チワワの毛色の種類

小さい体とつぶらな瞳が魅力のチワワは人気犬種ランキングで常に上位ランクインをしている犬種です。 チワワと一言で言っても毛色の種類はさまざまで、飼うときにどんな毛色の子を飼おうか迷ってしまうくらい。 そこで、今回はチワワの毛色の種類について詳しく解説していきます。

ブラックタン

まずは、黒をベースカラーに黄褐色の差し色がタンの斑点や胸、足辺りに入っているブラックタンです。 後頭部にも黄褐色が出てくることもあり、模様の出方が変化していくのも特徴になります。 眉毛のように見えて愛らしい表情を作ってくれるタンの斑点もなかにはあり人気色です。 毛色が濃いので顔周りや体の汚れが目立ちにくいことから、手入れしやすい種類であるというのも人気の一つのようですね。 ブラックタンの価格相場は、平均でおよそ20万円前後となっており、オスよりメスの方が若干割高となっています。

ブラックホワイト

ブラックとホワイトの2色が混ざりあっているのが特徴の名前通りのブラックホワイトには、そこにタンの斑点が入るとブラックタン&ホワイトという別の毛色の種類になります。 ブラックとホワイトの出方の割合には個体差があり、さまざまです。 成長しても毛色の変化が少ない種類なのですが、時に黄褐色のカラーが混ざりことも。 価格はおよそ20万円前後が相場となっており、オスで18万円前後、メスで22万円前後とメスの方が若干割高です。

クリームカラー

薄い黄淡色カラーが優しい雰囲気のクリームカラーも根強い人気です。 全体的に淡いクリームカラーであるため、チワワ特有のウルウルとした大きな瞳がより際立つことから「可愛い」「愛くるしい」という方が多いです。 完全に単色というわけではなく、クリームのホワイトが混ざっていたり、手足や耳、胸辺りが薄いや濃いなど個体によって色の出方はさまざまです。 価格は20万円前後が相場となっており、オスは17万円前後、メスは22万円前後とこちらもメスの方が若干割高となっています。

ホワイトカラー

チワワのほとんどが2色以上の毛色が多いなか、ホワイト単色のチワワはとても珍しく人気があります。 ホワイトカラーの被毛は光沢感があり、とてもキレイで高級感のある印象を与え、個体によっては耳の周りや目の周囲に薄いクリームやベージュカラーの毛が生えることも。 光沢感があり、キレイなのですが、ホワイトというだけあり汚れが目立ってしまうデメリットはあります。 また涙やけやよだれやけも目立ちやすいので日頃からの被毛をキレイに保つためには日頃からのケアが必要です。 価格は20万円前後で、やはりメスの方が少し割高となっています。

レッドカラー

赤茶色の毛色したレッドカラーは、オレンジような明るい毛色の子もいれば、クリームカラーに近い毛色の子もいます。 成長していくに連れて毛色が少しずる薄くなることが特徴で、そこにホワイトの毛色が混じるレッド&ホワイトという2色カラータイプも。 レッドカラーも色素が薄いのでホワイトの毛色との境毛がはっきりしておらずグラデーションカラーになるのが特徴でしょう。 価格は20万円前後となっており、メスが21万円前後、オスは18万円前後となっています。

セーブル

薄茶色の毛色がベースで、そこにブラックの毛色が混じっているのがセーブルで、金茶色や薄いブラウンカラーを持つフォーンと非常に似ていますが、違いはブラックが混じっているかいないかという点です。 小さい頃はブラックの毛色が目立ちますが、成長に連れて色素がどんどん薄くなり、やがてキレイなブラウンカラーへ変化していくのが特徴です。 セーブルにホワイトが混ざるとセーブル&ホワイトと呼ばれます。 価格は20万円前後が相場となっています。

チョコレート・タン

こげ茶色のチョコレートのようなカラーがベースで、ベージュもしくは薄いブラウンのタンの斑点が入ったチョコレートタンは、ブラックタンと非常に良く似ており、小さい頃は見分けがつかないこともあります。 ブラックタンよりも優しい毛色で目が青みがかった瞳をしているのが特徴的。 また、鼻周りやアイライン周辺の色素が薄いのも特徴です。 チョコレートタンにホワイトの差し色が入った種類もおり、チョコタン&ホワイトと呼ばれています。 価格は相場よりも少し高く、平均で約21万円前後、メスになると30万円前後することも多いでしょう。

チワワの珍しい毛色

先ほどは一般的なチワワの毛色の種類についてご紹介してきました。 実はチワワには珍しい毛色の種類も存在しており、なかなかお目にかかる機会がないかもしれないレアケースです。 そこで、ここではチワワの珍しい毛色についてご紹介していきます。

イザベラ

チョコレートよりももっと薄く、ブラウンカラーがやや色あせたような色合いを見せる毛色のイザベラは、個体によって毛色の特徴が違い、ブラウン系もいればアイボリーカラーも存在すると言われています。 色素が薄いので、皮膚が弱い子や体が弱い子が多いので、飼いたいと思っている方はしっかりお世話をする気持ちや覚悟を持って飼ってあげるようにしてください。

ブルーカラー

全犬種でなかなかこのような毛色はいないと言われているのがブルーカラーです。 実際にはグレーの被毛に見えることが多いのですが、青みがかっていることからこの名がつけられました。 子犬の時期は黒っぽい毛色をしているのですが、成長するにつれて色素が薄くなっていき、ブルーがかっていきます。 そして、目も青っぽいのが特徴です。 なかには胸や足回りにホワイトの毛が生えてくる子もいると言われています。 色素が薄い遺伝子を持っているので、肌が弱い傾向にあります。 価格はレアな種類なのでおよそ25万円前後が相場と言われています。

フォーン

金色がかった茶色や薄いブラウンの毛色のフォーンは、成長後キレイなうす茶色になるのですが、産後から幼少の時期にかけては暗い差し毛が多く、特に口周りが黒ずんだ色に見えると言われています。

ブリンドル

プリンドルもとてもレアな毛色のチワワです。 ブルーとフォーンが混ざった感じというか、中間色のような非常に珍しい毛色をしており、なかなかお目にかかることはないでしょう。 まだらな毛色がトラ模様にも見えるのが特徴です。 成長するとともに、薄まっていきます。

ブルー&タン

ブルー&タンはブルーがベースの毛色にタンの斑点模様が入っています。 こちらもかなりレアな毛色のチワワで、成長していくにつれて色合いも変化していくので、さまざまな模様を楽しむことができます。 色素が薄いブルーの遺伝子を持つことが多く、皮膚は弱めです。 ブルー&タンにホワイトの毛色が入ったチワワをブルータン&ホワイトと呼ばれています。 価格相場はブルーカラーと同額で、レアカラーと言われているため、一般的なチワワよりも高めの設定となっていることが多いです。

ブルーマール

トライカラーの黒色の部分が銀色のような色でまだら模様に見える毛色のブルーマール特徴は目の色が個体によってさまざまという点で、こげ茶色のような目をしている子もいれば、ブルーが飼った目をしている子もいます。 自分が飼っている子は世界に一匹だけという見た目が人気の秘訣の一つになっているようです。 価格は人気カラーであり、珍しくもあるので、一般的なチワワに比べると割高に設定されており、なかには相場の2倍以上の値段がついている子もいるようです。

チワワのミスカラー「マール」とは?

ジャパンケンネルクラブが定めている毛色に何らかの色が混じってしまった毛色をミスカラーというのですが、マールもその一つです。 明るい地の色に黒色の暗色のブチと同系色の薄い色が大理石に現れた模様のことをマールと言います。 チワワにはブルーやシルバーの中に黒のまだら模様が見られる子がいますが、これもマール遺伝子によるものと言われています。 マール遺伝子は、色素だけではなく目や耳、心臓などにも作用し、先天的な疾患を抱えていることが多くいるため、公式に認められていない毛色になります。 飼うことに関しては問題ないのですが、繁殖には向いておらず、迎え入れようと思っている方は健康状態をしっかり把握した上で飼うようにしましょう。

まとめ

今回は、チワワの毛色の種類についてご紹介してきました。 一言でチワワと言っても沢山の毛色が存在していることがわかりましたね。 レアカラーの犬種は少し体が弱かったり、皮膚が弱かったりということもあるようですが、レアカラーを飼ってみたい方はしっかり健康状態をわかった上で飼ってあげることを前提としてください。

子猫の顔は変化する?猫の顔に関する7不思議

人が産まれてから成人になるまでには20年かかり、親元を離れて独立する場合にも準備をする必要があり老後を迎えるまでにも長い時間がかかります。 それに比べて猫は人よりも寿命が短く子猫から成猫、老猫へと早い速さで変わっていき、生後から1年程で親猫と同じくらいの大きさになり単独行動が出来る知識を身に付けていきます。 成長の早い子猫の顔はどのように変化していき、猫の顔に関する7不思議にはどんな事があるのかを詳しく紹介します。

子猫の顔は成猫になると変化する?

