になっていて販売しているのを見かけたら購入をおすすめします。

ロングシャンプー 300ml

長毛猫でもしっとりまとまるゾイックのロングシャンプー!

ペット用低刺激シャンプーを多く取り扱うZOICからロングヘア―におすすめのペットシャンプーがこのロングシャンプーです。 長毛の成猫におすすめのシャンプーで、リンスと合わせて使えば更にうるおいがあるしっとりとした仕上がりが期待できます。 シャンプー後に丁寧にコーミングしてあげることで、毛並みがまとまり、ツヤが出るのが特徴です。 複数匹飼っている方や動物病院用に4000mのものも販売されています。容器は使用後も捨てやすいように簡単に潰せるクラッシュボトルになっています。 シャンプーの香りは、自然なキンセンカの花の香りが広がりるフローラルムスクの香りです。 同じシリーズの中には、汚れがひどいときに使うゾイックNホワイトニングシャンプー、デリケートな肌の仔猫用のゾイックNパピドールシャンプーなども販売されています。

みんなのQ&A

Q1:子犬・子猫用シャンプーは何歳まで使える? A1:泡タイプ、低刺激など、子犬・子猫用のシャンプーは成犬・成猫にも多くのメリットがあります。年齢に関わらず、成長してからも使用しても問題ありません。 Q2:シャンプーが大嫌いで自宅でトライしたところ、大暴れしたため諦めました。短毛で室内飼育ですが、シャンプーは必要ですか? A2:短毛種であれば無理にシャンプーをする必要はありません。猫は本来体臭も少なく、毛づくろいができるので身体をきれいに保つことができます。長毛種であったり、太り過ぎて毛づくろいが上手にできない部分は人間の手で洗ってあげる必要が出てきます。 Q3:猫は生後何ヶ月からシャンプーしても大丈夫でしょうか? A3:猫のシャンプーは早くても生後3~4ヶ月以降にしましょう。それまでは、拭くタイプのペット用ウェットシートなどで汚れは拭き取ってあげます。

猫の座り方には名前がある?

柔軟な体を持った猫は、色々な座り方ができますね。 猫の座り方には特徴と名前があり、座り方を見ただけでその時の猫の気持ちが分かるんですよ。 まわりに敵もなくリラックスしている時、逆にちょっと警戒している時、遊んで欲しい、ご飯が欲しいと何かをねだっている時。 もしかするとその座り方は、信頼している飼い主さんの前でしか見せない姿かもしれません。よく知られている座り方には6種類あり、猫が今どんな気持ちでいるのかを知って、もっと猫との絆を深めていきましょう。

横座り

猫がリラックスしている時によく見られる座り方です。 座るというよりは、体の片側を床にペタリとつけてコロンと寝転がっているような姿。猫にとっても楽な姿勢のようです。 後ろ足を横に出し、見た目から「お姉さん座り」や「女座り」とも呼ばれています。まわりに自分が警戒しているものもなく安心しているときには、よくこの体勢が見られるようです。 狙われる可能性がないと感じていなければこの横座りはできないため、飼い主さんの膝に乗り横座りをしたまま眠っているならば、これは猫からかなりの信頼関係を持たれているということになりますね。

スフィンクス座り

名前の通り見た目がまるで「スフィンクス」のような座り方です。名前の由来ももちろん「スフィンクス」からきています。大型ネコ科のトラやライオンがよく見せるのも、この座り方ですね。 お腹は地面につけた格好で後ろ足はたたみ、前足だけは伸ばしでいます。犬がフセをしている姿を想像してみると、よくお分かりになると思います。 この座り方をしている時の猫の気持ちは、休憩中なのですが何か良いことがあるかもしれないといった、ちょっとした期待をしている時です。 強い警戒などはありませんが、前足を出しているので何かあってもすぐに動けるといった利点もあります。

しっぽ巻き座り

「しっぽ巻き座り」はエジプト座りでしっぽを前足にクルリと巻いた座り方です。ちょこんと座っていてポーズをとっているようにも見えます。しっぽを巻くのには意味があるようで、寒い時期に多く見られることから防寒の役割を果たしているのでしょう。 日本猫はしっぽが短いために、あまりこのポーズをとる猫はいません。長いしっぽを持った猫に多く見られます。 また猫はキレイ好きなため、しっぽを汚したり傷つけないように守りの役割もあります。野生時代の名残りもあって、自分の足跡や匂いを消すためという一説もあるほどです。 ちょこんと可愛いらしくも見えますが、この座り方をしている時には、猫はやや警戒し緊張している気持ちでいることも覚えておかなければなりません。

エジプト座り

「エジプト座り」は猫の正座と言われている座り方です。正座と聞けばとても行儀良く思えますが、猫には少々きつい姿勢になります。 名前は猫の女神といわれるエジプトの「バステト」神からつけられたため「エジプト座り」の名前があります。背筋をのばしてお尻は床につけ、前足はピンと伸ばし後ろ足は降りたたんだ座り方です。 この時はやや警戒の気持ちもありますが、欲しい物があるときや期待している時によく見られます。 犬が「おすわり」している時のポーズと同じですね。キッチンに行くと猫がついてきて足元で「エジプト座り」をして見つめている、なんてこと良くありませんか? これは何か美味しいものをねだっているのかもしれませんよ。

スコ座り(おっさん座り)

猫を飼っていると、面白い座り方をしているのを見かけたことがあると思います。それこそ「スコ座り」と呼ばれている座り方で、スコティッシュフォールドによく見られる座り方のため、この名前で呼ばれています。 別名は「おっさん座り」・「おやじ座り」で、まさに見た目通りの呼び名です。 まるで人間のようにお尻をどかっとつけて床に座り、後ろ足は大股開き ! 見ていて笑いそうになってしまうほどユニークです。猫でもこんな座り方をするの、と思ってしまうほど初めて見ると思わず笑ってしまいます。 お腹も見せて完全にリラックス体勢ですが、この座り方はスコティッシュフォールドの骨格にあったものです。 関節に負担をかけない座り方のようで、骨の成長に異常があるときにも見られる座り方にもなります。面白い座り方と思うだけでなく、猫に異常がないかを観察してあげるようにしましょう。

香箱座り

香箱座りは、猫が超リラックスしている状態の時に見られる座り方です。お腹を床につけて前足と後ろ足はきちんとたたみ、身体の下にしまっている体勢になります。 足をしまっていると、敵がきてもすぐには抵抗できません。そんなことがないのを分かっている状態にいる猫だからこそ、この香箱座りが出来るのです。 飼い主さんとの信頼関係もバッチリできていると思って間違いありませんね。 しかし同じネコ科でも大型ネコ科は足を折りたたむ事ができないため香箱座りはできず、猫に限った座り方なんですよ。 見た目は四角い箱(お香をしまっておく箱)に似ていることより日本では「香箱座り」、海外ではパンの塊「catloft」と呼ばれています。香箱座りをしている猫を見たら幸せな気分になれますね。

猫の座り方は病気で変化する?

猫がいつもと違う座り方をしていたら、ちょっと気をつけて様子をみてあげてください。それは病気や怪我によるため、座り方を変えているのかもしれません。 痛い所をかばうと普段と違う座り方をします。シニア猫ならなおさらです。少しでもおかしいなと感じたら、よく観察し早めに動物病院経連れて行ってあげることをおすすめします。