猫は人間と同じように成長に伴って顔つきが変化していき、子猫と成猫、老猫では顔の各パーツの位置や大きさが異なります。 子猫の頃はあどけなく可愛らしい表情を見せてくれますが、成猫になるとクールなイメージになり味のある表情へと変化していきます。 成猫はキリっとした目つきが特徴的ですが、老猫になると目尻が下がって優しく穏やかなまなざしへと変わります。 飼い主にとって愛猫の成長は嬉しい事ですが、顔の変化には少々戸惑いもあり寂しさも感じてしまうようです。 子猫から飼う場合は可愛らしさや懐いてくれるあどけないしぐさに魅力を感じますが、成猫になりあまり相手をしてくれなくなると追い抜かれたような気持ちになってしまうようです。

親猫から子猫の将来の顔は予想可能?

産まれたばかりの子猫を見て親猫と同じように成長してほしいと思っても、同じ種類、兄弟の猫でも似ているようで顔にはそれぞれに違いがあります。 親とそっくりに成長する子猫もいますが、猫も人間と同じように親猫だけではなく祖父、祖母に当たる猫に似る場合もあります。 隔世遺伝が生じる事もあり、親猫から子猫の将来の顔を予想するには難しいものがあります。 子猫の将来の顔を予想できなくても、日々成長していく過程を見届けるのも楽しみのひとつではないでしょうか?

猫の鼻の色と肉球の色は一緒?

必ず一致しているとは言い切れませんが、ある程度法則がある場合もあります。 例えば茶トラの猫は赤っぽいピンク色で、白猫の肉球は薄いピンク色、キジトラの猫は焦げ茶色です。 猫にとって鼻は顔の一部で、色や形で顔のイメージが変わりチャームポイントにもなります。 熟睡している時に見せてくれる肉球は何とも言えない可愛らしさがあり、つい触ってしまいたくなります。 鼻の色と肉球の色が一緒でなくても、可愛らしさにはあまり影響がないようにも思います。

猫の鼻・肉球の色や毛色は何才まで変化する?

個人差はありますが、猫が急激に成長を見せるのは大体2才ぐらいまでと言われています。 鼻や毛色、肉球の色は2才ぐらいまでに決まり、高齢になると全体的に色が薄くなる場合もあります。 成長と共に黒かった毛色が茶色に変わっていたり、高齢になるにつれて今までなかった毛色が見られる事もあります。 2歳過ぎてからの鼻や肉球の色にはあまり変わりがなく、年齢を重ねるごとに触った時の弾力がなくなっているようにも感じます。

生活環境によって猫の顔は変わる?

栄養豊かな食事を十分与えられている猫はふっくらとした顔をしていますが、きちんと食事ができない環境にあれば悪い印象の顔になってしまいます。 野良猫が優しい人に巡り合えて飼い猫になると、やせ細っていた顔がきちんと食事がもらえるようになった事でふっくらとした顔になっていきます。 顔の表情も野良猫の時のような厳しい表情ではなく、リラックスした表情へと変わっていきます。 猫によっては人間との生活に馴染めない事もありますが、食事の心配をする事がなくなるだけでも穏やかな表情になります。

犬の顔は人の顔に似てくるけど猫はどうなの?

どんなペットを飼う場合にも相性があり、会った瞬間に惹かれるものがあるようです。 猫を飼いはじめる際に、無意識に自分の顔と雰囲気が似ている猫を選んでいる可能性があります。 犬が飼い主の顔に似てくるとよく耳にはしますが、猫の場合は一緒に暮らしているうちに似てくるというよりも元々似ていたと思うのが正しいのかもしれません。 飼い主と過ごす時間が長い猫ほど、しぐさや行動が似てくるようにも思います。

オスの方がメスより顔が大きい?

オス猫の顔が大きいのは男性ホルモンの影響で、ライオンのオスがたてがみを持っているようにオス猫も肉づきが良く顔も大きくなります。 特にオス猫は縄張り争いで喧嘩をしなくてはいけなくなり、強そうに見える様にと顔に傷がつきにくい様に顔が大きいという説もあります。 子猫のうちはオスとメスの顔の大きさにあまり差がありませんが、成長と共に顔も体格もメスよりは大きくなり貫禄さえも感じられるようになります。

猫の顔には種類がある?

テレビで人気の猫ランキングなどを特集で放送する事がありますが、どの猫種にも特徴や魅力があり猫好きの人は目が離さなくなってしまいます。 特に子猫の場合には活発に動き回る姿や、子猫同士のじゃれ合いや人に甘えてついていく様子には癒されます。 猫は個人差の大きい動物で、猫種、毛色の違い、顔の形状によってある程度性格がわかります。 逆三角形、円型、四角形の顔の形状では、どんな違いがあるのかを紹介します。

(逆)三角形

純血腫の猫ならばアビシニアンやシャムがこのタイプに当てはまり、細身なボディで逆三角形の顔に長く大きな耳が目立ちます。 活発で頭が良く好奇心旺盛で人の膝の上でくつろぐよりも、窓の外を眺めているのが好きで芸を覚えてもくれます。 抱っこを長くしていたい人には少々寂しい気もしますが、元気に過ごしている姿は日常生活に変化を与えてくれます。 人と触れ合うのが大好きなので、にぎやかな家庭に向いていて全世界で人気のある猫種です。

円形

ヒマラヤンやペルシャのように大きな目で平坦な顔をしていて、丸みを帯びたボディと頭を特徴としています。 このタイプの猫は臆病で大人しく、信頼できる人に対しては穏やかな愛情をそそぎとても従順です。 どちらも長毛種でヒマラヤンはペルシャよりも行動的で社交性が高くのんびりしていて、ペルシャはおっとりした性格で気品に溢れ鼻ぺちゃの顔にも魅力があります。 猫と一緒に静かな時間を過ごしたいと思っている、インドア派の人におすすめな猫種です。

四角形

最大級の大きさを誇るイエネコのメインクーンなどは、顔の形状が四角形に近いと言われています。 体つきががっちりしていて優しく愛情深い性格で、飼い主にスリスリしたり頭突きをして喜ばせる事が大好きです。 穏やかな巨人という愛称を持っていて、ふさふさのしっぽとヒゲが長いのも特徴で日本でも人気が高まっています。 猫には珍しく水遊びが好きな事もあり、社交的で積極的に遊んであげられる家庭におすすめな猫種です。

まとめ

子猫の顔は環境や成長と共に変化をしていきあどけなく可愛らしかった愛猫が成猫になり、キリっとした目つきでどんと構える姿には少々複雑な気持ちになってしまうかもしれません。 人が成長と共に変化していくように猫も同じで、様々なものに興味を示してくれていたのに見向きもしなくなる時が来ます。 最初は物足りなさや寂しさを感じてしまいますが、成長している証拠で喜ばしい事です。 猫の顔の形によって性格があり全ての猫が同じとは限りませんが、自分と相性の良い猫と暮らせれば楽しい日々が過ごせます。

子猫の涙目は病気の可能性がある?

私たち人間は悲しいとき、嬉しいとき、痛いときなど感情で涙を流したりします。 猫の場合はどうなのでしょうか。 普段涙を見せることがない猫が涙目になっていたりすると、心配になりますよね。 猫の場合、涙目は単にゴミが入っただけということもありますが、何か病気のサインである可能性もあります。 猫はどんなときに涙を流すのか、どんな病気の可能性があるのかをご紹介していきます。 また、対処法や予防法についてもご案内していきたいと思います。

結膜炎

結膜炎 結膜に炎症が起きる病気 症状 目が充血し、かゆくなるので目をこする行動が増えます。 涙の量が増えることで目やにが多くなり、目の周りが汚れたり、まぶたが開けにくい状態になります。 原因 ヘルペスウイルスやマイコプラズマ、または猫風邪の感染がきっかけで発症します。 治療は主に点眼剤で、抗生剤入りの点眼剤を使うこともあります。 なるべく猫を室内で飼い、ワクチン摂取をしておくとが結膜炎の予防になります。

流涙症

流涙症 涙目のこと 症状 ひどくなると涙が目頭から溢れ出てくるようになります。 目の周りの毛が茶褐色に変色する「涙やけ」の状態になります。 片目だけ起こることもありますし、両目のこともあります。 原因 結膜炎や角膜炎と言った病気によるものと、煙などの刺激によって涙が多く出ることで起こることもあります。 また、ヒマラヤンやペルシャのように鼻が低いタイプの猫は、涙を鼻の奥へ排出する器官がもともと狭かったり詰まっていたりします。 そのため、目の周りに涙がたまりやすく、涙やけになりやすい傾向があります。 涙やけは気づけることもありますが、涙が多いだけでは飼い主さんが気づいてあげられないこともあります。