姿勢や座り方が変化

普段と違う様子がうかがえるのは、猫に何かしらの異常があるときです。
POINT
いつもと姿勢や座り方が違うときに考えられるのは、・骨軟骨異形成ースコ座りを見せる猫は特に要注意です。骨が正常に成長しないため、関節に痛みが出てきます。そのため関節に負担をかけない座り方スコ座りをする場合があります。合併症を併発するときがあるので気をつけてください。 ・変形性関節症ー骨をつないでいる関節部分が炎症を起こし、関節部分の腫れ、痛みのために歩き方や座り方がおかしくなります。 ・膝蓋脱臼・椎間板ヘルニアなどが考えらるため、ひどくならないうちに病院できちんと診てもらうようにしてくださいね。特にシニア猫は小さなことでも体に負担がかかってしまうため、元気で長生きしてもらうためにも普段から様子をよく見てあげていただきたいものです。

暗い場所に座っている

猫は死に際に身を隠すといわれています。体調が悪いときも同じように、その事を知られないようにそっと暗い場所に身を潜めじっとする習性を持っているのです。 暗い場所を選んで座っている事が多いときには、一度猫の様子をみてください。 怪我をしている部位はありませんか?お腹が痛い、関節に痛みがあるなど体調が優れないのかもしれません。 暗い場所が好きな猫や、静かにしたい時にも一時的に暗い場所へ行く猫もいるため一概には病気や怪我とは言えませんが、長時間暗い場所にじっとしている時は体調が悪いサインである可能性がかなり高くなります。

猫の座りダコの対策方法

「猫の座りダコ」ご存知ですか?猫のカカト部分に小さなハゲた部分があれば、それが座りダコです。 猫は家の中で固いフローリングや畳の上に座ることにより、カカトに体重がかかっており、そのためにタコができてしまうのです。 ハゲてしまうのはフローリングなどで擦れるため。痛くないのかなと思ってしまいますね。少しでも予防できるよう、座りダコの対策方法をご紹介してみます。

対策①マッサージ

人間でも疲れたときにマッサージをしてもらうと気持ちが良いものです。 猫だって固いフローリングなどを歩き疲れた足をマッサージしてあげると喜んでくれるのではないでしょうか。 座りダコの対策にもなるので、優しくマッサージしてあげることをおすすめします。
POINT
方法はとても簡単です。洗面器などにぬるま湯を入れて用意します。その中に猫の足を入れて1~2分優しくマッサージします。 強く押したりすると嫌がったり、痛がり次にマッサージをするのを受け付けなくなるので、ここは慎重に行ってくださいね。 ぬるま湯から出たらしっかりと水気を拭きとってあげたら終了です。

対策②スペースの確保

座りダコは、同じ座り方ばかりしているとできてしまいます。猫がゆったりとくつろぎ動けるスペースがないと、ずっと同じ体勢でいなければならなくなり、同じ所に負担がかかってしまうからです。 カカト部分が固いフローリングに当たったままの姿勢だと、座りダコができるのは当たり前ですね。そのようにならないためにも、猫が安心してくつろげるスペースを確保する事は大切です。 シニア猫なら床ずれといったことも注意しなければなりません。寝返りができない猫なら3~4時間おきに体の向きを変えてあげましょう。 普段から使用するクッションは、体の形にフィットする低反発クッションや毛布などでやわらかいものにしてあげるだけでも床ずれを防ぎ、体の辛さもかなり変わってきます。

まとめ

猫の座り方には6種類あります。座り方をみれば猫の気持ちだけでなく、飼い主と猫との信頼関係までもがわかるのです。 猫の気持ちを察し、これからさらに猫との絆を深めていけると良いですね。 気持ちだけでなく、そこに潜んでいる怪我や病気にも気をつけ、大切な家族の一員として守っていかなければなりません。

犬の多頭飼いは注意が必要?