角膜炎

角膜炎 黒目の部分を覆っている透明な膜の炎症のこと 症状 目に痛みを感じるので、目をよくこすったり、まばたきが増え、涙の量が増えます。 そして、炎症部分が変色したり、角膜が白く濁ったりします。 原因 猫ウイルス性鼻気管炎やヘルペスウイルスの感染の他、角膜にゴミが入り傷がついたときに起こることがあります。 治療 主に、飲み薬や点眼剤です。 感染症が原因の場合は、抗ウイルス剤や抗生剤などで治療します。

気管支炎

気管支炎 気管や気管支に炎症が起こる病気のこと 症状 咳やくしゃみ、鼻水や涙が出ます。 熱も出ることがあり、自然と元気がなくなります。 原因 猫ウイルス性呼吸器感染症などのウイルスやマイコプラズマなどの感染が引き金となって起こることが多いです。 また、汚れた空気や化学薬品を吸い込んだことによる気管の刺激から気管支炎につながることがあります。 治療 抗生物質の投与です。 咳がひどい場合は、吸入器を使用することもあります。

眼瞼内反症

眼瞼内反症 まぶたが内側に反り返ってしまう病気 症状 まぶたやまつ毛が常に目の表面に触れているので涙が出たり、まばたきが多くなったりします。 そして、角膜炎や結膜炎を引き起こす原因にもなり、痛みやかゆみが出てきます。 そのため、目をこすることが増え、角膜を傷つけるため危険です。 原因 眼瞼内反症は、慢性的な角膜炎や結膜炎によって起こることがあります。 また、短い鼻のタイプの猫などは先天的に起こります。 治療 反り返ったまぶたを整える手術になります。

副鼻腔炎

副鼻腔炎 鼻の奥にある副鼻腔に炎症が起きたときのこと 症状 涙を出す機能にも問題が起き、涙が流れるはずの穴が詰まってしまったり、目頭に涙が溜まってしまうこともあります。 原因 慢性的な鼻炎によって生み出された炎症が、副鼻腔まで広がることで副鼻腔炎になります。 治療 この副鼻腔は一度炎症が起こると、炎症箇所まで薬を届けるのが難しい上に、外科処置も難しいため、慢性化しやすく、完治せず後遺症が残ってしまうケースもあります。

ブドウ膜炎

ブドウ膜炎 目にある脈絡膜や毛様体、虹彩などに炎症が生じる病気のこと 症状 涙や目やにの量が増えたり、結膜炎の症状が出ます。 また、角膜の裏側が濁ったように見える前房出血が起きることもあります。 原因 ひっかき傷などの外傷や、猫エイズ、猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症などの病気を患ったときに発症することがあります。 しかし、原因不明の突発性の場合もあります。 ブドウ膜炎は、飼い主さんが気付きやすい症状ですので、異変を感じたらすぐに動物病院にて診てもらうようにしましょう。

アレルギー

猫も私たち人間と同じように、アレルギーを発症することがあります。 アレルギーの症状はいろいろありますが、アレルギーによって目が腫れてしまったり、涙を流したりする場合もあります。 ハウスダストアレルギーや花粉症などが、猫が発症しやすい身近なアレルギーになります。 飼い主さんが普段から猫の様子を観察して、「アレルギーなのかもしれない」と感じたら動物病院にて診てもらいましょう。 人間と同じように血液検査でアレルギーかどうかが分かります。

外傷が原因の涙

眼球に傷ができると、目を守るために涙を流すことがよくあります。 基本的に動物は、本能的に相手の目を狙うことがあります。 複数の猫を飼っているお家の場合は、ケンカやじゃれ合っているうちに目を傷つけてしまうことがあります。 やたら目を気にしている様子があれば、動物病院での受診を検討してください。 角膜の傷が深かったり、悪化してしまうと手術が必要になったり、失明してしまうこともあります。 また、目の傷は放置すると他の病気につながることもあります。 飼い主さんが異変に気づいたら獣医さんに相談しましょう。

子猫の涙目の対処法

大切な愛猫が涙を流していたら、原因が何であれ、まずは拭き取ってあげることが重要です。 まず、清潔なガーゼを用意します。 片目ずつ丁寧に涙や汚れを引き取ってあげます。 両目を拭く場合、片目を拭いたガーゼでもう片方の目を拭くのは衛生上良くありません。 違うガーゼか、使用していない部分で拭き取るようにしましょう。 涙や目やには放置しているると、臭いや毛の変色が起こってしまうだけでなく、ウイルスや細菌が原因の涙目だった場合、他の猫に感染してしまうという恐れもあります。 最近では、猫や犬などペットに負担のない涙を拭くための商品もあります。 ケアをしっかり行うためにこのような便利アイテムを活用してみるのもおすすめです。

子猫の涙目の予防法

涙目の予防法としてご自宅でできる予防法としては、
*感染症にかからないよう猫の目の周りの汚れをこまめに取ってあげる *ノミやハウスダストが要因のアレルギーにならないよう室内を清潔に保つ *他の猫からの病気をうつさないよう飼い主さんは清潔な手で触るようにする
などです。 また、細菌やウイルスによる炎症を防ぐにはワクチンを接種することで予防が可能になります。 目やになどを放置すると、感染症になる確率が上がってしまいます。 何より清潔を心がけることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 猫が涙を流して涙目になっているのは、すぐに命にかかわるようなことは少ないと言えますが、何かしら異常なサインであることがあります。 ただゴミが目に入っただけであれば問題ありませんが、そのゴミが気になって目を擦っているうちに目を傷つけてしまうということもあります。 ちょっとしたサインを見逃さないよう普段から猫の様子を観察してあげることが大切です。 そして何より早期治療がとても重要です。 いつもと様子が違うと感じたらすぐに獣医師に診てもらうことをおすすめします。

猫の爪切りの頻度は?

猫の爪切りの頻度を知ることで伸びすぎたり、切りすぎてしまうことを防ぎます。 一般的に子猫は週に一回、それ以外の猫は2週間に一回爪を切るようにしましょう。 高齢の場合はより爪が伸びる速度が遅くなるため、3週間に1回きり戻すようにしましょう。 爪の長さの確認は肉球を軽く押すことで確認することができ、切りやすいです。 爪が尖っているのであれば切り戻すようにして、尖っていないのであればしばらく様子見をしましょう。 ちなみに爪とぎを行っていても爪切りは必要となります。

猫の爪切りの方法やコツ

猫の爪を切る際には正しい方法とコツを掴むことが大切であり、猫に怪我を負わせてしまうリスクを下げることができます。 そのため、初めて猫の爪を切る際やどのように爪を切ればよいのかわからない人は参考にしてください。 正しい方法で爪切りをすることで次第に猫も暴れなくなるため、丁寧に爪切りをする必要があります。 次に、猫の爪を切る方法やコツを紹介します。 猫を飼うのであれば必要な知識と技術であり、身につけておくことをおすすめします。

猫の爪切りの方法

猫の爪切りは最初嫌がってしまう可能性が高く、猫にストレスを与えてしまう原因になります。 特に子猫はストレスで体調を崩してしまう可能性もあるため、嫌がる場合は一日にすべての爪を切るのではなく、一本ずつ切るようにしましょう。 また、尖っている部分だけを切るようにすることで深爪してしまうリスクを下げることができます。 少しずつ爪を切るようにすることで次第に爪切りにも慣れてくるため、嫌がりにくくなります。 爪切りに慣れさせるためには、ストレスを与えないようにすることが重要です。

押さえる人と切る人に分かれる

猫の爪を切る際には押さえる人と切る人に分けることが理想的です。 押さえる人がいれば切る人は爪切りに専念することができ、安全に爪を切ることができます。 押さえる人は猫の前足をしっかりつかみ、押さえるようにしましょう。 また、もう片方の手で頭や顎を撫でるようにして、猫をリラックスさせることも大切です。 そのため、家に二人いるのであれば手伝ってもらうようにしましょう。 初めての爪切りにおすすめの方法であり、猫が爪切りに慣れれば一人でもできるようになります。

猫の爪切りの注意点

猫の爪切りをするのであれば注意点も把握しておきましょう。 注意点を知ることで猫にストレスを与えてしまうことを軽減でき、爪切りが正しく行うことができます。 特に、深爪は猫にとってメリットになることがないため、切る深さには注意する必要があります。 次に、猫の爪切りの注意点を紹介します。 どのようなことに注意して爪切りをすればよいのかや無事に爪切りを終えたいと考えている人は参考にしてください。 初めて爪切りをする際には知らないことが多いため、初心者はよく確認しましょう。

猫用の爪切りならどれでもOK?

猫用の爪切りはペットショップなどで購入することができ、いくつかの種類別で販売されています。 なかでもギロチンタイプの爪切りがほとんどであり、切りやすいメリットがあります。 ギロチンタイプは爪を挟んで切るタイプであるため、猫の爪切り初心者でも問題なく爪を切ることができます。 そのため、初めて猫の爪切りに挑戦するのであればギロチンタイプの爪切りを購入しましょう。 ハサミタイプの爪切りではどうしても綺麗に切ることが難しくなります。

人間用の爪切りは避ける

猫の爪を切る際に人用の爪切りでもできるのか気になる人もいるのではないでしょうか。 人用の爪切りも爪を切るための道具であるため、猫の爪を切ることはできます。 しかし、人と猫では爪の形状が異なるため、使うことが非常に難しく、初心者は素直に猫用の爪切りを購入することをおすすめします。 人用の爪切りで猫の爪を切るとどうしても縦方向に切るようになり、爪が割れてしまう可能性が高いです。 爪が割れてしまうとみばえが悪くなるだけではなく、さまざまな物に引っかかりやすくなり、より割れが広がってしまいます。

猫の後ろ足の爪は切らないでOK

基本的に猫の爪は前足だけでよく、後ろ足の爪は切る必要がありません。 後ろ足の爪も伸びますが、歩く際に自然と削れてしまい、爪切りが必要ない程度の長さになっている場合が多いです。 そのため、後ろ足まで無理に爪を切ろうとする必要はありません。 ただし、歩く頻度が少ない猫の場合は後ろ足の爪も伸びている可能性があり、高齢や肥満が原因で後ろ足の爪が伸びている場合は爪を切るようにしましょう。 後ろ足の爪を切る方法は前足と同じで問題ありません。

まとめ

猫の爪を切ることは必要なことであり、爪切りをおろそかにしてしまうと猫にストレスを与えてしまうだけではなく、怪我をしてしまうリスクが高まります。 また、家具などに傷がつきやすいデメリットもあり、定期的に爪を切るようにしましょう。 猫の爪を切ることは大変な作業で猫が嫌がってしまうと余計に難しくなります。 そのため、正しい方法で注意点を守りながら猫の爪を切るようにしましょう。 どうしても爪を切ることが怖いのであればペットショップなどでお願いしましょう。

猫が吐く原因は?

猫は吐くイメージがある動物であり、さまざまな動物の中でも吐きやすいです。 猫が履きやすい理由には体のつくりが大きく関係しており、体の割に胃が小さいことが原因です。 次に、猫が吐いてしまう原因について紹介します。 吐く理由はさまざまなあり、健康上問題ない場合もありますが、体に異変が起きることが原因の場合もあります。 そのため、頻繁に吐いてしまうのであれば吐いている原因について把握しておくことをおすすめします。

原因①お腹の空きすぎ

一見お腹が空きすぎることで吐いてしまうことは関係ないと考えてしまいがちですが、空腹状態が長引いてしまうと吐いてしまいます。 ご飯とご飯の間が空きすぎてしまうと胃酸が溜まりすぎてしまい、気分が悪くなり、吐いてしまいます。 そのため、与えるご飯の間隔が空きすぎないようにすることで改善することができます。 また、空腹状態でフードを与えてしまうと胃が驚いてしまい、吐いてしまう可能性もあります。 そのような時は消化が良い物を与えるようにしましょう。

原因②食べ過ぎ・早食い

食べすぎや早食いも吐いてしまう原因になります。 上記でも紹介したように猫の胃は小さいため、食べすぎてしまうとすぐに吐いてしまいます。 また、早食いも胃を驚かせてしまう原因になるため、吐いてしまうリスクが高まります。 食べすぎを予防するためには適した量の餌を与えることで解消することができます。 早食いをしてしまう場合は一度に与える量を減らし、小出しすることで胃を驚かせてしまうことを防ぎます。 食べ過ぎや早食いは肥満の原因にもなるため、注意しましょう。

原因③胃に溜まった毛玉

胃に毛玉が溜まることで吐く行動を行います。 猫の舌はトゲトゲしており、ザラザラもしているため、グルーミングした際に抜け毛が舌に付着しやすく、飲み込んでしまいやすいです。 飲み込んだ毛は便と一緒にある程度排出されますが、徐々に胃の中で蓄積され、溜まると毛玉となって出てきます。 猫を初めて飼った場合に急に吐いてしまうため、驚いてしまうことも少なくありません。 毛が長い場合や換毛期になると吐いてしまう回数も多くなりがちです。

原因④フードが合わない

猫に与えるフードが合っていない場合も吐いてしまうことがあります。 フードは種類が異なることで粒の大きさや硬さに違いが現れます。 また、含まれている成分も変わるため、フードが合わない場合は食べたフードをすべて吐いてしまいます。 特定のフードを与えた際に吐くのであればフードが関係している可能性が高いです。 フードが合わないことは個体ごとに変わってくるため、さまざまな餌を与え吐くことがなく、食いつきがよいフードを選ぶようにしましょう。

原因⑤異物の誤食・誤飲

輪ゴムやビニール袋、おもちゃなどフード以外の物を飲み込んでしまうと生理現状で嘔吐してしまいます。 異物の誤食や誤飲で吐くことは体を守るための行動であるため、むしろおこなったほうが良い行動です。 異物を誤飲してしまうと体調を崩してしまうだけではなく、吐くことができなければ最悪外科的手術で除去する必要があります。 いかに誤飲させないためには口に入れてしまいそうな物を猫が口に入れないようにすることが大切です。 高齢になると異物を飲み込んでも吐き出すことができなくなることもあります。

原因⑥ストレス

猫は人と同じようにストレスに弱い動物であり、過度にストレスが溜まってしまうと吐いてしまいます。 ストレスを感じてしまう理由はさまざまなであり、住む環境が著しく変わると嘔吐しやすいです。 飼い始めて住む環境が変わりやすいため、ストレスが溜まりやすく吐きやすくなります。 また、新しい猫や犬などを飼い始めることもストレスを与えてしまう原因になります。 ストレスが原因で吐く場合はいかにストレスを与えないように工夫するかが重要になってきます。

猫が嘔吐する頻度

猫は嘔吐しやすい動物でありますが、嘔吐の頻度を把握しておく必要があります。 平均的な回数であれば問題ない場合が多いですが、嘔吐する頻度が多いと何かしらの異常が体に起きている可能性があります。 嘔吐の回数が多いのか少ないのかを知るためには平均的な回数を把握しておくことが大切です。 次に、猫が嘔吐する頻度について詳しく紹介します。 どのくらいのペースで猫は嘔吐するのかを知りたい人は参考にしてください。 いくら猫が嘔吐しやすい動物でも多すぎることは異常であり、対処する必要があります。

1~3回の頻度

猫は1日に1回から2回嘔吐することは一般的であり、多くても3回までなら生理現象で吐いている可能性が高いです。 そのため、1日3回吐いているのであれば特に心配する必要がありません。 しかし、毎日3回吐き続けるようであれば少し猫に対して気にかけるようにしましょう。 初めて猫を飼う場合に1日に2回程度吐くことが多いと感じてしまいやすいですが、いたって平常であるため、病院などに連れて行く必要も低いです。 1日に1~3回が平均的と知ることで多いのか少ないのかを知ることができます。

吐く頻度が多い

上記では1日3回であれば生理現象が原因である可能性があるため、問題ないと紹介しましたが、1日に4回以上や連日激しく吐いてしまう場合は何かしらの病気や体にトラブルは起きている可能性が高いです。 そのため、4回以上吐いてしまっているのであれば早めに病院で診断してもらうことをおすすめします。 嘔吐物である程度吐いている理由を知ることができますが、素人が独自で診察することは危険であるため、必ず病院の先生に診断してもらうことをおすすめします。

猫の嘔吐はストレスサイン

猫の嘔吐はストレスサインでもあります。 上記でも紹介したように猫はストレスに弱く、ストレスを少しでも感じてしまうと吐いてしまう傾向があります。 ストレスで吐く原因は胃酸過多であり、胃酸が多く分泌されてしまうことで胃の中に胃酸があふれてしまい、嘔吐してしまいます。 嘔吐物の中にフードよりも胃酸が多く含まれている場合はストレスが原因である可能性が高いです。 ストレスを発散させることで解消させることができ、一緒に遊んであげたり、慣れ親しんだおもちゃで遊ばせるようにしましょう。

まとめ

猫は吐く行動を起こしやすい動物であり、1日に1~3回程度吐きます。 吐く頻度を知ることで正常なのか異常な嘔吐なのかを知ることができ、早急に対処することも可能になります。 嘔吐する原因はいくつか分けることができ、生理現象の場合もありますが、ストレスや病気の可能性もあります。 吐しゃ物に毛玉や異物があれば病気の可能性は低いですが、それらが含まれておらず1日に4回以上吐いているのであれば異常が起きている可能性が高く、病院で診断してもらうようにしましょう。

犬がじゃれて噛む原因は?