愛犬を1匹飼っていると「1匹だったら可哀そうだな」「兄弟を作ってあげると毎日が楽しく過ごせるのではないだろうか」と考える方も多いのではないでしょうか。 犬を飼うという事は命を預かるという事ですので、「多すぎて面倒が見切れない」では絶対にダメなのです。 そして、頭数が増えると必然的に費用もかかってきますので、そこも考えないといけませんし、その他にも多頭飼をしようと思っている方は注意が必要な事がいくつかあります。 そこで、今回は多頭飼いについてご紹介していくのですが、まずは、多頭飼いをする際に注意しないといけない事をご紹介します。

注意点①犬の大きさの違い

多頭飼いをする際、同じ犬種でないといけないという訳ではなく、犬種はどんな犬種でもいいのですが、大きさをまずは考えてみて下さい。 大幅なサイズの違いがあると思わぬケガの原因にもなりかねません。 チワワやヨークシャーなどの超小型犬を飼っていて2匹目に20㎏を超えるような中型犬を同居させる場合、大きな犬は遊んで噛んだつもりでも小さな犬にとっては致命傷になる事もあります。 噛まなくても少し足が当たっただけで、骨折をしてしまったり、寝ている時に上に乗ってしまうなどの危険性も出てくるでしょう。 また、犬の習性から小さくて動き回る物を見ると思わず飛び掛かってしまう事もあったりと、大きな犬は比較的温和な性格をしていますが、本能的にこのような事に出くわす事もありますので注意が必要になってきます。

注意点②経済状況

犬を何匹も買うという事は、それに伴い出費も倍々に嵩んでいきます。 多頭飼いを始めてみたものの「経済的に余裕がなくなったから放棄」などは絶対にあってはならないものです。 ですので、頭数が増えてもきちんとした管理が可能なのか、しっかり検討するようにして下さい。 頭数を増やす前に、どんな犬種にするのか(中型犬や大型犬であれば小型犬の倍以上の費用がかかってきます)、年間にかかってくる医療費・トリミング費用・食費・その他にかかってくる諸々の費用など概算してみてからそうするのかを決めるようにしましょう。

注意点③先住犬のストレス

多頭飼いする場合、最初から一緒に複数まとめて飼う場合と、先住犬がおり、追加で新しい犬を飼うという場合があります。 最初から一緒に生活している場合は問題ないのですが、先住犬がいる場合は、先住犬が新しい子を受け入れる事でストレスを感じていないかと注意しなければなりません。 先住犬が複数いる場合は、そこまでストレスに感じるという事はないようですが、先住犬が1匹の場合は、かなりのストレスになると言われています。 今まで飼い主さんを独り占め出来たのに、同居犬が来た事によって、生活が一変するわけです。 そこからやきもちや新しい犬の溶射ないじゃれつきは体調を崩す原因になりやすいのです。 性格が甘え上手な先住犬ほと、この傾向が強く、ストレスから下痢や吐き気・食欲不振を起こす事があります。 おおむね2週間~3週間もすれば慣れてしまいますが、あまりに重度な症状であれば病院へ連れていくようにしましょう。

注意点④顔合わせはケージ越し

新しい犬を迎え入れると決めた場合、先住犬と顔合わせをさせる事になりますが、この時、いきなり目の前に連れていくのはNG。 このような事をすると先住犬が困惑してしまいます。 あまりに困惑してしまい動揺してしまった結果、飛びついたり噛みついたりする危険性もありますので、まずはゲージ越しの顔合わせから始めましょう。 新しく来た子が子犬であれば病気を持ってくる場合も多いですし、ゲージ越しの顔合わせなら病気の感染の確率も少なくなります。 ゲージ越しに喧嘩する様子がなければ、飼い主さんの監視の下で、一緒に遊ばせたりしながら徐々に慣らすようにしていきましょう。

注意点⑤子犬が持つ病気

子犬が持ち込んで感染する病気の代表はケンネルコフという呼吸器の感染症や耳ダニなどの寄生虫が多いと言われています。 しかし、先住犬にワクチンを接種していれば、重篤な病気が感染する事はないので安心して下さい。 すでに複数飼育している状況で子犬を新たに飼う場合、感染症の広がりを防ぐために1週間ほど新しくきた子犬だけを隔離して飼育する検疫期間を設けるとなおいいでしょう。 検疫期間を設ける事ができれば、なんらかの病気を持ち込んでいてもその期間の間に発見できて感染が広がる前に対処する事が可能です。