子犬がじゃれて甘噛みをしてくる姿は可愛いものです。 でも、子犬の歯はあまり痛くないからとそのままにしていることは危険です。 甘噛みから本気噛みになってしまう場合があり、それは犬にとって大変不幸せなことだからです。 可愛いからこそしっかりとダメなことを伝え、甘噛みをやめさせましょう。 犬が噛むときには必ず理由があるはずです。 この記事では犬がじゃれて噛む原因を考え、噛んだ時の対処の仕方を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

好奇心・興味

子犬は特に好奇心が旺盛で何にでも興味を持ちます。 目の前にある物はまず口に入れて噛んでみるのです。 人間の赤ちゃんもまず口に入れて確かめるという時期があります。 それと同様、犬は赤ちゃんのように噛んで良い物と悪い物の区別ができません。 そのため、何でも噛んでしまうのです。 家具の脚だったり、スリッパだったり、物を噛んでボロボロにされるのも困りますが、人の手や足も同じように好奇心で噛んでしまうこともあります。

ストレス

ストレスも大きな原因の一つです。 ストレスが溜まっている犬は、色々な物を噛むことでストレスを発散する傾向があります。 よく長い留守番をさせて家に帰ってみると、部屋の中が大変な状態になっていたということを聞きますが、退屈とストレスを持て余し、部屋のものを散らかしたり噛んで発散させたのでしょう。 その犬の心理を理解しないまま怒ってしまうと、犬はよりストレスを感じてしまいます。 運動不足・恐怖感・環境の変化などストレスの原因もさまざまなので、何がストレスなのか考えてみましょう。

歯の生え変わり

人間と同じように、犬にも生後4〜8カ月くらいの間に乳歯から永久歯に生え変わる時期があります。 この時、犬は歯茎にかゆみを感じ、それが原因でじゃれ噛みをすることが多いです。 言葉を話せない犬は何かを噛むことで、そのむずがゆさを解消しているのでしょう。 歯が生え変わると痒くはありませんが、この時期に仕方がないと放っておくと甘噛みが習慣化する危険があります。 噛み癖がつくのは問題ですのできちんと対処しましょう。

怪我や病気

噛みつく原因が怪我や病気の場合もあります。 例えば、犬を抱き上げた時に、犬が痛いと感じる場所を触ってしまった場合、犬が反射的に噛んでしまうケースも少なくありません。 その時のキャンという鳴き声やいつも同じ体勢の時に嫌がっているなど何かしらのサインを出しているはずなので、日常的に変だなと感じたら動物病院で相談して診てもらいましょう。 レントゲンなど専門の検査でないとわからないこともあるので、おかしいなと思ったら迷わず検査をしてください。

本能的な噛み

本能的に噛んでしまうということもあります。 犬にとって噛むという行為は相手からの攻撃を守ったり、反対に攻撃するための行動でもあります。 眠っている犬の体に飼い主の足が触れ、その接触に驚いてしまった犬が、それを他者からの攻撃と思い込み、反射的に攻撃・防衛行動として噛んでしまうケースもあります。 犬同士が上下関係を付けるために喧嘩になるケースや走る相手を追いかけ咥えようと噛む行動も犬が持つ本能的な行動と言えるでしょう。

犬がじゃれて噛む時のしつけ方法

犬にとってはじゃれて遊んでいるだけの行為も、一緒に暮らす人間にとっては物を壊されたり、怪我につながるような危険なことです。 犬が噛む力は成犬ではとても強く小型犬でも人の4~5倍、大型犬は10倍にもなるほどで、本気で噛んだため死亡事故になるという事件も度々聞きます。 甘噛みを安易に考えずにしっかりと対処して直していくことが必要です。 そのためのしつけ方法4つを紹介します。 絶対に怒りに任せて叩いたり、感情だけで怒ったり、ルールが変わることはよくありません。 いつも同じルールで愛情を持ってしつけてください。

噛むおもちゃを使う

まず1つ目は噛むおもちゃを与えることです。 噛んでも良いものを思う存分噛むことで、歯のむずがゆさなどから開放されます。 壊し癖がある犬の場合は、噛まないで欲しい物を周囲から取り除いた上で、噛んで良いおもちゃなどを与えてあげましょう。 ストレスの発散にも繋がりますし、問題行動の阻止にもなります。 とても硬いおもちゃや噛むと音が出るおもちゃなどいろいろなおもちゃが売っているので、愛犬に合った物を選んでみてください。

犬の様子を観察する

犬がどんな時に甘噛みするのかを、日頃から観察してみましょう。 例えば、子犬の時には遊んでくれる飼い主さんの手がおもちゃのように感じられてじゃれて噛んでしまうということがよくあります。 手の使い方を変えてみたり、先程の噛んで良いおもちゃを渡したりすることで手に噛み付く行為がなくなるかもしれません。 手を出しても噛んでこなくなった時はよく褒めてあげましょう。 その繰り返しの中で「手を噛んではいけない」と覚えてさせることが大切です。 また噛む原因が特定できない場合は、原因となりそうな行動をやめてみるのも良い手です。

じゃれ噛みはメリットがないと教える

犬がじゃれ噛みをしてきた時に様々な工夫をしてみましょう。 例えば、犬が手を甘噛みしてきたら、手を背中に隠し、遊ぶのを中止します。 すると、犬はじゃれ噛みしても遊んでもらえない=デメリットだと感じるようになります。 犬はメリットとデメリットを天秤にかけて、、自分にとってメリットを取ります。 「甘噛みしないでいたら、飼い主さんの手からおやつがもらえた。」ということを覚えるとその方が得なので、早く覚えてくれます。 そのようにやってほしくないことが犬にとってもデメリットだと伝える工夫をするのです。

無視も効果的

甘噛みされた時につい大きな声をあげて騒いでしまうと、それが犬には「遊んでくれた!」と勘違いさせる結果になってしまいます。 つまり噛むと嬉しいことが起こっているわけです。 その勘違いを正すために、甘噛みには徹底的に無視するという方法が効果的です。 犬を無視してじゃれ噛みを治す場合は、犬に話しかけない、触れない、見ないの3セットをそれぞれやらないと効果がありません。 じゃれ噛みをすると、飼い主が構ってくれないと認識させましょう。

まとめ

犬が噛む理由は見てきたようにさまざまです。 子犬の時の甘噛みも可愛いだけではすまないことなので、しっかりと工夫をして噛み癖を付けないようにしましょう。 そして怒ってやめさせてばかりいると私達の感情を読んでそれに怯えてしまうこともあるので、なぜ噛むのか、よく観察して犬と向き合っていくことが大切です。 その上で正しく愛情を持ってきちんと伝えることをしていけば、必ずじゃれ噛みは収まるのでがんばってください。

犬のダイエットにおすすめのフード・おやつ10選

犬のダイエットはなかなか難しく、飼い主さんたちの悩みの一つです。 おやつもねだられるとやっぱりあげたいのが本音のところ。 そこで、犬のダイエットにおすすめのおやつを10選紹介します。
*ダイエットには低カロリーなものがおすすめです。 *アレルギーを持っている場合は、素材にも注意が必要です。 *また人間の食べ物でも添加物ということが問題視されています。 *保存料、着色料の入っていない自然なものが一番安全安心です。
それぞれのおやつの特徴を読んで、愛犬に良さそうなものを選んでください。

ペッツルート ササミのチップ

鶏ササミを100%使った国産の無添加のおやつです。 高タンパク低脂質なので、ダイエット中の犬に理想的なおやつです。 ササミは犬が大好きで喜んで食べるので、犬種を問わず食いつきの良いおやつになります。 小さめの円形で、パリッと焼き上げてあり、小さく割ることもできるので小型犬も食べやすいです。 ポケットの中に入れておいてもベタつかないので、散歩などにも持っていきやすく、ちょっとしたご褒美の時でも活躍しそうです。

ペッツルート カロリーカットチーズ お徳用

チーズのおやつも犬が喜ぶ食べ物で匂いをすぐに嗅ぎつけて寄ってきます。 カルシウムもあり、栄養が豊富です。 カロリーカットチーズは、その名の通り、カロリーが控えめであり、体重を気にしている犬にもあげることができます。 また、塩分が約20%カットされているのもポイントです。 国産のチーズととうもろこしが入って、160gというお得なサイズ感も嬉しい商品です。 また密閉式になっているので、使いやすい点も便利です。

ジェーピースタイル 和の究み 歯磨きガムミニ

豚皮と米粉で作られたこちらの犬用ガムは、食物繊維が多く含まれる乾燥おから、オリゴ糖が配合されています。 食物繊維が多いため、腸内環境を整えることができます。 腸内環境が良くなることで、ダイエットにも良い効果が期待できます。 また、特殊な形でゆっくりと時間をかけてカミカミと噛んでいくタイプなので満足感もあり、歯垢歯石を付きにくくする効果により歯磨きの補助にもなります。 着色料や保存料も入っていません。

ペティオ 素材そのまま スティックタイプさつまいも

着色料や保存料を用いておらず、さつまいもの本来の優しい甘みを味わうことができる犬用おやつです。 素材が野菜なので、ヘルシーだと言えるでしょう。 さつまいもはお腹にも優しく、ビタミンや食物繊維が豊富な食べ物なので安心して与えられます。 アレルギー源になることもほとんどないでしょう。 与える量には気をつけなければいけませんが、このおやつはソフトでちぎりやすいので、飼い主さんがおやつの量を加減しやすくダイエットにも効果的です。

ドギーマン 犬用おやつ 無添加良品 香ばし鶏ささみチップス

こちらは着色料・保存料・酸化防止剤・発色剤などが不使用で、安心と美味しさにこだわった無添加おやつです。 素材にはヘルシーなササミが使用されています。 ササミは低カロリーで、人間もダイエット中にはよく食べる食材です。 肉が好きな犬にとってダイエットの時のおやつとしても問題なくあげられます。 ササミの香ばしさもあり、小さな円形で小型犬にも食べやすい大きさです。 簡単に割ってあげることもでき、べたつきもないので持ち運びがしやすくご褒美にも使いやすいです。

ドギーマン ヘルシーソフトササミジャーキー カットタイプ チキン

ササミのジャーキーです。 ジャーキーは犬が大好きなおやつですが、硬さが気になる飼い主さんもいます。 こちらのおやつは、ソフトタイプで細く小さな形になっています。 脂肪分が50%カットされており、シニア犬や成犬にもあげやすいおやつです。 鶏ササミが多く使用されているので、ヘルシーです。 ササミは鶏肉の中でもカロリーが低く、人間のダイエットでもよく利用されている食材です。 このおやつは香りが良いためか、食いつきも良いと評判です。

有限会社オリエント商会 馬肉五膳 ライト

5種類の薬膳が配合されたヘルシーな馬肉のおやつです。 馬肉は高タンパク低カロリーで、ダイエットには適しています。 手作り食の犬は体重管理をする場合、馬肉を食べさせることが多いです。 おやつとしてもその点、ダイエットに向いています。 また栄養面・健康面を考えて高麗人参など体に良い成分が入っているので、値段は高めですが安心して与えられるおやつです。 簡単に細かくできるので少しずつ回数を増やしてあげるのに適しています。

ペティオ おいしくスリム 砂糖・脂肪分ダブルゼロ カリカリボーロ 野菜入りミックス

体重管理を配慮している犬用ボーロです。 砂糖の約1/2カロリーの還元麦芽糖を使用。 オリゴ糖配合でお腹に優しく、鉄分豊富なほうれん草とカロテン豊富なかぼちゃ入りです。 指で簡単に崩れるほど柔らかく、丸呑みしても消化不良に陥りにくいおやつです。 あげやすい形状なので、愛犬とコミュニケーションを取ることができます。 一粒一粒が小さいボーロは量の調整も簡単で、与えやすくいろいろな工夫がされている点が嬉しいダイエット向きのおやつと言えるでしょう。

ドギーマン ヘルシーソフトササミジャーキー スティックタイプ

犬にウケの良い、とても強い匂いがするジャーキーです。 長いですが、ポキッと折れるので、安心してあげることができます。 ソフトタイプなので、小型犬やシニア犬でも小さくしてあげやすいところが量を加減しやすくダイエットに向いています。 ササミの脂肪分を50%カットして、低脂肪にしています。 匂いに敏感な犬にとって、食いつきの良いこのジャーキーは、ダイエット中でも愛犬にはおやつの喜びを与えてあげたいと思う人にとって嬉しい商品の一つです。

ドギーマン 低脂肪紗 プレーン 170g×3個セット

低脂肪でカロリーの低いササミと抗酸化成分「イミダゾールジペプチド」が含まれた鶏胸肉で棒状に形作ったおやつです。 体に優しい低脂肪タイプであるため、ダイエットをしている犬にとてもおすすめです。 うまみたっぷりで犬の食いつきもよいおやつです。 口当たりがよく柔らかく仕上げているのですが、弾力があるので手でちぎるのはちょっと難しいです。 小型犬には小さめにカットしてあげるほうが良いでしょう。 3個セットの方が安く買えてお得です。

犬のダイエットフード・おやつの与え方

犬はおやつが大好きだし、飼い主であるわたしたちも嬉しそうに食べる姿を見ると楽しい気持ちになります。 しつけの時にもおやつをご褒美として使うことで、飼い主さんと一緒に何かをする喜びが得られ、楽しく幸せな生活ができます。 でも、ついついあげすぎてしまって肥満になってしまったり、おやつの食べ過ぎで栄養状態が壊れてしまっては問題が大きくなってしまいます。 ダイエット中という犬のための「おやつの与え方」のポイントを確認してください。

あげる回数を工夫

犬はご飯やおやつなどを噛まずに飲み込んでしまうことがあり、その量よりももらった回数が多いほうが満足します。 小さく分けたおやつを何回ももらうほうがその回数分だけ幸せな気持ちになれるのです。 特に嗅覚が優れているので匂いが強いものが好きです。 ですから、大量のおやつを一度にあげることはおすすめしません。 おやつは数回に分けて、必ず飼い主さんの声かけの後であげてください。 小さなおやつの回数を増やすことで、結果的におやつの量が減り、ダイエットに繋がります。

適正量に従う

おやつを必要以上にあげてしまうことで、肥満や健康を損なうことになります。 犬の体を作っていくには栄養バランスが取れた食事が大切で、おやつは楽しみの一つとして捉えてください。 1日にあげるおやつの量は、食事の10~20%までに留めましょう。 ドッグフードは栄養バランスが整っているものを与え、しっかりとした食事を摂らせる必要があります。 フードの袋にも基準となる量が書いてありますが、気になる時は獣医さんに相談してみることも良いでしょう。 そして、一日のおやつ量を決めて容器に入れておくとあげすぎることがなくなると思います。

まとめ

犬が健康的に長生きするポイントの一つは「肥満でないこと」という話を聞きました。 人間同様、食べ過ぎや栄養バランスの偏りは不健康につながり、病気になりやすいそうです。 体重管理はぜひ行いたいものですね。 ダイエットに適しているおやつ10選を紹介しましたが、気になるものはありましたか? 愛犬のダイエットに効果があれば幸いです。 おやつの量や回数にも注意してもらって、飼い主さんとの楽しいおやつ時間に役立ててください。

トイプードルのカット・トリミングの頻度

トイプードルのカットやトリミングの頻度を知ることで犬にストレスを与えないようにすることができ、おすすめです。 カットやトリミングの頻度はトイプードルの年齢によって変わるため、把握しておくようにしましょう。 トイプードルは可愛らしい外見の犬種ではありますが、毛玉ができやすい犬種でもあり、定期的にカットやトリミングをする必要性があります。 次に、トイプードルのカットやトリミングの頻度について紹介するため、正しい頻度を知りたい人は参考にしてください。

トイプードル(成犬)の頻度

成犬のトイプードルのカットやトリミングの頻度は月に一回がおすすめです。 カットを怠けてしまうと毛玉が溜まってしまうため、見栄えがわるくなり、可愛らしさも軽減されてしまいます。 毛玉が多くなるといあざカットやブラッシングする際に手間がかかってしまうようになるため、定期的にカットすることは大切です。 また、静電気が発生しやすくなるデメリットもあり、埃などを吸い寄せてしまい、毛や皮膚に悪影響を及ぼしてしまう危険性もあります。

シニア犬(老犬)の頻度

シニア犬の場合は成犬と比べると体力が低下してしまっているため、カットやトリミングに耐えることが困難になりやすいです。 そのため、こまめにトリミングすることは控えましょう。 トリミングを行わない代わりに定期的にブラッシングをしてあげたり、グルーミングスプレーを利用して綺麗にしてあげるようにしましょう。 ブラッシングをすることで毛玉を取り除くことができ、グルーミングスプレーは毛や皮膚の汚れを落とすことができるアイテムであり、シャンプーと同等の効果を得ることができます。

パピー(子犬)はいつから?