注意点⑥性別

同じ犬種の場合は、オスとメスを組み合わせると子供ができてしまうかもしれません。 相性がありますので、オスとメスと一緒にしたら必ず子供ができるというわけではありませんが、確率でいうと50%ほどでしょう。 子供ができてもいいのであれば問題はないのですが、子供が増えたら困るという方であれば避妊手術や去勢手術も必要になってきます。 ですので、繁殖の事も考えて飼う性別を決定する必要があるでしょう。 オスとメスの組み合わせの方が仲良くしやすいというイメージですが、同姓同士でも十分仲良くする事はできます。 繁殖の考慮も必要ですが、先住犬の性格の考慮も必要かもしれませんね。

犬の多頭飼いする場合のしつけやルール

多頭飼いを行う前に、どんな風にしつけを行い、どんな飼い方をすれば愛犬たちが仲良く生活していけるのかを考えないといけません。 全ての愛犬に同じように可愛がるのはもちろんですが、同じようにしつけやルールも重要になってきます。 しつけやルールをしっかり身に付けさせておかなとトラブルが発生するもとになってしまいますので、ここでは多頭飼いをする場合のしつけやルールについてご紹介していきます。

褒める順番は先住犬から

犬は元々群れで生活をする生き物ですので、上下関係を重視する傾向があります。 多頭飼いにおける群れのリーダーは、飼い主さんで、先住犬は単身で飼われていた時からリーダーから愛されているのは自分であると認識しています。 新しく迎えた犬にばかりに目を向けてしまうとやきもちを焼いて問題行動を起こしたり、体調不良になったりと精神的に不安定になってしまい、新しく来た犬にも影響を与えかねません。 そうならないように、しっかり順位付けをする意味でも褒める場合は先住犬から褒めるという事を忘れないようにして下さい。

犬達の関係性は自然に任せる

子犬はとにかくハイテンションで、家の中を走りまわったり、跳ねたりし勢いが衰える事が中々ありません。まだ良し悪しがわかっていないので、飼い主さんにも先住犬にも遠慮なく向かってきます。 迎えたばかりの頃は先住犬もどのように接していいのかわからないし、何だか鬱陶しい的な感じで一緒の空間にいない場合が多いのですが、ある日先住犬が見かねて子犬に「ワン!!」と一喝し、子犬が大人しくなったなんて声も多く聞きます。 飼い主さんから先住犬が怒った!ケガをしてしまうかもと焦ってしまうかもしれませんが、これは先住犬が子犬に対し「それはダメよ!」と教えているのかもしれません。 家でやってはいけないルールを一番知っているのは先住犬でそれを子犬に教えているのです。 犬同士の関係性は飼い主さんが作るのではなく、犬同士で自然に任せるのがいいのかもしれませんね。

犬の多頭飼いのメリット

多頭飼いをするにはそれなりの覚悟が必要ですし、楽しいばかりではありません。 しかし、そのようなデメリットばかりではなく、メリットも沢山あります。 そこで、ここでは多頭飼いのメリットについてご紹介していきたいと思います。

犬同士で遊ぶことでストレス解消

オオカミを祖先に持つ犬は、元々大自然の中を走り回って生活をしてきました。 現在は、犬も家族の一員として考えるようになり、室内飼いが多くなってきましたが、その結果、思い切り走り回ったり遊んだりする機会が少なくなってしまっているのが現状です。 運動不足になると、身心共に健康的ではなく、ストレスをため込んでしまい、噛みつきや無駄吠えなどの問題行動の原因になる事も出てくるのです。 おでかけやドッグランに行って定期的にストレスを発散させてあげる事でももちろんいいのですが、できれば毎日運動させてあげたいもの。 そんな時に多頭飼いをしていると飼い主さんが遊んであげなくても、犬同士で勝手に遊んでくれますので、運動不足やストレス解消になりとても良い事と言えるでしょう。

歳の違いが健康に繋がる

一緒に暮らしている愛犬同士に年齢の差がある場合、上の子は下の子の運動量に合わせて生活をするようになります。 健康的に「ちょっと頑張って運動する」という事ができると、若さを保つ秘訣になり、歳の割には元気な子という年齢の取り方ができるようになるでしょう。 下の子も上の子がいる事で、学ぶ事が多くあり、何があっても守ってくれるという安心感もありますので心身共に健康的でいられるでしょう。

お留守番の時も楽しい

犬は基本良く寝ますので、お留守番の時は寝ている事が多いのですが、一匹で留守番をしていると帰宅した時に部屋の中が荒らされていたり、いたずらをしたりという子も沢山います。 これは一人で留守番をさせられた、置いていかれたという寂しさなどから引き起こされるものですが、多頭飼いをしていると、留守番の際にも、他の犬もいますので、一緒に遊びながら楽しく留守番ができるようになります。 現に、一匹では留守番させられなかったけど、家族を増やしたら大人しく留守番をしてくれるようになったという声も多く聞かれています。 人間も一人でいると寂しいのと同じで、犬も同じなのです。

まとめ

今回は、犬の多頭飼いについてご紹介してきました。 多頭飼いは大変というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、飼い主さんの覚悟があれば大変な事はあっても楽しさは倍増します。 そして、多頭飼いならではのメリットも沢山ありますので、悪いイメージばかりではないという事を今回この記事を読んでわかって頂けると嬉しいです。

犬の心臓病とは?

犬の心臓病は10~15%に起こると言われています。 心臓がポンプとして働くためには、心臓の筋肉や弁が正しいリズムで動き、血管に血液をスムーズに送り出すようにしなければいけません。これらのどの部分に異常が起きても、心臓はきちんと働く事ができず、心臓病になってしまうのです。 心臓病になると、心臓がポンプとしての役割を果たせなくなり、全身に血液を送る事ができなくなっていきます。 その結果、全身に十分な酸素や栄養を送る事ができず疲労や呼吸困難、食欲の低下などが見られるようになり、体に水分がたまるようになると浮腫みが出たり、お腹がふくれる事があります。 そんな心臓病ですが、その中でも最も多い心臓病は僧帽弁閉鎖不全症というもので、次にこの僧帽弁閉鎖不全症についてご紹介していきます。

最も多い心臓病は僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁は、左心室と左心房の間の弁で、左心室から大動脈へ血液を送り出す時に、血液が左心房へ逆流するのを防いでいます。この弁が変性し、上手く閉まらなくなると、血液が左心室から左心房へ逆流します。 弁の変性は、5歳以下の犬にはまれですが、例外なのが、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルで、若くして弁の変性を起こすことがわかっています。 僧帽弁が上手く閉じなくなってしまうと、血液の一部が逆流してしまうので、全身へ上手く血液を送り出せなくなります。 初期の段階では、心臓が頑張って働く事により、全身に大きな影響はありませんが、頑張り続けた心臓が限界を抑えると、血液を十分に送れなくなり、心不全の状態になります。 早期の場合は、無症状で、定期健診時などに心臓の雑音によって発見される事がほとんどですが、一番最初に見られる症状は咳で、痰を吐き出すような咳が、主に興奮時や夜~朝方に認められるようになります。 更に進行すると、疲れやすくなったり痩せてきたりといった症状が出るようになります。 そこから更に心不全の状態へ進行すると、肺の中で血液が鬱滞し、肺水腫となり、チアノーゼが見られるようになったり、不整脈による失神が見られるようになり、死亡する可能性もある怖い病気です。 早期発見が大事になってきますので、定期的な健康診断と少しでもおかしな咳が見られるようであれば受診しましょう。