子犬にはワクチンを接種する義務があり、摂取から2週間から1か月経過してからトリミングなどを行うようにしましょう。 ワクチンを接種することができないとトリミングなどを行うことができず、ペットショップなどでもワクチンを接種した書類が必要となります。 ワクチン接種から2週間以内ではワクチンの効果が得ることができていない可能性があり、万が一噛まれてしまうと飼い主自身が病気になってしまうリスクがあります。 ちなみにワクチン接種は数回に分けて行われることが多いため、注意が必要です。

季節で頻度が変わる?

犬種によっては換毛期があり、季節に適した毛に生え変わる場合もありますが、トイプードルの場合はシングルコートの毛質であるため、季節によってトリミングの頻度を変える必要があります。 夏場で毛量が多いと蒸れてしまう原因になるため、サロンに通う頻度を多くし、トリミングを頻繁に行ってもらうようにしましょう。 一方冬の季節であれば温かさを得る必要があり、トリミングの頻度は2か月に1回程度に抑えるようにしましょう。

トイプードルのカット・トリミングのオーダーの仕方

トイプードルのカットやトリミングをサロンなどでオーダーする場合にはちょっとしたコツがあります。 モデルとなる写真などを見せてさらに口頭で伝えるようにすることでスタッフもイメージしやすくなり、スムーズにトリミングを開始できるようになります。 また、トリミング後がイメージ通りになりやすいため、トラブルの予防に効果も期待できます。 どうしても飼い主の頭にあるイメージを口頭でスタッフに伝えることは難しく、多くの時間がかかってしまいます。

トイプードルのシャンプーの頻度は?

トイプードルのシャンプーの頻度は2~3週間に1回のペースが理想的です。 他の犬種と比べるとトイプードルは毛量が多く、毛の長さも長い特徴があるため、ややシャンプーの頻度が高くなっています。 しかし、トイプードルでも毛量が少なかったり、毛が短いのであれば他の犬種と同じように1か月1回のペースでも問題ありません。 極端にシャンプーの回数が多くなってしまうと毛や皮膚を傷めてしまう原因になりるため、適した頻度でシャンプーをすることが大切です。

まとめ

トイプードルは長年人気がある犬種の一つであり、毛量が多く、癖っ毛がある特徴があります。 そのため、他の犬種と比べてもカットやトリミングが重要になり、綺麗な毛並みを維持することも大変です。 毛玉もできやすいため、頻繁にブラッシングする必要があり、カットの頻度も多いです。 トイプードルを飼うのであれば定期的なトリミングが必要なことと適したシャンプーの頻度を把握することが求められます。 愛犬にストレスを与えないようにトリミングやカットを行うことをおすすめします。

猫をお風呂に入れる際の温度

猫をお風呂に入れる際には適した温度を把握しておく必要があります。 猫をお風呂に入れる習慣はありませんが、いざお風呂に入れる必要がある場合に適した温度を知っておくことは非常に大切です。 猫のお風呂の温度は36℃前後がおすすめです。 猫の体温は38~39℃であり、人よりもやや高い特徴があります。 そのため、猫肌と人肌の中間でもある36℃が最適となります。 適した温度のお風呂に入れてあげることで猫にストレスを与えてしまうことを防ぎます。

猫をお風呂に入れる方法やコツ

猫をお風呂に入れるのであれば正しい方法やコツを知る必要があります。 猫は水を嫌う場合が多く、お風呂に入れることも一苦労してしまいやすいです。 しかし、お風呂に入れるコツを把握しておくだけでも苦労を軽減させることができます。 次に、猫をお風呂に入れる方法やコツについて紹介します。 猫をお風呂に入れようと考えている人やお風呂に入れることに不安がある人は参考にしてください。 猫を飼っているのであれば知っておいて損をすることがない知識です。

お風呂に入れる前の準備

お風呂に入れる場合は下準備をしてから入れることをおすすめします。 お風呂に入れる前にブラッシングをして毛玉を取り除くようにすることでシャンプーがしやすくなり、より綺麗にすることができます。 毛玉は濡れてしまうと固まってしまうため、格段と取りづらくなる特徴があり、注意するようにしましょう。 ブラッシングのひと手間加えるだけでもシャンプーの苦労が軽減するため、必ず事前に行うようにしましょう。 普段からブラッシングをするようにすることで短時間で毛玉や毛の絡みをとることができます。

猫の体の濡らし方

猫の体を濡らす場合はポイントがあり、いかにストレスを与えないようにするかが重要になります。 水温は36℃程度がおすすめであり、猫を驚かせてしまうことを防ぎます。 シャワーで直接濡らす場合はシャワーヘッドを直接猫の肌に当てるようにすることがポイントです。 肌に密着させることでシャワーの水圧を感じにくくすることができ、ストレスを与えにくいメリットがあります。 シャワーヘッドを離してしまうと水が跳ねるだけではなく、猫が暴れやすくなります。

猫の体の洗い方

猫の体の洗い方にもポイントがあり、無造作に洗ってしまうと綺麗に汚れが落ちていない可能性があります。 まずはシャンプーをお湯で泡立てることから始めます。 猫の肌は敏感であるため、シャンプー液を直接肌や毛につけて泡立ててしまうと毛や肌を痛めてしまう原因になります。 洗う順番は顔周りから始まり、お尻に向かって洗っていきましょう。 顔から洗う理由はノミを顔に近づけさせないためです。 特に、お尻や足回りが最も汚れているため、念入りに洗うことをおすすめします。

猫の体の流し方

猫の体の流し方は目や口に泡が入らないように細心の注意を払うことがポイントです。 人でも同じことが言えますが、泡が目や口に入るとしみたり、苦みを感じてしまうため、お風呂に対する敬遠感が強まってしまいます。 しかし、念入りに泡を流すことも大切であるため、大雑把に洗うことはしないようにしましょう。 猫は体を舐める習慣があり、泡の洗い流しがあればシャンプーの成分を体内に入れてしまいため、体調を崩してしまう原因にもなります。

猫の体の乾かし方

シャンプーが終了すれば乾かす必要があります。 いきなりドライヤーで乾かすことは効率が悪く、猫にストレスを与えてしまうため、まずはタオルでしっかり水気をとるようにしましょう。 タオルで水気をとることができたら、ドライヤーを使用してしっかり毛を乾かします。 早く乾かすためにドライヤーを近づけすぎてしまうとやけどの恐れがあるため、注意が必要です。 また、目にドライヤーの風が当たることも避ける必要があり、手で目を覆うようにしましょう。

猫をお風呂に入れる際の注意点

猫をお風呂に入れるのであれば注意しなければならないポイントも把握しておきましょう。 上記で紹介したお風呂に入れるコツを実践しつつ、注意点にも気を付けることでより安全かつ効率よくお風呂に入れることが可能になります。 次に、猫をお風呂に入れるときの注意点を紹介します。 猫をお風呂に入れる際にはどのようなことに注意しなければならないのかや初めてお風呂に入れようと考えている人は参考にしてください。 注意点を知ることで猫にストレスを与えることを未然に防ぐ効果も期待できます。

子猫はいつからお風呂に入れる?

成猫であればお風呂に入れても問題ありませんが、子猫の場合は体温調整することができないため、お風呂には入れないようにしましょう。 体温調整ができないにも関わらず、お風呂に入れてしまうと体温を上がりすぎてしまっても下げることができないため、体調を崩してしまう原因になります。 一般的に生後3か月程度経過しているのであれば体温調整もできるようになるため、お風呂に入れても問題ありません。 しかし、子猫の場合はお風呂嫌いが根付きやすいため、いかにストレスを与えないかが重要になります。

お風呂に入れる頻度

猫をお風呂に入れる頻度は年に数回程度で問題ありません。 また、猫をお風呂に入れることが絶対に必要というわけではないため、まったくお風呂に入れなくても問題ありません。 お風呂に入れないと体臭が酷くなるイメージがありますが、猫はグルーミングという行動を行うため、自身で汚れを落とします。 猫を頻繁にお風呂に入れることは毛にダメージを与えてしまったり、皮膚の状態を悪化させてしまう原因になります。 そのため、人のように毎日お風呂に入れることは控えましょう。

お風呂を嫌がる時は?

猫の多くがお風呂を嫌がってしまう傾向があります。 嫌がっているにも関わらずお風呂に入れようとしてしまうことは非常に危険であるため、やめましょう。 無理やりお風呂に入れることは猫にストレスを与えてしまう原因になり、お風呂に対して恐怖心を根付かせてしまう原因にもなります。 特に、子猫の場合は体調を崩してしまうリスクもあり、注意が必要です。 どうしても汚れを落としたいと考えているのであれば硬く絞ったタオルで拭き取るようにしましょう。

まとめ

猫をお風呂に入れる必要は基本的にありませんが、正しい知識を身につけておくことで無事にお風呂に入れることができるようになります。 猫に最適な温度に設定するとともに、正しい洗い方でシャンプーすることで綺麗にすることができます。 しかし、注意しなければならないポイントも多くあり、特に、嫌がる猫を無理やりお風呂に入れることはご法度です。 従来の猫はお風呂で体を綺麗にする習慣はなく、グルーミングで綺麗にするため、元々お風呂に入れる必要性は低いです。

ティーカッププードルとは?

くるくるふわふわの巻き毛で、まるでぬいぐるみのような姿のトイプードルですが、体の大きさによって名称が変わることをご存じでしたか?
一般的なトイプードル:体高24~28㎝、体重3㎏前後 タイニープードル:体高20~27㎝、体重2~3㎏ ティーカッププードル:体高23㎝以下、体重2㎏以下
このような基準で名称が決まっています。 トイプードルより一回り小さいものをタイニープードル、もう一回り小さいものをティーカッププードルと呼ぶんですね。

ティーカッププードルの性格

ティーカッププードルに限らず、どのサイズでもプードルの性格は基本的に変わらないと言われています。 お利口さんで理解力に優れており、周囲を明るくする陽気な性格の持ち主のため、とても愛くるしい性格だと言えるでしょう。 ただし、その賢さ故にいたずらしてしまったり、興奮しやすい一面もあります。 お利口さんで理解力に優れている一方、その性格が悪い方面にも発揮されてしまうんですね。 チャーミングな一面と飼い主泣かせの一面をもつユニークな性格です。

ティーカッププードルの寿命

ティーカッププードルの寿命は、小型犬の平均と同じで12年~15年と言われています。 しかし、体があまりに小さすぎるために健康面で問題がある場合が多く、寿命まで生きられないことが多いです。 病気にかかることもあるので、病院で定期検診を受けるようにするなど、ずっと健康でいてもらうためにケアが必要です。 日頃から体調面に変化がないか、注意して観察するようにしましょう。

ティーカッププードルの値段

ティーカッププードルの値段の相場は、およそ30万円~40万円くらいです。 日本では子犬の頃の大きさが小さければ小さいほど良いとする風潮があり、個体によっては100万円以上の価格がつけられることもあるようです。 また、ティーカッププードルは毛色によって性格が変わると言われていて、それも値段に反映されるようです。 特に人気なのは黒とレッドです。 他の色の性格が気になる方は、ぜひ調べてみてください!
黒:動じない性格で、ティーカッププードルの中でもとくに利口 レッド:陽気でやんちゃな性格のため、構いたがりの飼い主さんに人気

ティーカッププードルの飼い方

小さくて体の弱いティーカッププードルは、どう飼うのが正解なのでしょうか? せっかく大金を貯めて購入した愛犬が、早くに亡くなってしまったら後悔しかありませんよね。 正しい飼い方を知っておけばよかった…と思う前に、今ここでしっかり覚えましょう! 覚えやすいように、ティーカッププードルを飼う際に気をつけてほしいことを5点にまとめました。 さっそくご紹介します。

散歩は20分ほど

運動がとても好きで活発な性格なので、1日の散歩は1~2回ほどで1回あたり20分くらいが好ましいです。 他の犬と比べて体が小さいので、20分の散歩と言ってもそこまでの距離を歩かなくて大丈夫です。 散歩中に他の犬や人に会うことができるように、散歩のタイミングは朝と晩にして、車通りの少ない公園があるようなコースを選ぶことをおすすめします。 こうして早いうちに社会性を身につけさせましょう!

ケージで飼う

ティーカッププードルの飼い方は、基本的に室内でのケージ飼いが向いています。 ケージの中でトイレをするようにトイレトレーニングをしたら、室内でトイレをしてしまうことが防げますし、失敗するたびにカーペットやラグを洗ったりする手間もないからです。 また、犬は本来、暗くて狭い場所で体を休める生き物です。 お迎えしてすぐは、すべてのものを警戒してしまうので、ケージの中だけは自分の縄張り=安心できる場所だと早いうちに認識させることが重要です。

日光浴がおすすめ

ティーカッププードルはとても小さいので、日光浴などで骨格の成長を促進させることが大切です。 「うちの部屋は日当たりが良いから、外に出さなくても大丈夫」と考える飼い主さんもいらっしゃいますが、基本的に窓ガラス一枚あるだけで骨格の成長に必要なだけの紫外線はカットされてしまいます。 頑丈な体を作るためにも、せめて窓を開けて網戸の状態にしておく時間を作ったり、なるべく日が出ているうちに散歩をすることをおすすめします。

こまめにブラッシング

あの可愛らしいくるくるふわふわの巻き毛は、見た目通り毛玉になりやすい毛質なので、こまめにブラッシングしてあげることが必要です。 生け花で使う剣山がたくさんついたような形状のスリッカーブラシと、人間も使うような物差し状のコームブラシの2種類を使用することで、毛並みが綺麗に整えられます。 スリッカーブラシは皮膚にあたると犬が痛がってしまうので、毛のもつれがとれるように毛に沿って優しく撫でるように使いましょう。 そのあとに毛の流れを整えるよう、コームブラシを使えば完璧です!

転倒に注意

遊ぶのが大好きなティーカッププードルは、遊んでいる間に段差やフローリングで転倒してしまい、骨折や脱臼をしてしまうリスクがあります。 人間からすると全く気にならない段差も、あの小さな体では大きな障害になってしまいます。 また、飼い主が振り向いた際に犬を蹴飛ばしてしまったり、一緒に昼寝をして押し潰してけがをさせたという事例もあります。 安全に飼うためにも、段差やフローリングの安全対策と、人間の不注意によるケガに気をつけましょう。

ティーカッププードルのしつけ方法

ティーカッププードルは、とてもお利口な性格です。 きちんとしつければ、素敵な信頼関係を築けること間違いなしの犬種です。 ただ、お利口な性格故にいたずらをしてしまったり、賢いからこそしつけ方を間違うと大変なことになってしまいます。 そんなティーカッププードルのしつけには、性格を上手く利用するのが良いとされているので、その方法をご紹介します!

遊び好きな性格を活用

人の言葉をよく聴いて行動することができるティーカッププードルには、遊びが大好きな性格を活用してしつけを行うことも可能です。 遊びがそれほど好きではなくて、すぐに飽きてしまう犬だとおやつでのしつけがメインになってしまいますが、ティーカッププードルなら遊びながらしつけできるので、初めて犬を飼う方や、お子さんがいる家庭でもきちんとしつけることができます。

高い場所は登らせない

転倒しただけで骨折や脱臼してしまうことがあるティーカッププードルは、高い場所には登らせないように気をつけましょう。 「高い場所にいいものがある」と認識させなければ、あの体で高い場所に登ることはないかと思います。 それでも万が一に備えて、床にマットを敷くなど安全な対策を行いましょう。 それから、ジャンプなど体に負担がかかる芸は安全対策をした場所で覚えさせるよう注意してくださいね。

甘やかさないようにする

可愛いからと甘やかし過ぎてしまうと、反抗的でワガママな性格になる恐れがあります。 お利口な犬ほど甘やかされることに敏感で、前にやって怒らなかったことを急に「ダメ!」と叱ると吠えて抗議してきたりもします。 そういうことが重なると、無駄吠えや警戒吠えが増えてしまうので、飼い始めた時や子犬の頃からしっかりとしつけを行いましょう。 何事もルールを決めて、早いうちに覚えさせることが重要です。

外へ連れ出す

健康的な骨格形成をできるように、子犬の時から太陽にあたることが推奨されています。 「室内に日当たりのいい場所があるから」と室内ですませるのはやめましょう。 窓ガラスは骨格形成に重要な紫外線を遮ってしまうので、実際に外に出ないと効果を得られません。 体が小さくて移動に時間がかかるため、なるべく犬のペースを大切にしながら他の犬や人に出会うことができるコースを選んでください。 おすすめは朝・晩2回の散歩で、車通りの少ない公園の周りを散歩するとよいでしょう。

まとめ

1.ティーカッププードルは体高23㎝以下・体重2㎏以下のトイプードルの名称 2.お利口さんで理解力に優れており、周囲を明るくする陽気な性格 3.平均寿命は12~15年とされているが、これより短めで、体が弱く転倒しただけで脱臼や骨折をすることも 4.丈夫な骨格を形成するために日光浴と適度な散歩が重要
体が小さくて可愛いティーカッププードルと長く一緒にいるために、いろいろと気をつけなければいけないことが分かっていただけたと思います。 ここで紹介したことに注意して、素敵な愛犬ライフを送りましょう!