犬の心臓病の症状

心臓病が早期の場合、自覚症状は全くありませんが、心臓病が進行してくると咳や疲れやすくなったり、浮腫み・腹水・失神・呼吸困難・突然死などの症状を示すようになります。 その中でも典型的な症状は咳なのですが、咳をしているから心臓病だと言うわけではありませんが、中型犬以上の犬の場合は、心臓病が原因で咳をするケースが非常に多くなっており、小型犬の場合は、心臓病以外、たとえば気管の障害が原因で咳をする事が多いのですが、それでも高齢の小型犬が咳をすれば、やはり心臓病を疑う必要があるでしょう。 初期症状はないと先ほどご紹介しましたが、ほとんどの心臓病で初期から心雑音というものが出てきます。 心雑音は聴診器を使用すればすぐにわかりますが、飼い主さんにはわからない事なので、予防接種の際や定期健診の際など定期的に聴診を受ける事が大切です。

犬の心臓病のステージ分類

POINT
心臓病の正常な血液の流れは全身→右心房→右心室→肺→左心房→左心室→全身となるのですが 心臓病の場合は 全身→右心房→右心室→肺→左心房→左心室→左心房→左心室→全身 という異常な血液の流れになってしまいます。 犬の心臓病にはステージ分類がされており ・ステージA ・ステージB1 ・ステージB2 ・ステージC ・ステージD と分かれています。 次の項目からステージ分類別に詳しく状態などをご紹介していきます。

ステージA

まずは、ステージAについてご紹介していきましょう。 ステージAに分類されるのは心疾患のリスクがある犬種となっています。 具体的にあげると、中高齢の室内犬・キャバリアキングチャールズスパニエル・レトリーバー・ボクサー・ニューファンランド・ジャーマンシェパードドッグ・チワワ・ポメラニアン・ヨークシャテリア・フレンチブルドッグ・ビーグル・ミニチュアシュナウザー・ボクサー・サモエド・ドーベルマン・プードル・ポメラニアン・マルチーズ・コリー・シェットランドシープドッグ・グレードデーン・セントバーナードなどになります。 ご紹介した全ての犬種が心臓病になるとは限りませんが、高齢になると出てきやすくなりますので、定期健診か欠かさず受けるようにしましょう。

ステージB1

ステージB1に分類される状態は、聴診により心雑音が聞こえるが、症状はないという状態です。 正常では左心室の血液は全身に流れますが、この病気では血液の一部が左心房にも流れてしまうため、全身に流れる血液の量が減少してしまう事がわかっています。 心臓病の初期では、全身への血液量を減らさないように、心臓が頑張って働いている状態です。

ステージB2

ステージB2の分類は、症状はないが、だんだん心臓が大きくなっている状態です。 頑張り過ぎた心臓はポンプ機能が次第に低下していきます。 すると、全身に送れなかった血液が徐々に心臓にたまっていき、心臓はゆっくりと大きくなっていきます。 特に左心房は、血液を送り出したはずなのに逆流によって血液が帰ってきてしまうため、顕著に大きくなっているのがわかるようになります。

ステージC

ステージCに分類される状態は、さらに心臓が大きくなり症状が現れる状態と肺や全身の臓器に異常がでてくるという状態です。 心臓病で現れる症状は様々ですが、最初に見られるのは咳や運動不耐性が多いです。 咳の症状は、左心房がどんどん大きくなり、気管を押し上げてしまう事で起こります。 また、運動不耐性とは運動を嫌がるようになったり、すぐに疲れやすくなったりする事です。 そして、全身の臓器に異常が出てくる状態というのは、血液の流れが悪くなり左心房がどんどん大きくなると、次は肺に血液がたまってしまいます。必要以上に肺に血液がたまると肺水腫という状態に陥り、呼吸困難で救急搬送されるケースも見られます。全身に送り出す血液量も減ってしまいますので、様々な臓器に影響が出ますが、特に腎臓の働きが著しく悪くなるケースが多いでしょう。

ステージD

ステージDに分類される状態とは、難治性心不全の状態になります。 心不全とは、心臓の機能が低下し、全身に血液や酸素が十分に送り出せなくなる状態の事です。 症状としては、息切れ・疲労感・呼吸困難・浮腫・動悸・胸痛などがあり、重症化すると安静時でも症状が現れるようになります。 難治性心不全とは、心不全がさらに重症化した状態で、強心剤が必要となるくらい悪い状態になっており、予後は極めて不良となります。 通常の治療法では、効果がなく、補助循環治療や心臓移植が必要となるレベルです。

犬の心臓病への治療薬について

犬の心臓病への治療薬は初期段階では、血管拡張薬という血液の巡りを良くして心臓の負担を軽くする薬を使用します。 しかし、投薬を行うという事は、体に何らかの変化を与える事にもなりますので、その変化を飼い主さんはきちんと理解しておく必要があるでしょう。 薬を処方された時には、その薬がどんな風に体に作用するのか、そのために気をつける事は何なのか、飼い主さんも積極的に先生に質問して下さい。 最終的に心臓病は投薬のみで良くなる事もありますが、一般的には手術が必要なケースの方が多いので、薬のみで治療したいのか、手術のケースも考えて治療したいのかを先生としっかり相談しましょう。

投薬だけでの半年後の生存率は50%と言われる

手術成績が向上しても現在、僧帽弁閉鎖不全症の手術を積極的に行っている獣医師は、全国レベルを見てもそう多くはありません。日本国内では極わずかと言えるでしょう。 ですので、実際には投薬治療のみで対処されているケースがほとんどになりますが、実際手術が出来ないケースも多くあります。 てんかんなど、他の重篤な病気を併発している場合や、体力的に麻酔や人工心肺を使用する事が難しい時には投薬と定期健診で診ていくしかないのです。 僧帽弁閉鎖不全症の投薬治療を開始した場合、約半年後の生存率が50%と統計が出ており、発症した時点で既に高齢であれば、その半年は犬にとって十分な年月だと言えるかもしれません。 しかし、若くして発症してしまった場合の半年はあまりにも短すぎますよね。投薬治療と言っても、病気を根本的に治すものではなく、対処療法になりますので、進行してしまった場合は残念ですが、もう走りまわる事はできないと考える方がいいでしょう。 でも、現在の医学は日々進歩していますので、素晴らしい薬も沢山あります。望みは捨てないで下さいね。

薬の副作用はある?

薬の使い始めは、飼い主さんの目にもはっきりわかるくらい、しっかり効く事が多いのですが、副作用が全くないという薬はありませんので理解しておきましょう。 例えば、心臓病の薬を飲み始めて肝臓や腎臓の検査数値が上がってしまい、それらに対する薬を追加しなければならない事もあります。状態に合わせて薬を調整していくうちに、1回の服薬が7錠ではおさまらなくなってしまいます。 薬で体調をコントロールしているわけですので、飲み忘れは絶対にいけませんし、そのプレッシャーは飼い主さんにとってプレッシャーになっていくはずですが、1回でも薬を忘れてしまうと命の危険にさらしてしまうという結果になりかねません。 しかし、手術をするにも相当なリスクが伴ってしまうという事も考え、最終的には手術をするのか内科的治療でいくのかは飼い主さんの判断のゆだねられます。 愛犬の年齢や症状、正確などを考慮して治療方法を選択するようにしましょう。 そして、投薬のみで治療をする事になっても、完治する薬ではないという事を理解した上で薬でのコントロールを続けるようにして欲しいと思います。

まとめ

今回は犬の心臓病についてご紹介してきました。 心臓病の中でも最も多い僧帽弁閉鎖不全症にスポット当てて詳しくご紹介してきましたが、この心臓病は罹ってしまったら絶対に死んでしまうという病気ではありませんが、出来るだけ早期発見が望ましい病気です。 若い年齢でもまれに罹りますが、大半は高齢になってからですので、日頃からの定期健診は必須になってきます。 元気であっても、咳が出たり、普段と違う様子が見られる場合は、すぐに受診するようにしましょう。